奇皇后」 

あらすじ 11話

スンニャンは皇后様から、これをパク・オジンに飲ませろと毒薬を見せられた。
この毒薬はお腹の子だけを殺す毒薬だという。
これを成功させれば、外で自由に暮らせる身分証を発行すると皇后様が言ったのだ。

皇后はスンニャンに毒薬を飲ませるよう指示したが、自分の目で確かめたいと
オジンとスンニャンを呼び、皇室の子を無事に産んでほしいからと
毎日一緒に菓子を食べながら話したいと言う皇后。そして、疑われてはと菓子は
お付きのスンニャンが用意することになった…だが、これは皇后がスンニャンが
きちんと指示通り動くか確認する為だった。

陛下を殺そうとした時、止めてくれたオジンへのお礼のお返しだった。
だが、ここからが問題だった。毒入りのお菓子は作らなくてはいけないし、
けれど、その菓子をジオンには食べさせられない。
スンニャンは手立てを考えた。まずは、皇后のお付きの者が見ていた為に毒入りの菓子を作り
毒を入れるのを確認したお付きの者が去った後にすぐに、毒なしの菓子を作った。
そして、その菓子を食べる所を皇后は自分の目で確認した。
だが、毒入りは松の実の乗った物だけだった…

その頃、パク内官はチュルクの敵将パトルの作戦を当て、信頼を得ていた。
敵将のパトルは女だったのだ。
だが、ぺガンは2日後にチュルクの退却後の寅の刻に襲撃すると言った。
この事をパン内官に伝えなければいけなかった。その日、パン内官とチョンバギはチュルクの一味と
一緒にワン・ユ等の所へとやって来た。
ワン・ユは襲撃の日をパン内官に伝える為に、たいまつの火を使った。
この暗号はパン内官に伝わった。

スンニャンは皇后様に呼ばれ部屋へ行った。そして、毒が溜まった頃に煎じ薬を飲ませ毒の効果を
上げろと指示を受け、皇后様の部屋を出た。
出た所を、タンギセに見られてしまった…スンニャンが自分達の力になるとは思えないタンギセは
同じ雑用係のヨンファを使い、同じ毒薬をオジンに飲ませるよう指示した。
ヨンファの望む女官の地位を使って…
ヨンファはオジンが食べたいと言った餃子に毒を仕込んだ。
そしてオジンの元へ…それを食べたオジンは何度も何度も用をたす。
その様子を見たトクマンは、昼にタンギセが後宮に居た事をスンニャンに話し
念の為に身の回りを用心しろと命令を受け、スンニャンはタンギセが毒を盛ったのかもと警戒した。

そして、ぺガン等は襲撃の日チュルクが退却したのを確認し、攻撃の準備を始めた。
寅の刻となった。ワン・ユ等は敵将パトルのアジトへと襲撃にやって来た。
そして、敵将パトルの居なくなったアジトにぺガンがパトルと同じ面を付け残りの兵を殺して行った。

オジンはつわりがひどくなり、皇后様の指示によりつわりを抑えるとして煎じ薬が煎じられた。
スンニャンとヨンファが煎じ薬を持ってオジンの元へ。
煎じ薬を飲んだのを確認したヨンファは笑みを浮かべた。それをスンニャンは見ていた。

そして、皇帝陛下の元にお付きの者が血相を変えてやって来た。
そして…スンニャンの消息が分かったと。ヤンとスンニャンは同一人物であると言う事が分かったのだ。
真実を知った皇帝陛下はスンニャンの元へ…

 

奇皇后」 

あらすじ 12話

皇帝陛下は、スンニャンがスンニャンである事を隠していたので、やはり気づいていないフリをすることにした。
そして、陛下は雑用係が粗末な昼食を食べているのを見て、スンニャンの為に豪華な食事を用意したが
スンニャンは食べに来なかった。それを見た陛下は、もう一度食事を作らせスンニャンだけを呼んだ。
だが、スンニャンはお腹が空いていないと言い口にしない…そんなスンニャンを見て陛下は怒り
席を立った。その様子を見たスンニャンは自分がスンニャンだと陛下に気付かれた事を悟った。

そして、襲撃の日が来た。ぺガン達は、ワン・ユの罠にはまった。
パン内官はパトルの信頼を得ていた為、ワン・ユの思いのままに動いてくれたのだ。

宮中では毎日、皇后のタナシルリと側室のオジンの茶会が続いていた。
オジンは毒が回っているという演技をし、皇后の目を騙した。
皇后様はスンニャンに「オジンの懐妊は陛下の気を引くための偽りだ」と密かに噂を流せと命じた。
そして、皇后様が、オジンがナツメの乗った菓子しか口にしていない事に気付いたのだ。
毒入りとそうでないのを区別するために、スンニャンがナツメと松の実を乗せ区別していたのだ。
スンニャンを疑いたくないからと明日からは、全てナツメにせよと命じられた。

スンニャンは、懐妊は偽りであると言う噂を流した。
その噂は、皇太后様の耳にも入った。
そして、皇后が皇太后様の所へ、この噂の件についてやってきたのだ。
皇后様は、具合の良くないオジンを呼び陛下と皇太后の前で再診させようとした。
だが、向かっている途中にオジンは倒れてしまった。

スンニャンが手を打っていたのに、タンギセの指示でヨンファが毒を盛りとどめの煎じ薬まで飲ませて
しまっていたのだ…

主治医が脈を診ると…皇后の思惑通りに子が流れてしまっていたのだ。
皇太后様は主治医に「この事は決して口外するな」と命じたが、主治医はヨンチョルの下についていたのだ…

そして、チュルクとの戦いでぺガンは生け捕りにされた。
ぺガンが生け捕りにされた事で、タプジャヘは退却命令をだしたのだ。
それを聞いたワン・ユは、タプジャヘ達が退却したら後に続くと命じた。

パン内官は、ワン・ユ等は退却していくだろうとパトルに話した。
すると、ワン・ユ達の軍の中に居た間者から、皆退却していったと情報が入った。
その為、パトルは兵を労う為の宴を開いたのだ。皆、酒を飲み酔いが回り始めた。
そして、ワン・ユ等は出撃の準備にかかった。
敵陣に居るパン内官に合図を送り、向こうからの合図を待った。
パン内官は、合図を聞き返した、が気づくと後ろには敵陣に囲まれていた。
気付かれてしまったパン内官は急いで門を開けた。
そして、門の前で待機していたワン・ユ率いる兵が続々と中へ。
ワン・ユはパン内官の案内で敵将のパトルのいる所へ。
そして、パトルの背後から近づき、首に刀をかざした。

宮中では、オジンの再診をと宦官達からの上奏が皇帝陛下の元にヨンチョルの手によって運ばれてきた。
陛下は、ヨンチョルに刃向う事が出来ずに判を押してしまった。

スンニャンは、再診を許可するよう伝えに陛下の所へとやって来た。
だが、陛下は「あざ笑いに来たのか。この為に裏切ったのかと聞きに来たのか」とスンニャンに言った。
スンニャンは、自分が高麗で陛下を助けたスンニャンである事がバレていた事を知った。

 

 

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP