奇皇后」 

あらすじ 1話

まだ、ヤン(のちのスンニャン)が幼かった頃、ヤンと母親は
貢女として元に売られる事になってしまった。
沢山の貢女達が縄で縛られムチで撃たれる姿を見た世子のワン・ユは
自分に出来る事を…と考え、貢女達を逃がしたのだ。
だが、軍隊に見つかり多くの女達が命を落とした。
ヤンの母親もその一人だった。母は、父の存在をあかし、ヤンに指輪を
渡し同じ指輪を持っている人があなたの父親だと言い息を引き取った。
父の性は「キ」だと言って…

そして、ヤンは指輪を握りしめ父を探し男として生きていく事になる。
父を探している途中ワン・ゴの馬が急に飛び出してき意識を失った。
ワン・ゴはヤンを連れて帰った。
そして、ヤンはスンニャンとしてワン・ゴに仕える事になった。

13年後…弓使いになったスンニャンはワン・ゴの指示で塩の密売をしていた。
そして、世子のワン・ユは毎日遊びほうけていた。
その時、ワン・ユは仁州のスンニャンの噂を聞きスンニャンに弓の対決を挑み仁州に行くことに。
弓の対決は、酒を飲みながら酒釜の蓋に弓を放つというものだった。
どちらも、フラフラになりながら弓を放ち続けた。
だが、酒に弱いスンニャンは最後の矢をワン・ユに向けそのまま酔い潰れてしまった。
スンニャンは、ワン・ユが国の世子である事をまだ知らなかった。

スンニャンとワン・ユが顔見知りになった事を知ったワン・ゴはスンニャンを利用して
ワン・ユを倒し、王座に就こうと考えていた。
そして、スンニャンは仕えているワン・ゴに、ワン・ユに自分の事を信用させ塩の密売所まで
連れてくるよう指示を受けた。
ワン・ゴは密売人と嘘をでっちあげ、ワン・ユを殺し、自分が王座に就こうと考えていたのだ。

そして当日、ワン・ユ等はスンニャン達の密売を追った。
スンニャン達が居る場所へ着くとワン・ユは出すなと手下に伝えた。
が、何者かがスンニャン達めがけて矢をはなったのだ。
これをきっかけに、スンニャンとワン・ユ達は戦うことになってしまった。

そして、スンニャン達はワン・ユ等に捕えられてしまった。
スンニャンだけが密売の場所を知っていたがスンニャンは口を割らない。

ワン・ユは、この密売の前日にこの取引は罠だと知らせてくれた者がなに者か
ワン・ゴが塩の密売をしている事を教えてくれた者がなに者なのか分からずにいた。
そして縄で縛り上げられているスンニャンの所にワン・ゴの手下が現れた。

 

奇皇后」 

あらすじ 2話

密売場所を答えないスンニャンに刀を突きつけたワン・ユだったが、
スンニャンの子分がそれを止めた。スンニャンは元に連れ去られた子分達の
家族を救う為に密売をしている事が分かったのだ。

それを知ったワン・ユはスンニャンを縄で縛り上げた。
密売の場所を吐かせるために…そのスンニャンの所にワン・ゴの手先が現れた。
スンニャンがワン・ユに密売の事実を知らせた者かもしれないと疑ったワン・ゴが送ったのだ。
そして、ワン・ゴからの伝言はワン・ユを殺せと言う事だった。

何も知らずにスンニャンの所へと来たワン・ユは密売場所を教えろと言った。
スンニョンは渡された小刀で縄をほどき、ワン・ユに額に着けていたワン・ユの帯を見せ
自分が密告した者だと知らせ、ワン・ゴの手先が近くに居る事を教えた。

スンニャンがワン・ユを殺せずまた捕えられてしまった事はワン・ゴの耳にも入った。
スンニャンを殺されてはと、手を打っていた。

そして、スンニャンの元へまたワン・ゴの手先がやってきた。
ワン・ゴの次の命令は、取引場所を吐けと言う指示だった。

次の日、スンニャンは指示通りに密売場所を吐いた。
ワン・ユはスンニャンを連れ密売場所へと向かった。
スンニャン達が発つと、ワン・ゴの手先も動き出した。
ハトに文を付けてワン・ゴに届けさせようと…だがスンニャンの矢によりハトは地面へと落下した。
そして、ワン・ゴの手先はワン・ユの手下により殺された。

ワン・ゴ宛ての文はスンニャンの手により書き換えられ、ワン・ゴの元へ…
スンニャンは、急いでワン・ゴの屋敷へ戻った。
仲間がやられたと言い、密売がバレたと話し裏帳簿を急いで処分する必要があった為
ワン・ゴはスンニャンに裏帳簿を託した。

その裏帳簿はワン・ユの手に渡り、王様はその事実を知り世子のワン・ユに王座を譲ったのだ。
だが、密売したワン・ゴはその罪を問われずに…

その頃、スンニャンの父はヤン(スンニャン)が殺された事を知った。
それも十数年も前に…

そして、スンニャン達はならず者として捕えられてしまった。
スンニャン達は拷問を受けた、そして牢に入れられてしまった。
そこに長官がやって来た。そしてスンニャンに自分の犯した罪は何かと聞いた。
スンニャンは長官に盾ついたのだ。それを見た長官は、スンニャン達を解放した。

アジトに戻ると、スンニャンの子分が長官の部屋から盗んできた物をスンニャンに渡した。
スンニャンが中を確かめてみると…中には自分が持っているのと同じ指輪と「キ・ジャオ」と書かれた札が…
それを見てすぐに父だと分かった。そしてスンニャンは父の元へ…
兵士になる為に試験を受けに行ったのだ。見事合格したスンニョンは伝令に任命された。

最初の任務がやって来た、元の皇太子が流刑になりやってくる事になり、港から護衛すると言う任務だった。
だが、皇太子を暗殺しようという者達が動き出していた。
そして、ワン・ユはそれを阻止しようと密かに動き出した。

元の皇太子は、自分の暗殺を知り逃げる為軍服を着て外へ出た。
だが、見つかりそうになり目の前にあったテントに入る。
そこは、スンニョンのテントだったのだ。
皇太子はくしゃみをしてしまいスンニャンに見つかってしまった。