奇皇后」 

あらすじ 49話

スンニャンは、ぺガンを殺した罪を償う事に…それを知ったタルタルがぺガンの悪事の書かれた書を
思ってスンニャンの前に現れた。自分が殺したのに、スンニャンが罪を被るのを見ていられなかったからだ。
だが、スンニャンはタルタルは陛下の為、国の為に無事でいなければと言い、自分の事は自分で解決するとタルタルに言った。

陛下は、スンニャンに高麗の者を連れて宮殿を離れ感業寺で一日100回竹箆に打たれよと言い
竹箆に打たれながら罪を償えと…罪を認めるまで宮殿には戻るなとスンニャンを宮殿から追い出した。
大明殿には、ぺガンやキ・ヤンに忠誠を誓った者達が集められていた。
そして、陛下は自分に忠誠を誓うものはひれ伏せと…ひれ伏さない者は斬り捨てると言った。
タルタル以外の長官らは皆、ひれ伏したがタルタルだけは…今の陛下に忠誠は誓えないと言った。
陛下の精神状態は良くなかった。剣を振り回す陛下を皇太后様は寝所へ連れて行かせた。

目を覚ました陛下に、コルタは薬の仕込んだお茶を渡した。
その時、タルタルがぺガンが企てた内容が書かれている書を持って陛下の元へやって来た。
メバク商団との取引帳簿も一緒に。陛下は、メバクを捕えるのをタルタルに任せたが、タルタルは自分が叔父のぺガンを
殺したのに、宮中には残れないと言い、陛下の事を一心に思っているヤンを戻すように言った。
忠誠を尽くす者を望むならヤンをそばに置くべきだと。

陛下はスンニャンの居る、感業寺へと足を運んだが、スンニャンの姿を見ただけで帰ってしまった。
その頃、ワン・ユ達は偽の交鈔を作っていた。
メバクの頭に気付かれる前にと穀物の買い占めを早めていた。
そして、メバクでは頭に穀物を売った事がバレてしまっていた。ヨム・ビョンス達は、穀物の買い戻しの指示を受けた。
だが、どこも売り切れてしまっていた。買って行ったのは顔に「非」と入った異民族の商団の者達だった。
その頃、タンギセは新たな親衛隊長を呼び、自分の手の者を親衛隊に入れて欲しいと頼んでいた。

陛下は再びスンニャンの元へ…竹箆に打たれるスンニャンは陛下の事を願っていた。
それを見た陛下はスンニャンを宮殿に戻す決意をした。
その頃ワン・ユは作った偽の交鈔をばら撒いていた。その噂は直ぐにコルタの耳に入った。
宮殿に戻ったスンニャンはタルタルを宮殿に戻すよう陛下に頼んだ。
タルタルは丞相の座に就いたのだ。そして陛下はスンニャンを皇后の座に就かせた。

そして、宮殿には沢山の穀物が届けられた。ワン・ユが買い占めた穀物を送ったのだ。
簡書には「民を救ってくれ」とだけ書かれていた。

ヨム・ビョンスはメバクの頭に呼ばれ頭の元へ…メバクの頭はヨム・ビョンスの前で仮面を取った。
仮面の向こうの顔を見たヨム・ビョンスは驚いた。陛下の側近のコルタだったのだ。
コルタは、自分の顔を見た者は死ぬか右腕になるかだとヨム・ビョンスに言った。
そして、メバクを脅かす奴らを殺せと指示したのだ。
ワン・ユはタンギセがスンニャンと陛下を殺そうとしていると言う情報を手に入れた。
その頃、タンギセはソ尚宮に会っていた。ソ尚宮は、寺で聞いたマハの両親の話をタンギセに話したのだ。

ワン・ユは偽のメバクの頭の元にやってきたタンギセが、陛下とスンニャン・アユ皇子を殺そうとしている事を知った。
そして、陛下に付いている親衛隊はタンギセの手の者であることも…

陛下とスンニャンは、届られた穀物を民に配りその帰り道に、タンギセに襲われた。
だが、この事実を知るワン・ユが助けに来たのだ。
スンニャンは隙を見つけタンギセに矢を放った。そして、とどめはワン・ユが刺した。
横たわるタンギセの元へ陛下が近づくと、タンギセは陛下の胸ぐらを掴み、マハはワン・ユとスンニャンの子である事を証し
真実であるかは、ソ尚宮に聞けと…
そして、スンニャンは死んだと思っていたワン・ユが生きていた事を知った。

 

奇皇后」 

あらすじ 50話

陛下は、タンギセにとどめを刺した。
宮殿に戻った陛下は、コルタに密かにソ尚宮を探し、宮殿の外で会えるようにと命令した。
ソ尚宮を見つけたコルタが陛下の元へ連れてきた。
陛下は、コルタと護衛に遠くで待機せよと命じ、二人きりになった時、マハの両親がワン・ユとスンニャン
である事を確かめた。そして、タナシルリがマハを連れてきたいきさつを聞き、事実である事が分かり
陛下は、この事を知るソ尚宮を殺した。そして、この事実を知るワン・ユの事も始末しようと…

その頃、皇太后様の所には、メバク商団の頭からの贈り物と密書が届いていた。
密書の内容は、キ・ヤンから国を救う方法があると、善業寺でその方法を教えると。
皇太后様が善業寺で待っているとヨム・ビョンスが現れた。
陛下は徐々に病にむしばまれ死んでいくと。そこで新たな皇帝を立てる事だった。
陛下は、コルタの煎じた薬のせいで、どんどん体が蝕まれていたのだ。

ワン・ユは、陛下とスンニャンの命を助けた功績が認められ高麗の王に復位が決まった。
そして、スンニャンは正式に皇后になった。

ワン・ユとチョンバギ・ムソンは先に高麗に戻る事に。
パン内官とマクセンはメバクの頭を突き止めてから、高麗に戻る事になった。
その夜、スンニャンが眠りについたのを確認した陛下は、兵を連れワン・ユを殺しに向かった。
高麗に残った、マクセンとパン内官にもスリから王様が殺されると情報が入った。
その頃、スンニャンはマハとワン・ユの夢を見ていた。
夢の中で、ワン・ユは生前教えられなかった事をこれからマハに教えると…
そして、スンニャンの事を心より想い続けたから一片の悔いもないと、これが最後の言葉だと言ったのだ。
スンニャンが目覚めると、隣に居たはずの陛下の姿が無かった。
すると、タルタルがワン・ユの身が危険だと伝えに来たのだ。

ワン・ユ達は城門に到着していた。だが、城門には見張りの兵が一人もいなかったのだ。
その時、兵を引き連れた陛下がやって来たのだ。そして、陛下は「ここで死んでもらう」とワン・ユに言った。
チョンバギとムソンは何としてもワン・ユを高麗に返す為に戦った。
だが、二人とも元の兵に殺された。ワン・ユは陛下に剣を向けた。
陛下は、マハの子が誰の子か知っていると…そしてワン・ユが死ななければヤンが死ぬ事になると話した。
それを聞いたワン・ユは刀を捨て、陛下はワン・ユに剣を刺した。
ワン・ユは陛下に「死んでやる。だからスンニャンを苦しめるな」「自分は死んでも最後までスンニャンを守る」と
言いワン・ユは死んで行った。

パン内官達が駆け付けた時には3人はもう死んでいた。
そして、スンニャンも駆け付けた。ワン・ユの亡骸を抱きしめスンニャンは泣き続けた。
宮殿に戻ったスンニャンの元にタルタルがやって来た。
陛下の元へ行こうとするスンニャンをタルタルは止めた。陛下はスンニャンを生かす為にワン・ユを殺したと。
スンニャンは、マハの秘密を陛下が知った事を悟った。
陛下は、もうコルタの用意する薬無ではいられなくなっていた。

スンニャンはメバクの頭が宮中の人間である事を悟った。パン内官らが、何故ワン・ユが殺されることを知った理由にあった。
スンニャンは、ワン・ユが用意したメバクの頭の仮面をかぶりメバクに仕える長達を呼び出した。
そこに、本物のメバクの頭が現れた。偽物だとバレテしまったスンニャンは仮面を取った。
メバクの頭はやはり宮中の者だったのだ。スンニャンの顔を見て「皇后様」と声を出したのだ。