太陽の末裔  第11話  あらすじ

自分が感染していると分かった
ミョンジュ。
少し怖いと言いながら、ミョンジュは
シジンにテヨンを手術室から
出すよう言うがテヨンは傍にいると。

 

<スポンサードリンク>


 

ミョンジュは
「私は感染者でソ上士は接触者なので
隔離しなければなりません。
医者としての診断で軍人としての
命令です。出て下さい。」と・・・

ミョンジュはどうなるのか…
エボラと同じ様な病気にかかった。
死亡率が50%を超えると聞いたテヨンは
本当かとモヨンに採血をされながら
ミョンジュのことを聞く。
そうですと答えるモヨンにテヨンは
死ぬか助かるかを質問。
「医学に100%はありません。
でもユン中尉の若さだと免疫力があるため
死亡率は大幅に下がります。」とモヨン。

外へ出てシジンと話すモヨン。
シジンもまた後輩であるミョンジュを
心配し、いい方法がないかを聞く。
可能な全ての方法を動員して戦うと
またウイルスとの戦いは医者達の
戦争だと答えたモヨン。

ミョンジュの感染はすぐさま
キャンプ内へと知らされた。

医療班たちの会議では
メディキューブをM3感染者治療のための
拠点医療施設に指定され
集中治療病棟は感染患者治療のための
隔離病棟として運営すると話すモヨン。
シジンもまた兵士たちに
隔離と衛生を徹底し追加感染を防ぐよう
怖がらず我々ができる事に
最善を尽くす事ですと話す。

ソン先生は感染症の風邪をひいて
隔離された状態に。

テヨンは倉庫へと入れられたまま。
そこへシジンが。
こんな時にすみませんと謝るテヨンに
謝るなら無事でいろと言う。
ドアの隙間から無線を渡しミョンジュと
通信面会をもうけるシジン。

ミョンジュから通信が入り
テヨンは具合などの質問をするが
返ってくる言葉は「会いたいです」と。
テヨンもミョンジュに質問され
「会いたいです」と答える。

母国でもM3ウイルス感染のニュース。
TVを見るなり携帯をとる医者たち。

 

<スポンサードリンク>


 

ジスの携帯にソン先生から
メッセージが届く。
昔のジャーナルの中にネットにはない
資料があると報告。
さっそく調べて写真を送るジス。

ソン先生のビニールカーテンには
付箋だらけになっていた。
そこへ食事を下げに来たギボムとミンジェ。
付箋だらけのビニールカーテンを見て
不思議がるが俺たち医者は戦争中だと答え
資料から目を離さないソン先生。
勝利を願うと敬礼するギボムだった。

次にギボムたちはミョンジュの所へ。
隣に隔離されているチン社長を見て
ミンジェは助かるかと聞く。
ミョンジュは2~3日が峠だと答える。
ギボムがダイヤの話をし、ミンジェは
どれ位の値段かとミョンジュに聞き
20億ウォンのために命をかけたと
驚きを隠せない。

外で少し足もみをして休むモヨンを
シジンは見つめながら話をかける。
いつも冗談を言われ元気つけられるため
冗談をしてみせたモヨン。

治療に戻ったモヨン。またも停電する。
その時にチン社長につけた呼吸器に
気づき急いでメディキューブへ。

チン社長は痙攣を起こし?き苦しんでいた。
びっくりして腰をぬかすギボムとミンジェ。
隔離病棟に
何も付けず飛び込んで来たチフン。
鎮痛剤をミョンジュに頼み、急いで処置。
モヨンが到着し話をふるが
チン社長に噛まれながらも適切な治療で
チン社長は落ち着きを取り戻す。
立派な医者になったと褒めるモヨン。
またギボムにもかっこよかったと言われる。
睨んでいたミンジェも口を開き
「さっきはちょっと医者みたいだったよ」。
その言葉に笑顔で涙するチフンだった。

チフンはミンジェの言葉に喜び
ようやく妻であるヒウンに電話をし
愛してると気持ちを伝えた。

翌朝、幽霊村から連れてきた子供らを
迎えにダニエル来た。
頼みますと見送るモヨン。
そこへミンジがFAXを手にやって来る。
検査結果、全員陰性と出てテヨンも
急いでミョンジュの元へ。

ドア越しに寝ている姿を見るテヨン。

 

<スポンサードリンク>


 

無線では
「アルファチーム支援要請」と入り
食堂へと向かうシジンとテヨン。

食堂につくなり・・・
ファティマを庇うモヨンの姿。
モヨンの目線に目を向けると、アグス。
歩み寄るシジン。
アグスは立ち上がり嬉しい面々達だと言う。
昔の戦友もいて命の恩人もいて
そして、可愛い赤いバラとファティマに
目をやるアグス。
ウイルスの検査に来たのか聞くモヨン。
アグスは既に検査をしており
心配いらない陰性だと答えた。
シジンは要件だけを言わせる。
するとアグスの口から「韓国人の友人」と
言葉に出る。それはウイルスにかかった
チン社長の事だった。
面会を要求するが面会謝絶とシジンが言い
すんなり面会を諦めるアグス。
そのかわりに質問をとダイヤの話を出す。
シジンはアグスの耳元で
紛失物センターじゃないと答え10秒で
出ていけと言う。
その時アグスがスーツの内ポケットに
手をやるなり周りにいた兵士が銃を
向ける。
アグスのポケットから出てきた物は薬。
プレゼントだとモヨンに言い
席を立つアグス。

米軍の作戦に気づき自分たちの
戦力も把握されたと分かり幕舎終戦の
警備も強化するとシジン。

モヨンはソン先生をジャエにお願いと
ウイルス結果の話もした。

ソン先生の元へ行き心配でたまらなかった
ジャエ。思わず抱きついてしまう。
メモを渡され少し期待をしながら開くが
「セフォタクシム」と書かれた文字。
ライム病治療薬とだけ言い
モヨンの居場所を聞くソン先生に
少し機嫌を損ねるジャエだった。
ソン先生は調べに調べぬいた事を
モヨンに話す。

39.5℃・・・
熱を計り、携帯を手にするミョンジュ。
父に電話をする。ミョンジュが病気だと
知っていた司令官。
治ったら二つお願いをとミョンジュは
父に言う。
1つは自分を許してと。
2つは本当に死ななければ、テヨンの軍服を
脱がさないでと。
注射の時間だと電話を終わらせるミョンジュ。
同時に倒れてしまったのだ。
解熱剤も効かない程の高熱を出し意識を
失ったミョンジュ。
治療薬が届くまでもう暫くのとこで
ダニエルから電話が入る。
ワクチン、ミョンジュの治療薬を運んでいた
移動者が奪われたと。
シジンにも1本の電話。アグスからだ。
薬とダイヤの取引をしようと。
場所が分かったとアルファチームが向かう。

現場に到着したがアグスの姿はなかった。
ダイヤを渡し、移動者は解放。
テヨンは怒りを抑えられず殴りかかる。

ミョンジュは目を覚まし耐える。
薬が到着したみたいだと急いで外へ行くが
目に見るのはファティマが連行される場面。
モヨンは警官を止めるが公務執行と
紙を出される。自白したと車から出てきた
トミーの姿。
自分があげたと言うモヨンだが疑惑が残ると
言われてしまった。

ようやく薬が届き、ミョンジュとチン社長
それぞれ投入される。
テヨンは強くミョンジュの手を握り付き添った。
翌朝には熱が微熱まで下がり、
ソン先生が大丈夫だと頷く。

シジンはミンジにモヨンはと聞く。
昨日の警察の件を聞き本当にウルク警察かと
聞き返すなり車を走らせる。

道中、手錠をつけられ口をテープで
止められ立つファティマの姿。
車からおり駆け寄るがファティマは
足を撃たれてしまう。
ファティマをかかえながら銃を向ける。
だがギャングの1人がモヨンを連れてきた。
地面に銃を置くシジン。
そこへアグスが現れる。
彼女から手を離せと言うシジンだが
状況が分からないのかとアグス。
周りにいるギャングが撃つことが出来ない
人間は自分だけだと余裕のアグス。
望みを聞こうと聞き出すシジン。
アグスは───
「夕方に北ウルクで武器が移る。
その取引が終われば私の祖国は私を殺す
計画をしている。だが私は金が欲しいし
死にたくもない。取引が終わると同時に
この国から私が出れる方法を持ってこい。
昔のように俺を助けろって話だ」と。
シジンは黙って聞いていたが口を開き
「お前は俺が殺す。
俺の全ての名誉にかけて」と言う。

モヨンはアグスと共に去って行く。
車内で泣くモヨンの無線から
シジンの声が・・・
必ず助けるから少しだけ待ってと。
泣きながら頷くモヨン。
ポケットから無線を取り出すアグスは
無線をとり応援してると返し窓から
無線器を投げるのだった。

 

<スポンサードリンク>


 

本陣へ行き、救出すると申し出たシジン。
大隊長は狂ったのかとシジンを怒鳴る。
お前は今派兵軍人だと言う大隊長に
必ず行かねばならないと言う。
話の最中に司令官、外公安部からの電話。
大隊長は外公安部の電話から受ける。
イ・ハンスは拉致かと大隊長に聞くが
口を挟みシジンが拉致だと答える。
CIAの話とは少し違うとイ・ハンス。
頼みがあってと話を進める。
「状況が確実になるまで一級機密として
維持し皆さん待機して下さい」と。
この様な浪費してる時間に待機する時間は
ないとシジンは怒鳴り、緊急事態時の方針に
従い人質救出作戦を開始すると。
イ・ハンスは、こうしろと祖国はシジンに
銃を握らせたのかと。また個人が死ぬか
生きるかが重要ではなく国家的次元の問題
と言う。
シジンは声を低くし
「個人の死に無感覚の国家ならば
問題が起きればどうだ?
あなたの祖国がどこか知らないが
私は私の祖国を守ります。」と言いテントを
出ていくシジン。待機して下さいと
兵士が言うがシジンは聞く耳持たず。
そこへ兵士1人が携帯を手に司令官からだと
渡され対応するシジン。
「3時間だ。3時間の間、私はお前の居場所を
知らない。その3時間の間、お前は
アルファチームでも、
テベク部隊モウル中隊中隊長でも、
大韓民国陸軍大尉でもない。」と猶予を
シジンに与えたのだ。

キャンプへ戻り、テヨンと無線で言葉を
交わす。
1人でモヨンのとこへ行ったシジンだった。

一方モヨン───

身代金を要求する考えはないと
アグスに言う。
笑いながら銃を手にモヨンの
頭を殴るアグス。英語で話せと言う。
銃を頭に突きつけ前に警告したと
話しシジンと別れるよう言うアグス。
モヨンはため息をつき
また韓国語で話をアグスにする。

テヨンは良くない事があったと
気づきはじめる。

車を走らせるシジンはアラブ人に電話をし
残りの名刺1枚使い今回はヘリを
デートのためにと言うのだった。

【感想】
どうなるかと思っていた事が私には
2つあります。
1つはチフン。1つはミョンジュ。
チフンはようやく自分の役目や
決心がついて、あの満遍な笑みが
また見れた事が嬉しかったです。
ミョンジュが感染した事に私も
驚きでしたが、懸命な治療
テヨンの愛情の元、回復に
近づくようになり良かったです!

シジンは1人でモヨンを助けに行くが
シジンにしろテヨンにしろ
好きな相手には命も惜しまないと
羨ましい限りです。

 

[PR]

今なら、auユーザー限定のau公式ビデオパスの

見放題プランの30日間お試しで、

超面白い韓国ドラマがなんと!無料で

スマホで自由にキレイな画面で見ることができます。

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で見放題!

 

相続者、シークレット・ガーデン

君の声が聞こえる、奇皇后など

超面白い見放題な韓国ドラマが

なんと!、101作品もあります。

しかも、月額なんと!たったの562円(税抜)

や、安い!!!

auユーザーさんだけの特別なサービスです。

 

あなたは無料で試すだけで、101作品の

超面白い韓国ドラマが無料で見放題です。

しかも、30日間無料なので

試してみて気に入らなければ、

解約しちゃえばいいのです。

解約もアプリからとても

簡単にできるので安心です。^^

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で101作品が全話見放題!

 

アプリがあり、ダウンロードできるので

外出先でも簡単に見ることができます。