『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)31話】

やっとファン(王)に会えたオクニョ。
オクニョがファンに話たかった事は、もちろんテウォンに先に
聞いていたため知っていたが、オクニョにバレないよう隠し通す。
そして、オクニョはやっと分かった母の事を話す。

<スポンサードリンク>


 

そしてファンは身内でもある大監夫婦の権勢や色々な力があるため
決して間違ったことはしないようオクニョに忠告した。
オクニョと久々に会い、朝の怒りが自然と笑顔に変わる王だった。

帰りにチョンドゥクの元に戻るオクニョ。
オクニョはまた新たな事をチョンドゥクから聞く事になる。
母の遺品は二重指輪だけでなく、簪もあったと。
その簪はとても豪華で宝石や真珠が付いていたと詳しく話し
オクニョを悲しませる物だと思い大きくなれば渡そうと保管していた
チョンドゥクだが、オクニョが官婢にされ自分も仕事を休んでいる間に
ユ参奉の手に渡り自分の立場を上げようと、ナンジョンに
贈り物として渡したと告白。そして簪一つで大事になったことに
謎めくオクニョとチョンドゥクだった。

オクニョと別れた後、平市署に寄った王。
今回の件はテウォンのおかげという王。そして自分に聞きたい事が
あるだろうとテウォンに問いオクニョの話を出す。
どういう関係かと聞かれ、典獄署で出会い、オクニョは茶母で
自分はチンピラだと。そしてテウォンも王に質問し、オクニョとの
繋がりを話す王。国民の事情をオクニョから聞き対処に
繋げたいため身分を隠し会っているため口封じされたテウォン

ナンジョン、ドンジュ、ドンチャンは日が変わってからも
取り調べを行っていた。
ナンジョン以外は拷問を受け、口を閉ざしたまま。

テウォンは自分の商団へ行き大行首に会うが怒りが収まらないため
席を外そうとするがテウォンはそのままナンジョンが捕まって
ナンジョンの商団は荒屋になってると話し機嫌が直る大行首だった。

オクニョはクムオク尚宮に会いに。
チョンドゥクに聞いた簪について特徴から全て話した。
そしてその話を聞き待ってと部屋を出て戻りオクニョに簪を見せた。
しかしオクニョは実物を見た事がなく一旦預かり確認をす事に。
チョンドゥクに預かった簪を見せ全く同じ物だと分かった。
オクニョはまたクムオク尚宮の元に戻り全く同じだったと伝えるが
クムオク尚宮は驚きを見せ、簪にどんな理由があるのかは先延ばしに。

 

<スポンサードリンク>


チョンドゥンとマスクはドンチャンの手下に追われており最大の
逃げ場が典獄署だと思いつきヤン副長に頼み込む。
差し入れを食べながら喜んでいるのもつかの間…
典獄署にナンジョン、ドンジュ、ドンチャンの3人が囚人として
連れてこられ、まさかのドンチャンと同牢屋に‥

宮殿にイ・ジョンミョン大監とソンホが招かれ
ナンジョンの処罰について話されるがジョンミョン大監とソンホは
ナンジョンが捕えられている今が自分たちに有利な機会がきたと、
そしてナンジョンを罰することよりもこの機会にこちら側の勢力を
確保し政治的に均等になることだと説得される王。

ナンジョンを解放するかわりに史曹正朗の位置と取引を要求した王。
王妃は王が欲しがる位置よりもナンジョンの知恵と財力が必要だと
ナンジョン解放の提案に従う。
王妃が最終判断しナンジョンは無事解放された。

夜になりオクニョと待ち合わせをするが先にテウォンが待っており
ナンジョン解放について問う。
しかし王は、王妃と大監、そして自分の間に複雑な政治関係があると
話す。だからナンジョンを話して大きいなものを得たから
理解してくれと話した王。罰しないのではなく保留にしたと言い
酒を注ぐ。
そこへオクニョがやって来てテウォンと話している事に驚くオクニョ。

 

『オクニョ 運命の女』

【あらすじ(ネタバレ)32話】

テウォンと会っていたことを不思議に思うオクニョに
上手くごまかしを聞かせたファン(王)。
そしてテウォン同様にナンジョンの件を話したファン。
自分は王に対して何かを言う立場ではないと言うオクニョ。しかし
オクニョは自分の胸の内をファンに答えた。
国民なら重く罰せられるのにナンジョンは簡単に牢屋から出れると
悲しそうな顔を見せるオクニョ。そんな顔を見たファンは王の
悪口を沢山言い場を和ます。
オクニョとファンが出てきた姿を見るテウォンはどこか寂し気。

<スポンサードリンク>


オクニョはファンの家がどこかと聞き咄嗟に此処という場所が
オクニョが寄る場所だった。
そして中にはソンホ、オクニョと入ってきたファンを見て
驚くソンホに慌てて深々とお辞儀をするがファンは話をそらし
ソンホらに合わせてもらう王、ファンだった。

翌朝、王はクムオク尚宮を呼び、先大王の東宮殿尚宮使いが
皆殺された件について聞く。
クムオク尚宮は、王が知っている事に驚くが直ぐに分からないと
答えたのだ。

ジホンはイ・ジョンミョン大監の提案で史曹正朗になると仲間に
打ち明ける。
イ・ジョンミョン大監の考えはジホンが使曹正朗になり人事権を
まともに指揮しさえすれば、王妃やウォンニョン大監を慕う手下を
やめさせ味方も増やす事ができ少しずつでも自分たちの勢力を上げ
王妃の勢力をやつけることも出来るため。
そして商団を手伝う仲間に打ち明けたのだった。

王は王妃に東宮殿尚宮が皆殺されたことを問う。
王妃は宮のことで自分が知らない事はないと話すが
王は全て把握しているため何度か探るように問いただしていくが
王妃は一向に知らないと言うのだった。

そして王妃の元に来た大監とナンジョンに王が東宮殿尚宮の件を
知ってしまったと話す王妃。
2人までもが驚く。3人はこの件を白紙にしようと手を組んでいた為
王が知れた以上どうすればいいのかと頭を抱える。
王が東宮殿尚宮が殺されたまで知り、何故殺されたかの理由を
知らないため、王の傍で情報を漏らしてる者が誰なのかを
見つけ出さなければ自分たちが危ないと言う3人だった。

 

大監は王の付き人に確認をしテウォンが王に会いナンジョンの件を
話したと明かす。
王妃はチュンスを呼び、王を尾行する者をつけるよう命令する。

大監はソソルへと行きテウォンが来るのをイライラしながら待つ。
暫くしてテウォンが来るなり怒りが爆発。
妻のナンジョンを牢屋に入れ、姉である王妃を騙した事に
かなりの腹を立てる大監だが、自分がしたと冷静なテウォン。
怒りが収まらず信用していないような言葉を大監が言いテウォンは
逆ギレをする。大監の言う通りにし、大監と王妃の立場もかばった
テウォンだが大監は何をしたんですかと訴える。
すると信用できず、すまなかったと話し今の状況をテウォンにも
把握させたのだった。

東宮殿尚宮の件を王が知ってしまったとソンホたちに相談する
クムオク尚宮。
ソンホはこれ以上隠しきれないと話す時が来たと。
そして王が嘘を聞いて混乱せぬよう自分たちの口から先に話すと。

宮に戻ったクムオク尚宮。
王に話す機会を設けてもらい東宮殿尚宮が殺された件を話した。
殺された理由は、先大王の毒殺を知ってしまったからだと言う。
そしてその中心で動いていたのは王の母、王妃だと知らされる。
それも息子を王にするために行われた事だと話した事を
申し訳なく思いながら打ち明けたクムオク尚宮。

王はオクニョに会うから便りを出すようジェソに言い夕方に
宮の外へと出る。その姿を見たテウォンは大監が言っていたことを
思い出し慌ててオクニョの元へ行くがオクニョも既に外へ出ていた。
オクニョを待つ王の離れには、チュンスの姿が。

先にオクニョと捕まえるテウォン。
テウォンは王の元へ行くとオクニョが殺されてしまうと思い
必死に止めるのだった。

【感想】

オクニョの母の死が明らかに近づいて事が重大に
なってきてるのもありハラハラします。
そして同時に王にも知れてしまった今までの秘密。
自分の母が自分のために毒殺をはかったと信じたくない事実を
これからどう受け入れるのだろうか。

 

オクニョ 運命の女 OST

 

『オクニョ 運命の女』あらすじ(ネタバレ)&感想 1~51話(最終回)

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『オクニョ 運命の女』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~51話(最終回)