奇皇后」 

あらすじ 23話

スンニャンは、隠れる為に入った洞窟の中で出産した。

そして、ワン・ユは元からの連絡が途絶えている事が気にかかりチョンバギを元へと帰らせた。
その頃、パン内官はパク・プルファを残して行った場所へと戻っていた。
倒れているプルファ、パン内官は生存の確認をした。プルファはまだ生きていたのだ。

スンニャンは、生まれた子の足に星の形のほくろがあった事から王様が
名づけてくれるまでの間ピョル(星)と呼ぶことにした。

だが、ヨム・ビョンスに見つかってしまった。逃げた先は崖だった。
すぐにヨム・ビョンスに追いつかれてしまう。我が子を守る為戦った。
だが、崖から落ちそうになった兵が後ろに背負っていた我が子にしがみついたのだ。
スンニャンは、我が子を守ろうと隙を突かれヨム・ビョンスの矢によりスンニャンと子も崖から落ちた。
その様子を陰で見ていたチョクホはヨム・ビョンス達が去った後にスンニャンを探した。
スンニャンはかろうじて途中の岩場にとどまっていた。

一人生き延びた雑用係が宮殿へ戻った。そして陛下に山賊によりオジンが殺された事を話し
スンニャンは一緒に居たから無事だと…
そして、パン内官はスンニャンを探し回っていた時だった。
トクマンがスンニャンを探しに来たのだ。パン内官は、皇后様の差し金だとトクマンに話した。

意識を戻したスンニャンは子を探しに出た。だが見つからなかった…
そして、陛下の元にトクマンが戻った。陛下に伝えられたのはヤンが死んだと言うことだけだった…

皇后様は、まだ懐妊できる体にする治療を続けていた。
だが、どんなに腕のいい医者が治療しても子は望めぬと…皇后は尚宮にどこかで赤子を盗んで
くるよう言ったのだ。なんとしても皇后の座に居座る為に。
そんな時だった、赤子の泣く声が聞こえてきた。寺の者が赤子を抱いていた。
それを見た皇后様は自分が面倒を見たいと…そして尚宮には寺の者を殺し、自分がこの子の
母親になると言ったのだ。赤子の足には3つのほくろが…

その頃、スンニャンとチョクホは山中を歩いていた。前から馬に乗った者が近づいて来た為、隠れた。
チョクホは、メバクの商人だと言った。見つかったら大変だからと逃げようとした時だった、後ろから
麻酔薬を嗅がされ二人は気を失い連れて行かれてしまった。
二人が連れて来られたのは、ヨンチョル丞相の屋敷だった。

そして、宮殿では皇后さまの出産が始まった。身ごもってもいない皇后。
盗んだ赤子を我が子と偽り、父や兄達に会わせたのだ。

その頃、高麗に居るワン・ユらは、交鈔の偽造の件がまだ片付いていなく調査していた。
だが、その黒幕は元と手を組んだ、かつてチュルクの戦いで出会ったパトルだったのだ。
まだ、気づいていないワン・ユ…そして、ワン・ユの元にパン内官が来た。
チョンバギが元に向かう途中にパン内官に会い連れてきたのだった。
パン内官の口から、スンニャンは死んだと聞かされた。そして、皇后の仕業である事も。

そして、スンニャンは牢の中でノ尚宮から預かった鏡から出ている布きれに気付いた。
中を確認すると探していた先帝の残した血書だったのだ。

 

奇皇后」 

あらすじ 24話

ノ尚宮の鏡から見つけた先帝の血書。
隣にいたチョクホに見せたると、チョクホの顔色が変わった。やはり本物の先帝の血書だった。
陛下は、オジンの死とスンニャンの死…心に病をかかえ話せなくなってしまっていた。
そして、ワン・ユの元にはヨンチョルの姪と縁談の話が入って来た。

ヨンチョルは長官らに孫のお披露目として宴会を開いた。
そして、一人の長官が陛下に側室を迎えてはと提案したのだ。
側室を選ぶのは、皇太后様の役目の為、長官達は口をそろえて
皇太后様を寺から戻ってきてもらってはどうかと提案した。
何も言えなくなってしまったヨンチョルは、皇太后様を呼び戻し側室を選ぶことにした。

そして、ワン・ユはヨンチョルの姪との婚礼を承諾した。ヨンチョル一族を倒す為に。

スンニャンとチョクホは元の町を縄で繋がれ連行されていた。
その時だった、ぺガンとタルタルの姿が。ぺガンはメバクの商人フクスに
今すぐスンニャンを解放しろと言うが規律だから無理だと言われた。
欲しければ競売に参加しろと…
ぺガンはスンニャンを助ける為に競売に参加することにした。
そして、ものすごい金額でぺガンはスンニャンを落札した。

スンニャンがぺガンにお礼の挨拶に来た時、急にタンギセがぺガンの元にやって来た。
スニャンが生きている事知らないタンギセに見つかってはいけないと部屋の片隅に隠れた。
そこで、陛下の声が失われた事、そしてワン・ユがヨンチョルの姪と婚姻する事、
陛下の側室を決める事を知ったスンニャン。

部屋に戻ったスンニャンは、仲間達から預かった手紙を読み仲間達の為に決意した。
ぺガンの元へ行き、自分を側室候補にしてほしいと頼んだのだ。ヨンチョル一族を倒す為に。
だが、タルタルはスンニャンを側室候補として自分達の所から出すのは…と
万が一の時、スンニャンだけでなく自分達の一族も滅びる事になる。
そんなタルタルをよそに、ぺガンは側室になる為の勉強をスンニャンに教え込んでいった。
側室の勉強を始めたスンニャンは次々に課題をクリアしていった。
タルタルも次第にスンニャンを認め始め、ついに自分の出す課題をこなすスンニャンを認めた。
そして、タルタルはスンニャンを送り出したのだ。
その頃、ワン・ユとヨンチョルの姪の結婚式が始まっていた。

先に集まった側室達の所へ皇后様がやって来た。
皆、嫌な噂を聞いていた為、皇后にビクビクしていた。
そして、皇后の用意したお茶を飲むことが出来なかった側室候補たち。
それを見た皇后様は怒って出て行った。
だが、皇后は側室達が陛下の子を懐妊できないようにお茶に薬を仕込んでいたのだ。

他の側室候補に贈れ、スンニャンも宮殿に入った。
そこには、皇太后様とトクマンが居た。スンニャンを見たトクマンは驚きを隠せなかった。

そして、側室候補が陛下の前へと…気乗りしない陛下だったが顔を上げた。
陛下は驚いた。側室候補の中にスンニャンの姿があったのだ。
そして、出なかった声がかすかだが出るようになった。