奇皇后」 

あらすじ 15話

スンニャンを探す陛下に、コルタが「もう部屋に戻ったのでは」と言うと陛下は
急ぎ足で、スンニャンの部屋へと行った。

陛下が居なくなった事を確認し、王様はスンニャンに血書の事を話し出した。
その血書があれば、ヨンチョルの動きを止められ、高麗の王に復位できるのだ。
それを聞いたスンニャンは、手伝うと言ったが、王様はスンニャンを危ない目に
遭わせる訳にはいかないからと…それでも食い下がる事の無いスンニャンに
「お前に会いに来たのは間違いだった。この件には絶対に関わるな」と

ワン・ユは、上奏文を通してヨンチョルが激怒するようしむける事にした。
だが、まずはヨンチョルに上奏文を届けなければいけないが、それは至難の業だった。
するとパク内官が私にお任せくださいと言った。パク内官は協力者に心あたりがあったのだ。
それは、スンニャンだった、スンニャンから「ご用の時は顔にほくろを付けてください」と
スンニャンは、王様には内緒で手伝う事にしたのだ。

陛下は皇太后様の開いた食事会に来ていた。ワン・ユとの食事会に陛下は気が進まなかった。
良い所を見せようと詩を読むが、途中で分からなくなり詩の解説をと言われるが言葉を詰まらせた。
そして、ワン・ユはと言うと陛下とは比べものにならない詩を読んだ。
陛下かは早々に食事会の席を立った。
そこで、スンニャンは部屋の外で待っていたパク内官のほくろに気付いた。
そして、スンニャンはパク内官との約束の場所へ…パク内官の頼みは、上奏文を執務室に届け
ヨンチョルに読ませる事だった。バレてしまえば執務室に入った者は皆捕われてしまう。
失敗は許されない。

陛下とスンニャンは蹴鞠の対決することに。だが、勝敗は決まっていた。スンニャンが勝ったのだ。
陛下は負けた悔しさから早々に部屋へと戻って行った。
その途中に、尚宮がいきなり抱き着いてきた。そして後を追っていたトクマンが来た。
ノ尚宮は、トクマンに捕まらないよう逃げていたのだ。
そして、ノ尚宮はスンニャンの部屋に隠れていた。スンニャンの首を後ろから絞めたのだ。
その時、またトクマンの声が聞こえ、ノ尚宮は慌てて布団に潜り込んだ。
ノ尚宮は、ヨンファ達が連れて行った。スンニャンはトクマンに今の方は誰かと尋ねると
先帝の寵愛を受け尚宮になった者だった。先帝の死を受け入れられずにおかしくなったと…

パク内官との約束の日、スンニャンは書庫へ…だが、書庫に入る所をタンギセに見られていた。
タンギセも書庫に入って来た。何をしていると聞かれスンニャンは陛下に読む本を取りに来たと言い
パン内官に頼まれた上奏文も無事だった。

その頃、親衛隊長を殺した者を探し出す為に、ヨム・ビョンスが尋問をしていた。
だが、口を割らない二人。そして、そこにぺガンとタルタルがやって来た。
震えているヨム・ビョンス。ヨム・ビョンスは寒気がするから風邪だと言うが、タルタルが診察すると
ヨム・ビョンスは疫病にかかっていた…宮中から出ていないのに何故…
タルタルは、死んだ親衛隊長が原因であるとよんだ。
親衛隊長を捨てたのは、疫病の流行っている高麗村の井戸だったのだ…

ワン・ユは陛下に呼ばれ陛下の所へ…そして陛下に蹴鞠の勝負を申し込まれた。
そして、スンニャンは上手く上奏文をすり替える事に成功した。
その、上奏文が陛下の元へと運ばれて行った。
だが、陛下はワン・ユとの蹴鞠の勝負があった為にヨンチョルに早く済ませたいと…
それを聞いたヨンチョルは呆れて、上奏文の判は自分がやるからと陛下に蹴鞠の
勝負に行くように言った。そしてヨンチョルは陛下の椅子に座り上奏文を読み始めた。
そして、蹴鞠の勝負が始まった。

その頃ヨンチョルは最後の上奏文を開いていた。
ワン・ユが書いた上奏文だ。ヨンチョルは、その上奏文を見て怒りを露わにした。

 

 

奇皇后」 

あらすじ 16話

上奏文を見たヨンチョルは、この上奏文を持ち込んだ者を探し出した。
そして最初に、上奏を扱う宦官を捕え尋問した。
何も知らないと言う宦官達に白状するまで拷問しろとヨンチョルが指示した。
そして、タンギセ達はヨム・ビョンスから親衛隊長の死体は高麗村にあった事を
聞かされる。自分が親衛隊長の死体に触り高麗村ではやっている疫病にかかったと。

ヨンチョルは、先帝の死後に血書を書いていた事を知り、先帝に仕えていた宦官、女官
全て殺したと言う。たった一人を除いて…その一人は先帝の護衛をしていたチョクホだった。
槍の使い手で高麗の出身であった。
そこで、ぺガンはヨム・ビョンスから聞いた事を思い出した。
親衛隊長の死体は高麗村にあった事を…それを聞いた父のヨンチョルは
そして、高麗村に行き手がかりを探せと命令した。

スンニャンは、ワン・ユ達が滞在している所へ着替えを持って行った。
そして、パク内官と内密に会っていた。だが、二人が会っていた所をチョンバギに見られ
王様に知られてしまった。上奏文をヨンチョルに届けたのはスンニャンだった事を。
そして、王様はスンニャンに二度と会わないと言った…王様はスンニャンを巻き込みたくなかったのだ。
だから、スンニャンに冷たく、突き放したのだ。

タンギセ達は父の命令通り高麗村に来ていた。
そして、ここに自分達以外で訪ねてきた者は?の問いに村長は誰も…と
だが、ぺガンが村長に剣を突きつけた。それを見た村人が「高麗王の名乗る者が来ました」と
ワン・ユはヨンチョルに呼び出された。何故、高麗村に行ったのかと。
ワン・ユは廃位されたが、高麗村の民は自分の民だから放っておけなかったと。話し
ヨンチョルは、事件に巻き込まれているから高麗村には近づくなとワン・ユに言った。
ワン・ユはヨンチョルに呼び出された事で、もうひと押しだと悟った。

次の手立てを考えていたワン・ユにパン内官が一瞬にして文字が消える妖術はどうかと…
ワン・ユはその妖術の仕掛けを調べる事にした。

その頃、スンニャンは陛下の部屋で泥酔していた。
浮かない顔のスンニャンを見た陛下は、スンニャンを誘い酒を飲んでいたのだ。
泥酔したスンニャンは眠ってしまった。そんなスンニャンを陛下は自分の布団に寝かせた。
スンニャンは、寝言で「王様。王様。」とやはりスンニャンは自分ではなくワン・ユなのだと悟ったが。
陛下は、スンニャンは渡さないと…眠りながら泣いているスンニャンの涙をそっと拭った。
そして、陛下はスンニャンの隣で眠ってしまった。
先に目覚めたのはスンニャンだった。隣に寝ている陛下を見て驚き。
酔っていたせいで何も覚えていなかった。

チョンバギは妖術師の元へやってきた。入るなり妖術師の技を次々に見せつけられ
書いた文字に水を吹きかけると文字が消えると言う妖術も。
妖術師は墨に仕掛けがあると言った。チョンバギはその墨とにじまない墨を買い
金をやるから大都を出てくれと頼んだ。すると、その妖術師は喜んで承諾してくれた。

その墨を使い、ワン・ユは元の民が最恐れるもの天の呪いをかける事に。
何度も筆を変え書き上げた。そして、宮中や民の見る掲示板に貼り出された。
そして、雨が降り…「先帝の血所が現れればヨンチョルの三代は没落する」と言う文字だけが残った。
これを見たヨンチョルの怒りは頂点に達した。
ヨンチョルは陛下を大明殿に呼び出した。陛下の座る場所にヨンチョルは居た。
そして、陛下が大明殿へ入るとヨンチョルの私兵が陛下たちを囲んだ。
ヨンチョルは陛下に、生きる屍のように何もするなと…

 

 

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP