奇皇后」 

あらすじ 19話

陛下スンニャンの尋問場所に来たワン・ユは、タンギセに「解放せよと丞相の命令だ」と剣を突きつけた。
そして、タンギセを殴り気絶させスンニャンを運びだそうとした時だった。
陛下がやって来た。陛下はスンニャンを下ろせとワン・ユニ命令した。
だが、ワン・ユはスンニャンはもう女官ではなく自分の部下だと…丞相がそう命じたと。
陛下は、ヨンチョル丞相の元へスンニャンの件で訪ねた。
だが、ヨンチョルに「皇后様は私の娘ですよ」と言われ何も言えなくってしまた陛下。
そんな陛下を残しヨンチョルは去って行った。

そしてワン・ユとヨンチョルが手を組んだ事をぺガンとタルタルに報告した陛下。
ヨンチョルもワン・ユも両者、死んでほしいと思っている陛下は、何故ワン・ユがヨンチョルと
手を組んだのか、何をたくらんでいるのか探れと二人に命じた。

そして、意識を取り戻したスンニャンは、煎じ薬を持ってきたプルファに着る物を用意して欲しいと
言うスンニャン、昔のスンニャンに戻り王様にお仕えしようと。

その頃、ワン・ユ達は市場に来ていた。
そして、ネズミを捕獲した時の麻酔薬になる毒カエルを購入した。
だが、タルタルが見張っていて、購入した物がバレてしまう。
ワン・ユはその足でヨンチョルの屋敷へと足を運んだ。
スンニャンと引き換えにした、自分の秘策を話す為に。
ワン・ユはヨンチョルに「敵が何より望むものは」と尋ねた、

ヨンチョルは自分が死ぬことだと答え
その答えを聞いたワン・ユはヨンチョルに死んでくださいと言った。
ワン・ユの秘策とは、ヨンチョル丞相を死んだと見せかける事だった。

死んだ事により、ヨンチョルに仕えている者達が敵か味方か見極められると。
だが、ヨンチョルの息子達は危険だと言った。バレれば自分達は崩壊してしまうからだ。
ワン・ユは、用意した毒入りの果実酒をタンギセに飲むように言った。
これを飲めばどのように皆の目を欺くかが分かると。
そして、タンギセがその果実酒を飲むといきなり苦しみだし気を失った。
この毒で、脈と呼吸を弱らせ仮死状態にすると言うのだ。この毒は半日で意識が戻ると言う。

だが、ぺガンとタルタルにこの秘策がバレてしまっていた。
ぺガン達は陛下に報告に行った。それを聞いた陛下はその麻酔薬と本物の毒をすり替え
ヨンチョルを亡き者にしようと考えた。

スンニャンは、ノ尚宮の所へ行った。そこで、ノ尚宮がまた血書の在処を知っていると話し出した。
今度は「丸坊主の人が持っている」とそして、宦官だった事も分かりスンニャンは「チョクホでは?」と
尋ねると、やはりそうだった。血書を持っているのは先帝の護衛のチョクホだった。

とうとう、その時が来た。ヨンチョルは宮中にゲルを建てろと命じた。
緊急事態だと知らせる為に。そして、皆を集めるようにぺガンに指示した。
そして、その場にワン・ユも呼んだのだ。ヨンチョルはワン・ユの事も疑っていたのだ。
毒入りの酒がヨンチョルの元へ、毒見係が飲み安全だと確認した後にヨンチョルも口にした。
だが、この酒はぺガンとタルタルによってすり替えらえていた…毒が回るのには少し時間がかかった。
外で待っていたスンニャン達は毒見をした女官が血を吐いたのを目の当たりにした。
そして、スンニャンはこれは本物の毒だと気づいた。
同じころ、ヨンチョルも倒れた。口から血を流しながら。

 

奇皇后」 

あらすじ 20話

ヨンチョル丞相の酒の毒見役が死に、ヨンチョル丞相も解毒剤を飲ませるが全て吐いてしまい
どんどん弱まって行った。そして、タンギセは毒入りの酒を渡したワン・ユを捕えろとぺガンに命令した。

尋問室へと連れて来られたワン・ユの元へタンギセがやって来た。
タンギセはワン・ユに嫉妬していた。父から認められているのは子の自分ではなくワン・ユだったからだ。
タンギセは、ワン・ユに罪を着せ殺そうとした。その時だった、話を聞いていた皇后様が降りてきて
ワン・ユの解放をタンギセにお願いした。そして、犯人探しに力を貸してほしいと。

ワン・ユは皇后様にお願いしてヨンチョルに会いに行った。
皇后様によれば脈も弱く助からないだろうと…だが、ワン・ユは作戦通りに進めて欲しいと皇后様に話した。
死んだと分かれば、犯人が必ず動き出すと思ったからだ。
そして、ワン・ユは仏様の所へ行った。毎朝、皇太后様が祈祷に来るとスンニャンから聞いたからだ。
そこで、怪文書の首謀者は自分である事、高麗王への復位の為にヨンチョルと組んだことを話し。
ヨンチョルの様態が良くない為、皇太后様と手を組みたいと話した。
そして、ワン・ユと皇太后様は手を組んだ。二人は重臣に会いに…
パン将軍に、次の丞相になってほしいと皇太后様は話した。
そしてスンニャンは、王様の代わりに皇后様との約束の場所へ王様の伝言を伝えに来た。
丞相の座を狙って反乱が起きるから私兵を動かせと。そしてタンギセには待機しろと。

その晩、ワン・ユ達は皇太后様と復位の約束をし手を組んだ事でささやかながら酒を飲み祝福していた。
途中で席を立つスンニャンを追いかけワン・ユも出て行った。
王様はスンニャンに「高麗に戻ってもずっと見方で居てくれるか」と尋ねた。
スンニャンに町で買っていた簪を渡した。そして…「王妃になってくれるか」と…承諾なら髪にさせと。
明日まで待つと言い王様は皆の待つ部屋へ帰って行った。
スンニャンは、一人部屋へ戻り嬉しさがこみ上げてきた。だが、何故か陛下の顔が浮かんだ…
次の日、そわそわしながらスンニャンの部屋の前で待つ王様。出てきたスンニャンの頭には簪は無かった。

皇太后様の所のぺガンとタルタルがやって来た。パン将軍がヨンチョル一族を討つと聞いて。
そして、自分達にも手伝わせ欲しいと。ヨンチョルを殺したのは自分達だと。
だが、皇太后様は陛下を裏で操ったと怒りを露わにした。
ぺガン達が外に出たとき、ワン・ユが待っていた。そして二人に機会をやろうと引き入れたのだ。

そして、その事をスンニャン達に話した。
すると、スンニャンの頭には昨夜あげた簪が刺さっていた。
その晩、スンニャンの部屋に王様が尋ねてきた。
そして、スンニャンの事を何もしらないと…何故男のフリをしていたのかと…
スンニャンは、15年前の事を覚えているか王様に尋ねた。
王様は、全て覚えていた。幼い娘と母親が鞭で打たれているを見て気の毒に思い逃がした事。
だが自分の愚かな行動により沢山の貢女達が殺された事、その母と娘も殺されてしまった事…
涙を流しながら話す王様にスンニャンは、「死んでいません。その時の娘は私です」と…
王様が目を覚ますと隣にはスンニャンが居た。
そして今晩、作戦が実行される。だが、ヨンチョル丞相はついに息を引き取ってしまった。

スンニャンが、皇后様の屋敷の近くを通った時、皇后様の尚宮が、お茶を持って目の前を通って行った。
嗅いだ事のある匂い。それは、毎朝ヨンチョル丞相にスンニャンが入れていたお茶の匂いだった。
その時、トクマンが来た。そして、甘豆草の効能を聞き、皇后様も召し上がるか聞くと、皇后様は豆を召し上がると
じんましんがでると…そして、トクマンとスンニャンはヨンチョル丞相が生きていると読んだ。

それは、事実だった。目を覚ましたヨンチョルがタンギセに自分は死んだ事にしろと命令したのだ。
スンニャンが急ぎ王様の所へ向かう途中、陛下に会った。そしてヨンチョルが生きている事を話し
急いで皇后様の所にと…陛下はスンニャンに言われ皇后の部屋へ。
慌てる尚宮、そして転寝をしていたと言う皇后、部屋に入りヨンチョルの痕跡を探した。
やはり、ヨンチョルは生きていた。
戦いが始まろうとした時だった。スンニャンが来た、そして矢を放った。
そして、目で王様に訴えた。その眼を見て王様はヨンチョルが生きている事を悟った。

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!