奇皇后」 

あらすじ 45話

スンニャンは、ワン・ユの死を聞き誰の仕業かとタルタルに尋ねるが何も言わないタルタル。
そこで、ぺガンの仕業だと気づいた。そして、タルタルは何故自分がスンニャンの手助けをしているのか
話し出した。陛下とぺガンは今や栄華を取り戻す野望に憑りつかれていると…
暴走している馬を止められるのは、スンニャンだけだからだと言った。

陛下は、具合が悪いと言うぺガンを訪ねた。そこでワン・ユを討った事を話した。
深手を負わせたので死んだであろと。

そして、スンニャンはマハ皇子に母について教えて欲しいと言われた。皇太后様は同じ話の繰り返しで
詳しく教えてくれないと…スンニャンが教えようとした時だった、皇太后様が現れマハ皇子は連れて行かれてしまった。
スンニャンは、皇太子を決める為に皇后様を利用した。
そして、皇太子を決めろと言う上奏が陛下の元へ…どれもマハ皇子を皇太子にと。それを見た陛下は怒り
それを見たぺガンが、二人を競わせてはと言ったのだ。

その頃、ヨンビスはワン・ユを高麗に連れて行く為に荷物になり検問所を通過しようとしていた。
だが、それを見ていたタルタルが不思議に思い樽目がけて矢を放った。
その矢はヨンビスに命中した。タルタルが近づいて来たがソリは嘘を付きタルタルの目を欺いた
が、樽から漏れていた血をタルタルは見逃さなかった。タルタルは一人後を付けた。
そしてヨンビスはタルタルに見つかってしまった。ヨンビスはどうかワン・ユだけは助けて欲しいとタルタルにお願いした。
タルタルは、もう二度と目の前に現れるなと…ワン・ユは死んだ肝に銘じろと言い見逃してくれたのだ。

スンニャンは書庫にヨン尚宮を呼び出した。時が来たと話し。
マハがタナシルリの子では無く拾った子だと証言しろと。そうすれば自由にしてやると言ったのだ。
だが、ヨン尚宮がスンニャンと会っていた事は皇后様は知っていた。書庫から出てきたヨン尚宮の元へ向かった。
そして、スンニャンと話していた内容を聞き出した。助けてくださいと言うヨン尚宮に、皇后様は、競い合いの前に
外にだしてくれると言った。ヨン尚宮は、ヨム・ビョンスにその事を話した。
そして、ヨム・ビョンスにこの指輪を売って家を買っておいてと皇后様の指輪を渡したのだ。

ヨン尚宮が皇后様の元へ戻ると、キ・ヤンに虐げられていたと一筆書けと言われた。
その方が宮殿を出やすいと。だが、書き終わったヨン尚宮は、皇后様の手により殺されたのだ。
自害と見せかけて…翌日、首を吊ったヨン尚宮とヨン尚宮が書いた紙が残されていた。
ヨン尚宮の所に駆け付けたトクマンは、残された紙を見てスンニャンの元へやって来た。
残された紙には「ヤン様を恨む」と書かれていたからだ。
だが、スンニャンはヨン尚宮は自害ではなく殺された事を話し、自分がヨン尚宮を殺した者達の悪行を暴くとトクマンに誓った。

そして、パン内官とマクセンはヨム・ビョンスが皇后様と密かに会っている所を見かけた。
皇后はヨム・ビョンスにキ・ヤンのせいでヨン尚宮が死んだ事を話したのだ。
皇后様は、自分に仕えないかとヨム・ビョンスに提案した。ヨム・ビョンスは二つ返事でOKした。
そして、最初の命令は高麗の者を排除しろと言うものだった。次に、マハ皇子を殺す事だった。
高麗の者がマハ皇子を殺した事にする為に…

スンニャンは、死んだ尼僧と親しかった者が数日後に来る事が分かった。
そして、マハ皇子の出生に関することも知っていると言う。
それを聞いたスンニャンは、同じ場所に来ていたマハ皇子の元へ行った。
そこで、自分の母も父もタンギセに殺された事。そして、母や祖父の死には皇太后様も関係している事を
マハ皇子に教えたのだ。

マハ皇子の暗殺を聞いたパン内官がスンニャンを訪ねてきた。
そして、スンニャンはマハが自分が産んだ子ピョルである事実を知ったのだ。

 

奇皇后」 

あらすじ 46話

スンニャンが、パン内官からマハが自分と王様の子のピョルだと知った頃
マハに、危機が迫っていた。刺客がマハを殺そうと襲ってきたのだ。
一緒に居たトクマンはマハを逃がし、刺客の胸ぐらを掴んだ。
振りほどかれ、トクマンは倒れたが、刺客が一つの指輪を落としていった。
その指輪を見たトクマンは急いでマハを追いかけた。
マハはスンニャンとヨム・ビョンスの間でどちらに行けばいいか分からなくなっていた。
その時、トクマンが現れ、ヨム・ビョンスは刺客だとマハに伝えた。
マハは、スンニャンの方へ向かったが、ヨム・ビョンスの矢を受けてしまった。

マハに放たれた矢は毒矢だった。
スンニャンとパン内官は涙を流した。それを見たトクマンは、パン内官に何か隠し事がと聞くが
時期が来たらと…パン内官は話さずにいた。

スンニャンは、マハの足の甲を確認した。足の甲には3つの星のようなホクロが…
今まで自分の子だと気づかずに、憎み背を向けてきた事を悔やんだ。
ヨム・ビョンスは皇后様に報告に行った。そして、マハ皇子の居た寺にキ・ヤンが居たことも。
それを聞いた皇后様は高麗人がマハを殺したと噂を流せとヨム・ビョンスに命じた。

陛下は、まだ見つからないワン・ユの亡骸に高麗に逃亡したと考え、高麗王に密書を遅れと命じた。
「ワン・ユが戻ったら首をはね私に送れ」と…
その時、皇太后様が慌てた様子で陛下の元へやってきた。
マハ皇子が高麗の者に襲われたという。そして、マハ皇子が襲われたときキ・ヤンも一緒に居たと。
陛下は、マハを見舞いに行った。そして手を握ろうとしたが自分にはマハの手を握った記憶がなかった。
そして、マハの手を握ってやることが出来なかったのだ。

スンニャンは、陛下を尋ねた。陛下もスンニャンの仕業だと思っていたのだ。
だが、スンニャンは必ず真相を明らかにし真犯人を見つけ出すと陛下に言った。
大明殿に皆を集め、マハ皇子を助けたのは自分だと言った。
トクマンから預かった皇后様の指輪を出し、トクマンも刺客が落としたものだと証言した。
そして、ソ尚宮は皇后様がヨム・ビョンスと会った事も話し、皇后様は捕えられた。
スンニャンにはもう一つ明らかにしなければいけない事があった。
自分の息子を守るためにも…マハ皇子が拾われた子だと言う事を…
マハが赤子だった頃を知る者を連れてきた。
マハ皇子は拾われた子で、タナシルリがマハを連れ寺を出たあとに放火された事を証言した。

マハ皇子にもその事を知った。自分は陛下の子では無い事、宮中を追い出されてしまう事。
スンニャンは、マハに強く生きろと、誰も助けてくれないからと…息子にしてやれる事は無かった…

その頃、ヨンビスとワン・ユはタンギセに見つかってしまい追われていた。
ワン・ユが手綱を引き、ヨンビスは荷台で矢を放っていた。
だが、矢が尽きヨンビスは矢を受けてしまった。
上手く逃げ切れた時、返事をしないヨンビスを心配しワン・ユは馬を止めた。
ヨンビスの胸や腹には矢が刺さっていた。ヨンビスは最期に「幸せです」と言い逝ってしまった。
ワン・ユは大都に戻る決意をした。
バヤンフトは廃位となり流罪で僻地送りとなった。

大都に戻ったワン・ユは、マハが陛下の子では無い事を知った。
また。大都に戻った理由はメバクの頭の正体を掴むことだった。

スンニャンはマハの世話係になった。
そして、ソ尚宮にマハを託した。回復したら高麗に連れて行けと。
その夜、パン内官達の話を聞いてしまったワン・ユにマハがスンニャンとワン・ユの子である事がバレてしまった。
そして、宮殿ではアユが皇太子に…
ぺガンは、スンニャンを排除しようとしていた。