奇皇后」 

あらすじ 43話

遠征から戻った兵を陛下は、ぺガン達が見ている前で殺したのだ。
陛下は、酒がまずくなる、気分を害したと理不尽な言い訳で、殺したのだ。
そして陛下は、幻覚を見ていたのだ。
陛下はぺガンまでも殺そうとした。だが、スンニャンが止めた。
陛下はスンニャンの顔を見て、やっと正気にもどり自分が剣を握っているのを見て気絶した。

陛下に密書を送っていたのはタンギセだった。スンニャンを宮殿から追い出す為に…
だが、5年経っても陛下は、スンニャンを追い出さないままだった。
そして、タンギセの所にはワン・ユがイル・ハン国と取引をしている事を知り、この事実を
皇太后様に知らせる事にしたのだ。

皇太后様が事実を知り、ぺガンにワン・ユとイル・ハン国の偽の取引帳簿を作らせ
廃位の上奏を作り上げたのだ。皇太后様は、スンニャンも罪に問う為に帳簿と上奏が届く事を伝えていた。
スンニャンは、陛下に届く前に帳簿と上奏を親衛隊から受け取った。
帳簿を確認したスンニャンは偽の帳簿だとすぐに分かった。そして、何かたくらみがある事も…
パン内官に会いに行こうとした時、タルタルの見張りがある事を知ったスンニャン。
届いた上奏と帳簿はすぐに陛下の元へ届けた。そして、密告してくれたのは、トクマンだった。

スンニャンは、パン内官とヨンビスに事を知らせようとしたが、今動いてはスンニャンの命も危なかった。
ワン・ユを元に連行する為に、マハ皇子も行く事になった。
その頃、タンギセはメバクの頭に会っていた。高麗王のワン・ユの廃位を知らせに来たが、既に知っていた。
そして、タンギセはメバクの頭が女である事が分かった。頭の手を見たのだ。

スンニャンはタルタルに助けを求めた。元の手助けをしているのは高麗である事。
そして、ヨンチョルの秘密資金も底をついたことを話した。

マハ皇子が高麗に到着した。そして宮殿へ。
だが、、マハ皇子はワン・ユが出迎えに来ない事に腹を立て、外に椅子を持ってこさせ座り込んだ。
出迎えがあるまで一歩も動かないと。それを聞いたワン・ユは、マハ皇子を試すことにした。
日が暮れだし、ワン・ユは皇子を迎えに出た。
そして、元の陛下の命が下された。貢女や兵を出さなかった事を謝罪しに来いと…
ワン・ユは何故皇子が一緒に来たのか尋ねると皇子は「母の敵を見に来た」と言ったのだ。
そして、歪んだ性格の皇子を哀れんだ。

その頃、マクセンとチョンバギは高麗王の廃位の話を耳にした。
何も知らされず元に連れて来られ、廃位されるのだ。
それを知ったヨンビスはワン・ユに知らせようとしたが、もう国境を越えていた。
タンギセとマハ皇子が再会した。ワン・ユはタンギセに捕まってしまった。
そして、マハ皇子の前に連れて来られ、廃位詔書が読まれた。
タンギセは大都までの道のりでワン・ユを鞭で打ち続けた。
大都に入ると、民がお前のせいで戦に負けた。キ・ヤンも手先だと声を上げていた。

宮中に連れて来られたワン・ユの目には元の陛下が…
そして、剣を抜いた。
スンニャンは王様が着いたことを知らされ急ぎ向かった。
そこには、ボロボロな姿になった王様と、剣を抜く陛下の姿があった。

 

奇皇后」 

あらすじ 44話

スンニャンは、自分を陥れる為の策だと分かった。
そして、自分の味方になってくれる長官達に今まで蓄えてきた権力を使うことにした。
その頃、陛下はスンニャンも手先だと民が声を荒げている事を知り、スンニャンを守る為に
ワン・ユが着きしだい亡き者にしようと…

ワン・ユが着き、陛下は剣を抜いた。だが、タルタルが「まだ殺してはなりません」と、
そしてスンニャンも止めに入ったのだ、黙っていろと言う陛下。
そこに皇太后様が現れ、「将軍の言う通り、まだ殺してはなりません。協力者がいるはず
誰か暴き出し共に罰しなくては」と言いスンニャンの方を見た。

スンニャンは、陛下にワン・ユは潔白だと伝えるが、自分の前でワン・ユをかばうなと怒鳴り
自分を信じてくれない陛下に、この件は自分で解決すると言い陛下の部屋を出た。
荷物を運んできたヨンビスにスンニャンは王様の無事を知らせ指示を出すから連絡を待てと言った。

牢に入れられたワン・ユ。ぺガンが誰と手を組んだと聞くが、やってもいない事に協力者などいないと言う
ワン・ユ。そこへ、皇太后様が来て、キ・ヤンが協力者でキ・ヤンに罪を着せれば廃位は撤回し
死を免れ王座を守れる唯一の方法だと言った。
だが、ワン・ユはみくびられては困る、この話は聞かなかった事にと言うが、皇太后様は
「今は気に入らなくとも考え直す時が来る。待っていますよ。」と言い牢を出て行った。

その頃、スンニャンは三公と自分の味方になってくれそうな長官らを呼び、力を貸して欲しいと頼んだ。
だが、今回は力を貸せないと言う長官らにスンニャンは皇室の秘密を握っていると話し、マハが陛下の子では
無い事、証拠も証人も自分が握っている事を話した。
驚く長官ら、そして忠誠を見せて欲しいと言い、これは命令ですと長官らに言った。
命令を聞いた長官らは陛下の屋敷の前に座り、偽の帳簿である事を話した。
そして、ワン・ユを無罪放免にと叫んだ。すると、陛下と皇太后様がやって来た。
そして、キム・スンジョから帳簿は偽物だと密書が届いたと言ったのだ。
そこへスンニャンが現れ、本人に確認すべきだと言った。真実を知るのはキム・スンジョのみだと。
陛下はぺガンに、すぐに使いを送りキム・スンジョを連れてくるよう命令した。
ぺガンは、キム・スンジョの口を封じる為に始末するようタルタルに命令した。

ヨンビスは、スンニャンの命令でキム・スンジョを連れて来ていた。
おとりのキム・スンジョはぺガンの手先によって殺された。それを見ていたキム・スンジョ、何故自分が丞相に狙われ
ているか分からないキム・スンジョにマクセンは大都で確かめろと言った。
スンニャンのお蔭で、キム・スンジョは命拾いしたのだ。

その頃、縛り付けられているワン・ユ達の前にマハ皇子が現れ、水を与えろと命令したのだ。
理由は、キ・ヤンの罪を暴くまで死んでは困るからだった。
だが、ワン・ユは自分とキ・ヤンだけではないと言った。皇帝や皇太后様、ぺガンも罪を問うべきだと。
そこへ、皇太后様が現れ、皇子様は連れて行かれてしまった。
そして、陛下の元にぺガンが現れ、キム・スンジョが死んだと、ワン・ユの処刑を伸ばす理由が無くなった事を話すと
陛下は、民にもワン・ユが死ぬ所を見せる為に宮殿の外で行えとぺガンに命令した。

民は「高麗の者は皆殺せ」と声を上げた。だが、次には「ヤン様は救済米をくれた。おがげで助かった」と言う声も…
民はスンニャンが救済米を渡していた事は知らないはずだった。タルタルが手をまわしてくれていたのだ。
時間を稼ぐ為に、パン内官が先に処刑台に…縄が切られ窒息寸前の時、スンニャンがキム・スンジョを連れて現れた。
そして、キム・スンジョがぺガンから受け取った密書を陛下に渡した。
だが、ワン・ユは流罪となった。ぺガンの処罰は…忠誠を尽くすと事だった。そして、陛下の分身として強大な権力を与えた…
ぺガンはタルタルにワン・ユの移送を命じ、自分は先回りしワン・ユを始末すると言った。
陛下もそれを望んでいると…だが、先にタンギセ達が隠れていたのだ。
ワン・ユとぺガンはどちらか死ぬまで一騎打ちを始めた。そこを狙いタンギセが矢を放った。
ワン・ユとぺガンに見事命中した。ワン・ユは転げ落ち、ぺガンは逃げて行った。
タンギセはワン・ユが死んだかを確認する為に探していた。ヨンビスはワン・ユを連れ逃げた。

そして、傷だらけのタルタルが宮殿に戻った。スンニャンはワン・ユが死んだ事を知った。