『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)27話】

ナンジョンの前に現れたオクニョ。
そして令監より紹介され署でも四柱を見るのは一番優秀とされ
連れてきたというがそれはナンジョンの嘘。
令監が足を運ぶように使っただけだと言い本題に入る。

<スポンサードリンク>


 

そして昭格署に戻り重たい溜息をつく令監。理由は
王妃とナンジョンが民心を動かすために昭格署まで利用しようとし
その命令に逆らうと自分の命が危ないため戻って早々悩む令監。

オクニョに誤解をされ弁解もできないまま日が過ぎ
自分は変わったかとソジョンに問うテウォン。
ソジョンは変わったと答えるが更に変わるべきと。
力を得ることをしたならばもっと冷たくするべき、人情に揺られ
事情を聞いていたら正しい判断ができなくなるため
闘うと決めたなら二度とやって来ないよう踏みつぶせと教わったと
話しもっと残酷になるようテウォンに話した。

そして日は変わり
遂にジホンとオクニョが用意した商団の準備が整った。
中にはジホンとオクニョを信用する仲間が集まっており
感謝するジホンだった。そして本格的に始める前に話をするジホン。
ジホンたちが始める商団は絶対秘密で行うため正体も運営で行う事も
全てに秘密という文字が付いた。
そしてオクニョよりこれから行う件について話される。
「楮」という木を買占めナンジョンら2つの商団よりも早く入手し
最大に値上げるともことと。

その頃ナンジョンは王妃に贈り物をしていた。
開けた王妃はある簪に目をまるくし手に取る。その簪は典獄署の
ユ主薄がナンジョンに差し上げた物でそれが偶然にも王妃の手に
渡りユ主薄は内禁衛に捕まってしまったのだ。

オクニョは令監の話を聞いた後宮を出てファンに便りを出した。
その帰りに、ソンホと久々の再会をし、イ・ジョンミョン大監宅に
連れて行かれ、オクニョの母について一番詳しい方に会った。
そして以前にも出た名「カビ」という名が再び出され少しずつ
オクニョの母の件が分かってくる。話が終わったオクニョにソンホは
今までの借りを返したいと、オクニョが困ったら助けると約束した。

しかしオクニョの背後にはまたナンジョンの影が潜む。
ナンジョンの命令でオクニョの行動全てに尾行される事になった。

オクニョは帰りに酒屋でチョンドゥンに会い頼み事。
チョンドゥン、マノクにはドンチャンの下に付くよう、マンオクには
ソソルに入り妓生になるよう指示した。
ウチらはさっそく全ての紙の原料となる物から次々に買い占め
テウォンの提案で動いていた2つの商団が焦りを見せるが
テウォンはそれに動じず強気な心を持つ。

 

<スポンサードリンク>


 

その夜、ファンと会ったオクニョ。
王とまだ知らないオクニョだが、ファンに話せば王の耳に入ると思い
今、王妃とナンジョンが行おうとしている現状を話し、オクニョが
務める署の令監の件もファンに話した。
帰りに尾行されていたオクニョ。ジェソが突き止め王の耳に入り
ナンジョンの指示だと把握した。

翌朝、王の元に試験の許可を取りに来た大監たち。しかし王は
断固拒否し、その後王妃にも会うが頑なに拒否を言い渡した。

王の拒否により試験は開かれずに終わりジホンとオクニョの
スタートは成功にと導かれた

 

『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)28話】

科拳を行う理由は寺を増築することで儒者たちの反発を抑える為に
開かれるという理由。
王はオクニョから聞きすぐさま科拳を取りやめ、オクニョや
ジホンが運営する商団で行った作戦は成功した。

ナンジョンの商団、ジェミョンの商団が科拳の為に買い占めた紙は
一切売れないまま試験が行われないとなり困り果てる中
ジホンらh次の作戦に取り掛かろうと先を進む。
次の案は漢陽の小規模な商団達を一つに結合するという話。
朝鮮である程度地位のある商団を集めなければ自分たちの思い通りに
ならないとジホン。
サムゲ波止ホン・マンジョン商団と七牌市場ムン・イクジュン
2人の名があげられ商団の全てを調べるよう伝える。

ジホンばかり思うシネは、ジホン宅へと足を運ぶが
ジホンにはシネの思いが伝わらず冷たくあしらわれる。

 

<スポンサードリンク>



 

王妃の元へ大監とナンジョンが向かう。
王妃は王の事で頭を抱えている様子。イ・ジョンミョンが原因だと
3人は思い、このままでは全ての権勢が王にわたると言う王妃で
早めの対処をと考える3人だった。
ナンジョンと王妃は計画を実行するため何やら始めようと王妃が
始めの事を放つ。

一方王の元には兄の徳興君。
手助けすると返事をくれた徳興君に王は喜ぶ。

テウォンは今回の試験が無くなった件で酷く落ち込む。
そこへソジョン。
ソジョンはまたテウォンに厳しい言葉を言う。
資金を作るためには自分の位置がかなり稼げると裏金の話をした。
ナンジョンよりも早く資金を渡すよう話すソジョン。

オクニョはテウォンとの思い出を振り返る。
交わした言葉、やさしさ、ぬくもり…全てオクニョの中に
残っており一人ポツンと考える。

次の日テウォンは大行首らを集め会合を開き、各商団に
これからの税率が発表され大行首から批判を受ける。
そんな中ジェミョンが口を出すが、テウォンは商団が生きるか
死ぬかは各自が解決と冷たく言葉したのだった。

テウォンが変わってしまってショックを受けるのは
オクニョだけではなくジェミョンも大きなショックを受けていた。
テウォンに会い今のテウォンは大監やナンジョンと変わらないと。
そして後悔をせぬよう心から心配するジェミョンだった。

テウォンは王妃に資金を用意し渡した。

夜…
密かにナンジョンの商団は各自、都に散らばり何やら作業を始める。
翌朝になると都で病が流行り始め馬や牛が吐血し死亡する現象が
あると宮では大騒ぎ。
しかしオクニョとファンは、これがナンジョンの仕業と睨む。

【感想】

本格的にまた各それぞれ動き出しどうなっていくのかが
気になるところです。
そして、オクニョと王の関係は深まりつつある中
テウォンのことも気になりますね。
王妃は今回の計画にかんでいますが、まぁ悪そうな笑みを
見ました。
それを阻止しようとする王の気持ちも惨い…

 

『オクニョ 運命の女』あらすじ(ネタバレ)&感想 1~51話(最終回)

 

 オクニョ 運命の女 OST

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『オクニョ 運命の女』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~51話(最終回)