太陽の末裔  第15話  あらすじ

退院手続きを済ませたモヨン。
シジンの車椅子を押し車まで行く。
天気がいいとウルクの空を思い出す。
また2人で行きますかとシジン。
なんの曲を聴いてるのかとモヨン。

 

<スポンサードリンク>


 

シジンの好きな曲だと言い
ヘッドホンをモヨンに付け再生を。
耳から聴こえてくるのは、シジンに宛てた
モヨンの遺言。
「ちょっと!」と車椅子から手を離す。
丁度坂道でシジンを追いかけるが
間に合わず・・・
大丈夫かと心配するのはシジンではなく
車椅子を心配するモヨンにため息つき
自分じゃなく車椅子かと言う。
車も3台壊し、車椅子までと・・・
公共交通機関は使っちゃだめだよと
シジンはモヨンに言う。

テヨンはミョンジュと無言で食事をする。
話があるなら話をとミョンジュが言うが
テヨンは話すことはないと返す。
食べてる手を置き、自分たちは今
ケンカしてるのか、別れてるのかと
ミョンジュは訪ねた。
テヨンは自分がミョンジュのとこへ
向かっている途中だと答える。
軍服を脱ぎミョンジュの叔父の会社へ
入り父の婿とし生きそれを耐えるのかと。
顔色を変えず、お前が横にいるだろとテヨン。
ミョンジュの怒りは収まらず
心にもない言葉が次々と出ては口を閉じない。
そして自分が軍人を辞め、父に会わないと。
父は父、私は私とミョンジュ。
黙って聞いていたテヨンは、ミョンジュに
そういう言葉しかしか言えないのかと言う。
少佐、中佐、大佐と昇級しお前なら確実に
星まで・・実力も度胸もある軍医官の娘。
テヨン自身でも軍人を辞める事を反対と
ミョンジュに言う。
言葉に理解をするミョンジュだが憎いと。
食べ終わり席を立つテヨンに
次は食事の支払いでなく、返事を持って来て
とテヨンに言い無言でその場を後にした。

モヨンは自宅に帰宅して
お風呂に入ろうとしてた時にシジンからの
メッセージが入る。
都合を言うとテレビ電話がかかってきて
服を脱いでないじゃないですかとシジン。
電話を切ってから脱いでお風呂に入ると
言い電話を切るモヨン。
インターホンが鳴りドアを開けると
シジンがズカッと入ってくる。
手土産にビールを机に並べながら
お風呂に入るよう言う。
本数を数えお風呂に行き戻ると
部屋中にモヨンの好きなキャンドル。
他愛な話をしながら過ごす2人。

翌朝帰国をしたギボムは高等学校の
検定考査するため試験会場へ。
そこへギボムを励ますため門前へ
シジンやテヨン、先輩兵士らが
訪れていた。
それぞれの先輩に励まされ試験へ。
見送り後、一斉にテヨン以外の電話が
鳴り始め、集合がかけられる。

『アルファチーム
本日21時までに463飛行場 集合』

用意をするチームだがテヨンは
座ったまんま一点を見つめる。
司令官に呼ばれ向かうテヨン。

 

<スポンサードリンク>


 

「3ヶ月の作戦だ。
まだ君の後任がいないという口実で
今回の作戦に君を送りたいと考えてる。
それとも、この退役志願書に私がすぐ
サインする選択もある」
と司令官は志願書を机の上に出す。
ただ「行きたいです」と一言だけを
言うテヨンに司令官はじっと見つめ
「よし。行ってこい。
アルファチームの特別な事情も
考慮して後任が見つかり次第に
退役志願書は処理しよう」と司令官。
保留にしてほしかったのかテヨンが
口を出すが被され無事に帰れと
司令官は話を終わらされた。
テヨンが部屋を出たあとに志願書を
手にとり破る司令官だった。

出発前にミョンジュの家のドアノブに
自分のネックレスをかけ
出発するテヨン。

院内では・・
ウルクを共にしたグループが
コーヒーを飲みながらテーブルに座る。
チフンはウルクの鉛中毒にかかった
男の子の名前をまた勘違いし
SNSでやり取りをしていたダニエルに
意味を知らされ、またガッカリする。
いつもの歯を食いしばりなさいの
言葉をチフンに言うモヨン。
シジンからの電話で外へ出る。

軍服姿で病院前に立つシジン。
約束まで2時間半あると言うモヨンだが
状況をつかんだモヨン。
3ヶ月も間があく事に、入隊したことにと
考え方を楽に変えそうとするシジン。
他の男と酒飲むな───
その言葉に頷くモヨンだが次第に涙が・・
努力をしてるが直ぐには無理な様子。
優しく抱きしめるシジンは謝る。
気をつけて怪我をせずとモヨン。
またシジンも絶対に戻ると約束をした。
行こうとするシジンに待ってと
再び次はモヨンから抱きしめる。
車を見送り、またアグスの言葉が・・・

食堂でボーッとするモヨン。
シジンからメッセージが入り安心する。
連絡のやり取りが出来る環境に
派遣されたはずだが一度も連絡が来ず
韓国の様子をモヨンは
シジンに何通も何通も送り続ける。
季節が変わる頃には戻ると・・・
空を飛ぶヘリを見て寂しがるモヨンだった。

その頃、シジンは───

部下をヘリに乗せ自分はウルフチームと
後から乗ると言いヘリのドアを閉める。

『ビックボス送信。
救助民間人3名を乗せたヘリ、タンゴナイン
今出発しました』

無線に言いテヨンの元へ行き
あと10分待てば家に帰れるぞと笑顔を
見せた矢先・・・
どこからか・・シジンは胸を撃たれてしまう。
テヨンが急いで車の影へ。
シジンを呼びかけ意識を自分の方に
向かせようとするが、幻覚に返事をする。
しっかりと呼びかけをやめず
呼びかけをする中、テヨンまで撃たれる。

ヘリに乗った部下たちが無線で呼びかけ。
ヘリの外から爆発する光景を目にし
ヘリ内でシジンとテヨンを呼ぶ部分たち。

 

<スポンサードリンク>


 

シジンの身に何があったか知りもしない
モヨンはメッセージを送り続ける。
そこへミョンジュ。
女2人は帰ってきたらと予定を話す。
笑いながらも、寂しげな2人に
雨までが切なさを表せる。

豪雨の中、帰還したアルファチーム
部下3名・・・
司令官に敬礼をし作戦終了と
そして遺体は見つからなかったと報告。

司令官はびしょ濡れのまま部屋へ戻り
呆然とする。
部屋を訪ねて来たのは、シジンの父。
司令官はシジンの証のネックレスを
渡しながら敬礼をする。
両手で握りしめ涙する父だった。

モヨンとミョンジュ・・・
2人にはそれぞれ、チェ中佐と
下士キム・ボンネが報告を・・・
何も知らずの2人に訪れた知らせは
『戦死』と言う聞きたくない言葉だった。
モヨンは手紙を受け取り、ミョンジュは
もう一度言いなさいと涙ながら言う。

院内で手紙を読むモヨン。

『作戦に行く前に僕達は遺書を書きます
この手紙がカン先生に届かないことを
願います。でも、もし万が一カン先生が
この遺書を読んでいたら私は約束を
守る事が出来ませんでした。
心配させない約束、死なないという約束
必ず帰るという約束。僕は何一つ
守る事が出来ませんでした。
すみません。カン先生のいる場所は
いつも明るかったです。そして
あなたに会いたい。あなたを愛しそして
こうやって別れて本当にすみません。

手紙を持ち走り出し車を出すモヨン。
ミョンジュは父の元へ。
違うでしょと何度も聞くミョンジュに
すまないと一言言い、ミョンジュにも
テヨンから手紙が・・・
受け取り読めば本当に死んだ事になると。
私たちが幸せにいられる時間を
父さんが全て奪ったと
父を責めるしかないミョンジュ。
和解も何も出来ず、逆に悪い言葉ばかり告げ
見送りも出来なかったと。
司令官は再び手紙を前に出し
「これは、勇敢な軍人の最後の言葉だ。
ちゃんと大切にしなさい。」と
渡し受け取り外へ。

モヨンが車を走らせた理由は
ミョンジュと同じだった。
到着するなりミョンジュの泣く姿が。
傍へ寄っていき、何故そこにいるの?
あなたがそんなんじゃ何も聞く事が
出来ないとモヨン。
ミョンジュを揺さぶり手にもつテヨン
の手紙を目にしたモヨンは
泣きながら、もうあの人に会えないのと
ミョンジュに聞いてミョンジュは
無言のまんま頷く。
その場に崩れ込み2人は泣く・・・

家に戻りソファに横になるモヨン。
手紙の最後の言葉が流れる。

『身勝手ですが
あまり長く泣いていなければ嬉しいです。
誰よりも明るく幸せに生きて欲しい。
それと・・・
あまり長く僕の事は覚えていないで下さい。』

目を真っ赤にしたモヨンの前に大隊長。
1週間後に軍から公式発表があると。
シジンとテヨンの死は訓練中の
交通事故として処理されると報告を受ける。
そして迷彩柄のファイルを開きモヨンの
前に出される。
書類内容は保安より機密維持契約書だった。
サインをと協力を求める大隊長。
それまで無言のモヨンは、シジンの死で
助かった人がいるのか、またシジンの死で
国が平和になったのか、最後には祖国のために
死んだのかと聞き大隊長もはいと答える。
そんな祖国のために
命を落としたシジンなのに保安はとモヨン。
大隊長も謝ることしか出来ずにいた。
契約書を見ながら、シジンに問いかける。
最期までこんな生き方を選択して
死でさえ規定上の秘密にされと泣きながら
それでもモヨンがサインをしようとする
行動を、シジンが望む事であってほしいと
シジンの名前を呼び書類にサインをする。

いつもと変わらない日々を送るモヨン。
モヨンの中にまだまだシジンがいる。
気が狂いそうだと涙する。

ミョンジュは再びウルクへと派遣を
受けたと報告する。
今まで不当な命令をして傷付けた事を
謝る父の司令官。

モヨンとミョンジュは酒屋で合流。
ウルクへ行く事を言うミョンジュに
いいなぁとモヨン。
以前、シジンとテヨンが持って
カフェで共にしたぬいぐるみ達。
それぞれ横の席に置く。
月曜に発つミョンジュ。3日あるからと
無泊3日しようと協力と掛け合う。

モヨンは楽しかった事ばかり思い出すと。
ミョンジュはテヨンに
してもらいたかった事ばかりと言う。
いつも聞く機会がなかったからと
シジンとテヨンの繋がりを聞くモヨン。
原因は女のせいだったと話すミョンジュ。
その女とはミョンジュ自身だった。

それは雨の降る日───
傘をさし歩くテヨン。
そこに入って来たのは笑顔のシジン。
2人は初対面でテヨンは自分の彼女だと
シジンに話す姿。
知り合ってすぐから変わらない話し方。

カフェでのモヨンとシジンの
ラブラブな姿がシーンで流れ
部屋にキャンドルをつけるモヨン。
シジンのぬいぐるみに話しかけ
白いセーターを着てぬいぐるみを抱く
シジンの姿を見ながら、辛く泣くモヨン。

ウルクへと到着したミョンジュ。
荷物を片付け胸ポケットから
テヨンの遺書もロッカーへしまう。

モヨンは空港へ。
途中ダニエルから電話が入り
入国禁止されてるため空港内に
テントをはり講義していると。
モヨンはシジンの命日だからと
ボランティアとは別に忘れないために
アルバニア難民キャンプへ行くと。

到着し荷物を運びながらボランティアに
励むモヨンだった。
モヨンは今もなお
シジンにメッセージを送る。

ウルクでもミョンジュも治療に励む。
ギボムが現れラーメンを作り2人で食べる。

何をするにも思い出しては脳裏に残ってる
シジンの記憶・・・
「うそつき」と言うモヨンの言葉には
まだシジンが死んだと信じれない言葉に
変わる。

ウルクから持ち帰った石を花と一緒に
置くが何度も転げ落ちる。
無線からは、ビックボス送信とシジンの声。
周りを見渡しながら自分の携帯を
見るモヨン。メッセージが全て未読から
既読に変わり、またビックボス送信と声。

『イップニは後ろを見て下さいオーバー』

後ろを振り返ったモヨンの目には
こちらを歩いてくるシジンの姿。
歩みよる足が走り出す。
そこには死んだはずのシジンの姿。
生きていた事に涙し謝り続けるシジン。

【感想】
まさかこんなことってと思い
死んでしまった2人に私も涙しました。
辛くて胸が痛かったです。
モヨンの泣く姿、ミョンジュの意地。
どれも切なく相手を思う気持ちが
伝わる話になっていました。
生きて戻ったシジンに駆け寄るシーンでは
嬉しくて悲し涙から嬉し涙に変わりました。

 

[PR]

今なら、auユーザー限定のau公式ビデオパスの

見放題プランの30日間お試しで、

超面白い韓国ドラマがなんと!無料で

スマホで自由にキレイな画面で見ることができます。

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で見放題!

 

相続者、シークレット・ガーデン

君の声が聞こえる、奇皇后など

超面白い見放題な韓国ドラマが

なんと!、101作品もあります。

しかも、月額なんと!たったの562円(税抜)

や、安い!!!

auユーザーさんだけの特別なサービスです。

 

あなたは無料で試すだけで、101作品の

超面白い韓国ドラマが無料で見放題です。

しかも、30日間無料なので

試してみて気に入らなければ、

解約しちゃえばいいのです。

解約もアプリからとても

簡単にできるので安心です。^^

 

auユーザー限定のビデオパス!

超面白い韓国ドラマが

初回30日間無料で101作品が全話見放題!

 

アプリがあり、ダウンロードできるので

外出先でも簡単に見ることができます。