太陽の末裔  第14話  あらすじ

担架に乗るシジン。
必死にシジンを呼びかけるモヨン。

シジンが大怪我をした理由が
映像で流れる。

共に運ばれたアン・ジョンジュンは
味方が信用ならず友人を訪ねて来たと
両手をあげ答え北に送ってと
シジン、テヨンに言う。

 

<スポンサードリンク>


 
そこへ車が入ってき撃たれるジョンジュン。
撃ち合いになるが車側が一方的に強い。
支援要請と腕の無線で叫ぶシジン。
車に乗る男たちの目的はジョンジュン。
連れ去られるジョンジュンを追いかける
シジンの姿までがシーンで流れる。

心停止になったシジン。
チフンが心停止と声に出す。
心臓にショックを与えるモヨンだが
バイタルが戻らない様子。
心臓マッサージに切り替えるモヨン。

再びシーンに戻る。
車が向かってくる前に立ち1発で
車を止めると銃をかまえるシジン。
車との距離をカウントし車にではなく
消火器目掛けて銃を放つ。
白い煙が充満し、その中何発も撃たれ
倒れてしまうシジン。
シジンの目の先には仲間が駆け寄る姿。

シジンを必死に呼びかけ
懸命にマッサージを続けるモヨン。
脈拍が戻ったシジン。
自分の事よりもジョンジュンの事を
心配するシジンにモヨンは叱るが
起き上がりまだジョンジュンのことを
気にかけるシジン。
そこへミンジが来て、ジョンジュンが
大騒ぎどころでないと。

ジャエを捕まえ周りにメスを振り回す。
近寄れば殺すと言うジョンジュンに
大量な出血があるため最初に
死んでしまうのはあなただと伝えるジャエ。
シジンが一旦治療を受けるよう
ジョンジュンに伝える。
南朝鮮の医者が信じれないと言い
手術して成功するのかとジョンジュン。
手術の間より外の方を心配するべきと
またどこの地域だろうと助けられるのは
医者しかいないとシジンは説得を辞めない。
ジョンジュンは意見を変えず
拒み睨みつけるが倒れてしまい手術室へ。
モヨンに手術を頼み腕を掴むシジン。
周りのスタッフにシジンが全身レントゲン
終了後、ベッドに縛り付ける事、折れた箇所は
ギブス、逆らったら殴れと腕を振り払う。

手術室へ移されたジョンジュン。
幸い緊張性気胸や心臓圧迫なし。
心音も正常だと、ソン先生。
手術中に見つけた腕の傷。
何か埋められているとモヨン。

 

<スポンサードリンク>


 

テヨンは大隊長にジョンジュンの詳細を
話す。
ジョンジュンは逃げる側で
捕まった男たちが追う側だと言う。
そして、特殊戦訓練を受けたプロだと。
追う側の身元が判明。
マトボニア大使館所属の武官たち。
ジョンジュンがマトボニアの
偽造パスポートを使用したため
追ったと証言している。
国際法上、韓国側が連行する権利がない
とも話す。
チェ中佐がジョンジュンの手術が
終わったと報告を受ける。

シジンは治療が済み病室で
ジョンジュンの容態をモヨンに聞く。
一旦は成功し、意識はないが
回復室へと移されたとモヨンが教える。
ジョンジュンだけではなく命を取り留めた
患者があと1人居ると目を細めるモヨン。
自分の彼氏が血まみれで運ばれ
地獄を見たようだと言うモヨンに対し
目をおろし謝る事しか出来ないシジン。
説明が聞きたいモヨンだが治療後の
シジンを労り怒りながらも次の機会へと
回すのだった。
ジョンジュンがベッドに乗せられ
シジンの病室へと入って来るのを見て
モヨンは何故か聞く。
テヨンが
「今からこの病室は我々が統制します」
とモヨンに言う。
さらに、医療陣の出入りも制限すると。

廊下でテヨンと話すモヨン。
シジンがモヨンを手術室に送った理由を
テヨンに話し、ジョンジュンの体から
出てきたと、ある物を渡す。
それはSDカード。

理事長が騒ぎを聞きつけ
病室前まで訪れる。
公務執行中のため協力をと言う。
廊下で自分の病院だと騒ぎを立てる
理事長はモヨンに責任を取るよう言う。

ジョンジュンも意識を戻し大隊長も
病室にいる中シジンが
密入国した理由と指示を受けた
任務を聞き出す。
横になって黙り込むジョンジュン。
それでも質問を辞めないシジン。
亡命の意識はあるかと。
一言でさえ声が聞けない事に
大隊長は苛立ちさえ見せる。
暴露すれば優しく受け入れると大隊長。
時間をやるかや上手く計算するよう
ジョンジュンに言い病室を出ていく。

テヨンは大隊長にジョンジュンの
体内に入っていたSDカードを渡す。
休暇だというのが偽装で
非承認のブラック作戦中ならSDカードの
中身が答えだと話すテヨン。
大隊長は外交からの電話を見せつけ
どうすると言いながら受ける。
外交側も北の代表が向かっているため
急いで電話をした様子。
ジョンジュンを引渡ししなければ会談が
無くなってしまうと・・・

ジョンジュンの調べが進む。
殺人事件の容疑者として指名手配中だと
話す部下。

 

<スポンサードリンク>


 

ジョンジュンが殺した人は
テヨンらも知っていると言う。
リ・ソクジン。
ジョンジュンと同じ11軍隊特作部隊員。
それがジョンジュンの任務だったと
シジンに話すテヨン。
SDカードの暗号に1週間はかかると、
しかしジョンジュンを明日の朝までと要請。
シジンは別の方法でモヨンが必要で
SDカードも必要だと言う。
念のために取っていたSDカードを
テヨンがシジンに渡し用意周到とシジン。

さっそくモヨンを病室に寄越し
ジョンジュンの回診を始める。
命を粗末にするなとジョンジュンに言う。
そして矛先がシジンに。
ムキになって大隊長の悪口まで出るモヨン。
慌てて盗聴器があると手に書き話を逸らす
シジンに合わせるモヨン。
カレンダーにジョンジュンには静かな場所で
話をする必要があると頼みモヨンはCTすると
告げ部屋を出る。

モヨンは頼りになるジスに頼み込む。
自分は今国家のために働いてて
国家が自分を否定しても、ジスは自分を
覚えてくれればいいと頼みまくるモヨン。

CTへと移された2人。
シジン側の監視も引き離し用意した場所
だからと気楽に話をとジョンジュンに言う。
時間は10分。
ジョンジュンにとって最後のチャンスと。
殺害した理由を聞くが、まずSDカードを
返せとシジンに言うジョンジュン。
SDカードを返し中身に何が入ってるかを
聞き出すシジン。
ジョンジュンは
「最精鋭に訓練された我が特作部隊員が
ヤクザやマフィアのような犯罪組織の
ヒットマンとして高値で取引されるという
話があった。
私の任務は共和国の反逆者を処断して
その背後を明らかにする事だった。」
そう話し調べたのではと聞き返すが
暗号やらが難しいと暗号を聞く。
ジョンジュンはSDカードを飲み込み
共和国の件は共和国がなんとかすると。
シジンは、その共和国が既に何とかしたと
話を続け北側に明日引き渡されると
ジョンジュンに言う。

話が終わり5時間くらいは眠ると看護師。
見張りと看護師が部屋を出るなり
ジョンジュンは手錠を外し窓から
脱出をはかる。外からは入るはなくされる。
別室の病室へとガラスを破るが
シジンに見つかり銃を向けられる。
任務を遂行しなければならないと言う
ジョンジュン。
北側の保衛部部長と会ったら困る仲かと。
ジョンジュンがシジンを訪ねた理由を
考えてみたと口を出す。
シジンが遠くの友人である理由は
ジョンジュンの敵がシジンの敵だからではと
話を持って行くシジン。
共和国をジョンジュンが裏切ったのか
或いは共和国がジョンジュンを裏切ったのかと
話を止めようとしないシジン。
目を充血させながら銃を自分の胸にあて
戦士は決して共和国を裏切らないと言う。
さらに自分の胸に銃を抑え込み
逃してくれと、やらなければと頼み込む。
北へ行けば殺されるとシジンは言う。
死ぬなら共和国で死ぬと意思を曲げない
ジョンジュンに自分も下された命令に
従う軍人だと銃を頭に向け変えるシジン。
行かせることは出来ないと言い返す。
平壌でご馳走になった冷麺の代金は
銃撃戦で十分に返したと諦めさせる。

翌朝チェ部長が待つ場所へと
送られたジョンジュン。
報告をするジョンジュンに部長は
SDカードの行方を聞きカーテンを明け
秘密は反撃者の死体と共に永久に
葬られると話す。
ジョンジュンの左胸には赤外線銃の
赤い光が・・・
遺言を言えとチェ部長。
ジョンジュンは祭壇に平壌の冷麺を1杯
供えてと、コリョホテルの冷麺と言う。
容易いことだと返すチェ部長。
他にないかとの言葉に
遺言を終えたのでジョンジュンは最後の
遂行するとウイスキーの瓶を割り
チェ部長に飛びかかるが撃たれてしまう。
だがそれは全てシジンとの作戦。
ジョンジュンを撃ったのはシジン。
SDカードの暗号を知らせるべく病室で
渡したチョコパイの中に盗聴器を
忍び込ませ、暗号を聞き出すと言う作戦。
そして、死んだと思われたジョンジュンは
北へと帰るため手錠をかけられる。
2分くれとチョコパイを見つめ
「お菓子の代金は、たとえ次の人生になっても
必ず返すから。おかげで共和国へ戻り
戦士として死ねる、ありがとう」と言い
チョコパイを頬張る。

病室に戻ったシジンは急いで着替える。
テヨンはモヨンと病室の距離をはかる。
様子を見に部屋へ入って来て
寝ている様子を見てまた来ると言うモヨン。
起き上がり脱げなかったズボンを
テヨンが脱がせようとする時にモヨン再び
現れテヨンがベッド、シジンが本を読む姿。
バカップルと言われ部屋を後にするモヨン。

廊下でミョンジュを見かけ別れたことを
知るモヨンだったが部屋を教える。

見舞いへとシジンの行く部屋へ行くが
息詰まりそうなシジン。
シジンの配慮も無駄に終わり
テヨンが軍服を脱ぐことを知る。
早く追いかけるようテヨンに言うシジン。

夜───

仕事を終えたモヨンは
シジンの部屋へ。
ボンボンベッドで寝ようとするモヨン。
心配かけたと謝るシジン。
映画を見ようと遂に映画を見る2人。
いつの間にか眠ったシジンとモヨンは
疲れを取るかのように共に眠った。

【感想】
ジョンジュンとシジンの間にも
戦友の絆があり、最後は
とても素晴らしい戦友らしい
解決に繋がったと思います。

テヨンとミョンジュ・・
お互い好きなのに、何がそうさせるのか。
韓国は恋愛になると厳しいですね。

まだまだ見所満載で早く続きが
気になります!
 

[PR]

今なら、auユーザー限定のau公式ビデオパスの

見放題プランの30日間お試しで、

超面白い韓国ドラマがなんと!無料で

スマホで自由にキレイな画面で見ることができます。

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で見放題!

 

相続者、シークレット・ガーデン

君の声が聞こえる、奇皇后など

超面白い見放題な韓国ドラマが

なんと!、101作品もあります。

しかも、月額なんと!たったの562円(税抜)

や、安い!!!

auユーザーさんだけの特別なサービスです。

 

あなたは無料で試すだけで、101作品の

超面白い韓国ドラマが無料で見放題です。

しかも、30日間無料なので

試してみて気に入らなければ、

解約しちゃえばいいのです。

解約もアプリからとても

簡単にできるので安心です。^^

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で101作品が全話見放題!

 

アプリがあり、ダウンロードできるので

外出先でも簡単に見ることができます。