奇皇后」 

あらすじ 25話

ワン・ユは結婚式が終わると、再び動き出した。
偽の交鈔を作っている者を捕える為に。

宮殿では側室候補が次々陛下の前へ。顔を上げた陛下がスンニャンの姿を捕えた。
すると、かすかだが声が出るように。だが次の瞬間だった。
皇后が側室選びに自分も参加すると入ってきたのだ。
皇后は側室選びには参加できないという決まりがあるにも関わらず公正を期す為にと…
圧力をかけるかのように、「父がもうします」と…皇太后様はどうしようもなく許可した。
そして、陛下の声はまたでなくなってしまった。

側室候補達は一度部屋へと案内された、その時トクマンが「何故戻って来た」とスンニャンに
怒ったのだ。だが、スンニャンは殺された仲間達の為だとトクマンを説得した。

陛下は部屋に戻るなり、コルタにスンニャンの部屋が何処か調べろと言った。
声は出るようになっていたのだ。だが、皆には伏せろとコルタに命令した。
そして、スンニャンと再会した陛下は、スンニャンに抱き着いた。
スンニャンは「離れてください」と言い、自分が戻った理由はヨンチョル一族を滅ぼす為だと。

その頃、ワン・ユは偽の交鈔を売っているホンが現れる妓楼に来ていた。
ホンが妓楼をでたとチョンバギの報告を受けたワン・ユは待ち伏せをしホンの前へと出て行った。
そして、交渉の製造場所を聞き出そうとしたが言わないホンの首を切り殺した。

スンニャンは、高麗出身の貢女だったと言う事だけで、他の側室から色々と言われていた。
その時、皇后様が来た。そこで、スンニャンが居る事に気付いた皇后様は、何故居るのかと
スンニャンに尋ねたとき、皇太后様がやってきてぺガンの推薦だと話した。
納得のいかない皇后様だったが、側室を選ぶための試験が始まった。
そこでもまた、皇后様が入り込んでくる。一次審査の人相を見る試験で人相師が来なかったのだ。
皇后様が絵師を呼んだのだ。またも、皇太后様が選んだ者に人相を見てもらうのは
不平と誤解を招くのを避ける為にと…。
だが、皇后様の思惑通りにはいかなかった。スンニャンは一次試験に合格したのだ。
スンニャンがあらかじめ皇后様の思惑通りにならないように策を練っていたからだった。
陛下にも、スンニャンが一次試験を通過したことが知らされた。

その頃、ワン・ユ達はまた妓楼に来ていた。
そこでワン・ユの護衛のチェ・ムソンが、メバクに侵入すると言った。

宮殿では二次試験の問題が出された。二次試験では宮殿で最も大事な食べ物を作ると言う事だった。
そこでも、皇后の邪魔が入った。遅れを取ったスンニャンは、厨房に入れなくなっていたのだ。
皇后様の手下になったヨンファのせいで。
厨房に入ろうとするが、どこも鍵が掛かっていて入れなかった。
他の側室達は料理が出来、次々に厨房を出て行った。
皆が出た厨房に入ったスンニャンは食材が何一つ残っていない事で危機だった。

時間になり、皇后様はトクマンに終わりの合図をと…そしてトクマンが終わりの合図をしようとした時だった。
スンニャンが料理を持って試験会場に入って来た。
スンニャンの用意した物は塩だった。だが、この塩で、皇后様の怒りを買いスンニャンは不合格だった。
そして、三次試験は超難問だった。皇太后様が関与出来ないように手立てを立てたのだ。

タンギセが高麗から戻った。そして、スンニャンが側室候補として宮殿に来た事を聞かされる。
ぺガンの行省からという事も…

そして、三次試験でこの難問に合格したのは、たった一人…スンニャンだけだった。
そして、試験の合格発表が行われた。合格者を知るのは陛下だけ。
不合格の者には褒美の入った袋で、合格した者には花が贈られる。
スンニャン以外の候補達は皆、褒美の袋だった。

 

奇皇后」 

あらすじ 26話

スン側室になる為の試験に合格したのは、スンニャンただ一人だった。
そして、陛下からスンニャンは花束を受け取った。

だが、合格したのはスンニャンだけだったが、ヨンチョルは皇后に側室を
増やせと…行省の長官の娘たちを側室にすれば、陛下を王座から降ろし、孫のマハを
皇帝にし、タナシルリは国の統治者になれると言う。

そして、スンニャンの他に4人の側室が選ばれた。
「雲南行省のオ・ソルファ」「嶺北行省のプ・ウヒ」「陝西行省のチョク・モラン」「四川行省のソル・ミラン」
スンニャンが側室に選ばれた事はぺガンの耳にも入った。

その頃、ワン・ユは、ヨンビス(パトル)と再会していた。
そこは、ワン・ユ達が偽の交鈔の製造者探しで訪れていた妓楼だった。
ワン・ユは商団を作りたいから力を貸してくれとヨンビスに言った。
ヨンビスは、ワン・ユ達を見張るよう自分の護衛に命令した。

フクスの手下になったムソンから偽の交鈔の取引の日時や時間の知らせが来た。
ワン・ユ等は、約束の場所へ行き取引相手が現れたのを確認し、合図の火矢を放った。
そして、偽の交鈔である事を確認し持ってきた者達を皆殺しにした。

宮殿では、定められた床入りの日だった。
そして、陛下が選んだ側室はスンニャンだった。
スンニャンの元に、トクマンに連れられてパク副長が来た。
そして、パク副長がスンニャンに使える宦官になった。
夜になり、スンニャンは陛下の寝所へ…そこでヨンチョルの策略を聞く事になる。
側室を取ったのは長官らの娘を人質にし、孫のマハを皇帝陛下へとする為に。
譲位に反対させない為だった。
それを聞いたスンニャンは、先帝の残した血書を陛下に渡した。
そして、文字の読み書きの出来ない陛下に、文字を勉強してくださいと…
文字が見えれば人が集まり人が集まればヨンチョルを倒す術が見つかるからだ。
スンニャンは、「最後まで、私がお手伝いします」と言った。

スンニャンが陛下と床入りした事を知った皇后様は、怒り皇后様の陰湿ないじめが始まった。
側室全員にだった。薬入りの洗顔の水…スンニャン以外の側室の顔がただれていた。
スンニャンは、タルタルから後宮での潰し合いによく使われる事を色々教えてくれていたのだ。

そして、朝礼殿に行く支度を…とスンニャンのお世話係達がいつもより華やかにスンニャンを着飾った。
今日は、皇后様の母の命日だった。これも、皇后様の罠だった。
そして、スンニャンは皇后様のムチ打ちの刑を食らうことに…スンニャンは耐えた。背中が血だらけになっても。
スンニャンを心配して来た陛下は、スンニャンの何の力にもなれないと…だが、スンニャンは
「明日、朝礼殿にきてください」と言った。皇后様に仕返しする為に。

スンニャンは、お世話係の3人を呼び出し誰の指示か聞きだした。そして、その3人には皇后様の前で
誰の指示でスンニャンを着飾ったのか話させた。
陛下の前では、皇后様も強くは出れない。それを利用したのだ。

その頃、メバク商団に潜入していたチェ・ムソンは、裏帳簿を盗みワン・ユの元へ…
だが、それは罠だったのだ。そして、チェ・ムソンが偽の裏帳簿を持って行ったのがフクスにバレていた。

そして、毎朝の朝礼殿で皇后様が、側室の為にと緊張を和らげる煎じ薬を持ってやってきた。
だが、スンニャンだけはその薬に口を付けなかった。