『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)25話】

怒りを堪えるジホン。ファクオの死にテウォンが関わっている事に
オクニョは、いくら大監の権力で主薄になったとしても父親に対し
恨みが強いからとテウォンの事を話すがジホンはオクニョに
間違って理解していると言い、今回のは大監の指示で動いたと
ファオクの死はジホンの復讐心を更に強くさせた。

 

<スポンサードリンク>


 

オクニョは傍に座ってることしか出来なかった。

ソンプンはオクニョと先に海州監営に戻るがソンプンだけ
漢陽へと昭格署の堤調令監を豊漁祭りに案内するため足を運ぶ事に。
オクニョは漢陽へ行くソンプンに頼み事をした。
それは自分が生きているとチョンゥクに知らせてもらうためだった。

その頃テウォンは、ファオクの時と同様。
ナンジョン率いる商団にも禁止物品がないか捜査に入る。
大監が知る知らない関係なく儀礼的な業務にすぎないと堂々と
立ち振る舞う。
ナンジョンも慌ててその場へ行きテウォンと二人で話す事に。
ケンカを売ってるのかと言うナンジョンにテウォンは落ち着いて
ナンジョンの利益になると話す。
自分に向けた弓をしまえば対立する事はないと。

オクニョが海州に来て初めて嬉しい事が。
外に出てみると、そこには懐かしい顔が。
オクニョにとって元気の源にもなっただろう。

ジホンは思ったより早く戻りオクニョが出迎える。
早く復讐をしたいというジホンの顔は顔すら変えた。

翌日、豊漁祭が開催される中、オクニョはこの機会を期にジホン、
チョンドゥクらに力を借りる。
それは祭前に周昜の暗唱する者を利用し、作戦は行われた。
作戦通りに事を進め無事に終わらせたオクニョ。
帰る前にオクニョに会わせてと言う昭格署の堤調令監。
すぐ会い、オクニョに問題を出しオクニョは正確に答えてみせた。

そして外で待っていたオクニョに漢陽に行けと言われ、つまり
堤調令監と漢陽に戻り昭格署の徒流にすると言われた。そして
オクニョの官婢の身分から庶人にすると。

 

<スポンサードリンク>


 

『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)26話】

テウォンにとって王妃は叔母になるため会えない理由などないと
大監はテウォンを宮殿へと連れて行く。
王妃に優しく迎えられ一息したのもつかの間、外へ出て帰り際に
宮殿へ王が訪問。
深々と頭を下げたあと大監はテウォンを息子だと紹介するが
王とテウォンは今回が初めてではなかった。
自分が振る舞った態度を改め、挨拶をしたテウォンだった。

王妃が奉恩寺の増改築をすると耳にした王は、阻止しようと
宮殿に訪れたが母と子の意見はぶつかるばかりだ。

テウォンは王妃に頼まれた事を思い返す。
増築するための費用を準備する役を任されたのだ。大監もまた
テウォンに寺の増築の件は成功すればテウォンにとって
チャンスになると期待を膨らませる。

漢陽へと戻れるようになったオクニョ。
ジホンに挨拶をする。
そしてジホンはオクニョと何やら計画を立てているようで
その計画を実行するまでは目立たず過ごすよう言う。
ジホンと分かれたのちオクニョは海州に居るウチらに会い大金を渡す。
詳細は後から話すと一先ず漢陽に戻って商団を開く家を構えるよう
頼むオクニョ。ナンジョンやテウォンの商団に気づかれないよう
行動するよう言う。

ジホンはというと辞職をする。
ソンプンに話をし、一緒に働こうと誘うジホンだった。

漢陽へと到着したオクニョ。
酒屋の女将やジハムと会い喜び合う。
そしてこれからの話しをジハムとするオクニョ。幼き頃の夢は
捕盗庁の茶母。母親が亡くなり死の真相を知りたいために
茶母になる夢を持ち體探人にもなったと話す。
テスの死をきっかけに自分の目標の増えそれは大監に復讐す事。
自分の今までの行動は何の力にもならず甘く見ていたと。しかし
これからは、同等な位置で戦う

 

<スポンサードリンク>



 

テウォンは王が科拳試験を直々に用意した事をきっかけに
2つの商団を自分の元に足を運ばせる。
そして試験で必要となる試紙の取引をするよう提案したテウォン。

夜になりチョンドゥンはテウォンのいるソソルへ。
オクニョが生きて漢陽に戻ったことを教え慌てて会いに行こうと
立ち上がるが、漢陽にはいるが今オクニョは道流になり
宮に居るため会えないとチョンドゥン。
オクニョもまた、部屋でテウォンが主薄になった理由を聞いた事を
思いだす。
自分がいない間にテウォンが変わり少し寂しそうな顔をするオクニョ。

次の日オクニョに客人。外へ出ると心配を沢山したテウォンの姿。
生きていた事に喜びながらも昔のように変わらず話すテウォンに対し
オクニョは笑顔の一つも見せず、現在のテウォンに立場にショックを
隠しきれずにいた。そして悲しくもテウォンの腕を振り払う…

テウォンの元にも客人。
漢陽に戻ったジホンはテウォンの顔を見るなり殴る。
そして殺す気などもなかったテウォンに更なる言葉で攻めるジホン。
『出世を目が暗みナンジョンの犬になったか』テウォンが
以前ジホンに放った言葉。今回は同じように
そっくりそのままテウォンに返した。
大監は自分の父だと強く言うテウォン。

王もジェソからオクニョの生還を聞き嬉しくてたまらず
また身分を隠し夜に会い楽しく会話を弾ませる。
そしてオクニョはイ・ファンとやっと名前を聞けたのだった。

朝、堤調令監の元にナンジョンから便りが届きオクニョと共に
ナンジョンの元に参る。
目をまるくし驚くナンジョンとマッケ。
それもそのはず‥自分が海州へ送り官婢にならせた張本人で
今や自分の目の前にいるのだから‥

【感想】

オクニョの生還は誰もが喜び、受け入れ
どれだけ愛されているのかが分かります。
テウォンとオクニョ…切ないですね、これからはきっと対立に
なるんだろうなと思うと切ない気持ちになりました。

 

『オクニョ 運命の女』あらすじ(ネタバレ)&感想 1~51話(最終回)

 

オクニョ 運命の女 OST

 

韓国ドラマ『オクニョ 運命の女』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~51話(最終回)