奇皇后」 

あらすじ 21話

ぺガンとタルタルもヨンチョル丞相が生きている事を悟り計画を変更した。
パン将軍を逆賊として始末したのだ。
そして、兵が潜んでいたのだ。タンギセの罠だと知った。

ヨンチョルの周りには今誰もいないと分かった陛下は、ヨンチョルを始末する為に
刺客を送った。ヨンチョルに、逆賊を鎮圧したと伝えに来たヨム・ビョンスも巻き添えをいらい刺された。
陛下がスンニャンに丞相の最期を一緒に見ないかと…自分がとどめを刺すと言った。
だが、スンニャンは反乱は失敗し、これはタンギセの罠だと陛下に話した。
陛下は急いでヨンチョルがいる所へ向かい、自分は無関係を見せかける為に残った刺客を護衛に殺させた。
そして、黒幕を吐かない者達を次々殺して行った。
残った逆賊数名が陛下の前に連れて来られた。ヨンチョル丞相も隣に座り…
最後の一人になった時だった、皇太后様が首謀者であると言った者が居た。
その者のせいで皇太后は皆の前に連れて行かれた。
ヨンチョルに言われるがままに、陛下は皇太后様を廃位し寺に送る事にした。
だが、これも皇太后様の考えであった。陛下はまた、ヨンチョルの操り人形となる事。
そして、ワン・ユ、ぺガン、タルタルにもヨンチョルに対抗できる勢力をつけろと
自分が戻った時に、ヨンチョル一族を追放できるようにと…

皇太后様が廃位となった今、後宮の長は皇后のタナシルリとなった。
今回の功績で、ぺガンは行商の長となり、ヨム・ビョンスは親衛隊長になった。
ワン・ユは、高麗王の復位は叶わなかったが、一度高麗に帰れることになった。

残ったスンニャンは、タンギセ達よりも先に血書を見つけようと、高麗村へ。
パン内官が村長と話している間にスンニャンは村長の部屋へ忍び込んだ。
そこで赤虎【チョクホ】の印がある槍を見つけた。確認の為、また夜に高麗村へ来ることに。
やはり、村長は先帝の護衛のチョクホだった。そして、血書の在処を聞き出そうという時に
外から村長を呼ぶ声が聞こえてきた。ヨム・ビョンスだった。

タンギセ等と一緒に。村長は、一瞬にしてタンギセの兵に囲まれてしまう。
部屋の中にないと分かったタンギセは、宮中に連れ帰る事に。
そこで尋問を行った。スンニャン達は、様子を伺っていた。
そして今夜、親衛隊の手薄な時間にチョクホを助け出すことにした。
パン内官・パク副長・スンニャンの3人で。

その頃、皇后の体に異変が起きていた。懐妊の兆候だった。
宮中では皇后の懐妊の噂が立ち始めた。その事は廃位となった皇太后様の耳にも入った。
懐妊できないように手を打った皇太后様は驚き、そんな事は無いと…

そして、スンニャン達は動き出した。チョクホを助け出し、チョクホしかしらない秘密の抜け道を使い。
途中、追っ手が来てしまい二手に分かれる事になりスンニャンはチョクホと共に。
だが、タンギセに見つかってしまう。スンニャンはタンギセと戦い足を負傷した。
それを見たチョクホはスンニャンを先に逃がした。すぐにチョクホもスンニャンの後を追った。
スンニャンがたどり着いたのは陛下の宮殿だった。
タンギセに追われ足を負傷したスンニャンを陛下は自分の部屋にかくまった。
そこは、お風呂だった。陛下は自分が風呂に浸かり、スンニャンを湯の中へ。
タンギセが風呂場に入って来た。だが、スンニャンが居ない事を確認しても中々出て行かないタンギセ。
スンニャンの息はしだいに苦しくなる。
その時だった、ヨム・ビョンスがスンニャンの血痕を発見したと言いタンギセは出て行った。
タンギセが去り、陛下はすぐに引き上げるがスンニャンは気を失っていた。

 

奇皇后」 

あらすじ 22話

タンギセが去り、陛下はすぐにスンニャンを湯から引き揚げた。
そして、トクマンがスンニャンの脈を診た…脈を診たトクマンの顔が変わった。
陛下は安全な場所へ掖庭宮にスンニャンをかくまった。一人では心細いだろうとノ尚宮も一緒に。

その頃、ヨンチョルはタンギセに獣の血を持ってこさせ、先帝の血書の偽物を作り上げていた。
本物を誰も目にしていないからバレないだろうと…だが、大事な先帝と陛下のしるしを忘れて。

スンニャンの体調に変化が起きていた。すっぱいミカンを美味しいと食べるスンニャン。
その姿を見たノ尚宮は、懐妊したに間違いないと言った。

そこにトクマンがスンニャンの服と薬を持ってやって来た。
スンニャンはトクマンに本当の事を教えて欲しいと言った。
すると、やはりスンニャンは懐妊していたのだ。王様の子を。

スンニャンの事が気になる陛下はコルタの案で、オジンの部屋のから裏を通り、
スンニャンの居る場所へといく事にした。
オジンの部屋に行く途中に、皇后と会う。オジンの部屋へ行くと分かった皇后は
自分も子を身ごもっている、今後は側室のオジンの所へは行くなと…
陛下は仕方なく諦めた。オジンの子は男の子だった。
それを知った皇后は自分の子がどっちなのかを知る為に主治医を呼んだ。
男の子を産まなければ、宮中にはいられないのだ。

だが、主治医を診察で明らかになったのは、懐妊ではなかった…皇后が、あまりに
強く子を望んでいた為の想像妊娠だったのだ。主治医は続けて、皇后様は子を
身ごもれない体だと話した。それを聞いた皇后様は気を失ってしまった。

そして、スンニャンにはいい知らせが。
オジンが出産の為に実家へと帰るとき、密かにスンニャンを外へと連れ出してくれると
あと4ヶ月の辛抱だった。

その頃、ワン・ユは高麗に着いた。
そこで、今まで元は偽の交鈔(元のお金)で高麗と取引していた事が分かった。
元の役人と手を組んでいた者が居たのだ。

ワン・ユ達は元の役人に会う為にある作戦にでた。元の役人が居る妓楼で交鈔を
3倍で買う者が居ると話してもらった。
元の役人は、その話に食いついてきた。だが、今回は偽物の交鈔ではなく本物だった。
ワン・ユはそのうち偽物を出すと見て交渉を続けた。
ワン・ユはスンニャンに手紙を書いたが、その手紙はスンニャンには届かず…タンギセの手に。

そして、スンニャンが宮殿から出れる日が決まった。
その頃、ワン・ユ達にも進展があった。交渉を2万枚売りたいと連絡が入ったのだ。
今回の交鈔はやはり偽物だった。元の役人たちを捕え偽物の製造先を聞き出した。
そこはぺガンの赴任先と同じだった。

スンニャンが宮殿を出る日が来た。スンニャンはオジンの輿に一緒に乗り込んだ。
誰にも見つかることなく、宮殿を出て途中でオジンが輿を止めた。
だが…仲間達と別れの挨拶をしスンニャンが歩き始めた頃。
山賊が襲撃してきたのだ。そしてスンニャンは身重な体で山賊達を次々に倒していく。
だが、スンニャンを守ろうとしたノ尚宮はスンニャンの目の前で息絶え、オジンも目の前で殺された。
逃げるスンニャンを山賊は追って来た。その時だった、パン内官とパク副長が来た。
そして、ヨム・ビョンスも…パン内官はスンニャンと逃げ、パク副長はヨム・ビョンスを止める為残った。
だが、パク副長はヨム・ビョンスの剣で倒れた。

そして、パン内官は兵を引きつける為一人おとりになり、スンニャンは一人洞窟へ。
そこで、スンニャンは産気づいてしまう。

 

 

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP