奇皇后」 

あらすじ 29話

朝礼殿での煎じ薬を飲み倒れたスンニャン。
すぐに医官の所へ運ばれた。

スンニャンが毒を飲み倒れた事は陛下にも伝えられた。
陛下がスンニャンの所へ行こうとした時…トクマンが陛下の元へ。
スンニャンが自分で毒を飲んだ事が告げられた。
そして、スンニャンの飲んだ煎じ薬の菓子のナツメが調べられた。
ナツメに毒が盛られていたのだ。
皇后は、犯人を捕らえる為に宦官・女官を使い調べ、犯人を捜すと言った。

そして、ワン・ユの部屋に忍び込んだヨンビスは、ワン・ユにバレてしまった。
物音に気付いたパン内官がワン・ユの部屋に来た。そして、ヨンビスを捕えた。
ヨンビスの護衛は、ヨンビスが消えた事をフクスに伝え、フクスは人質になったと悟った。
パン内官は変装し、競売でチョクホを買った夫人の家へ。そして、チョクホを夫人から買い取った。

その頃宮殿では、皇后様が毒を盛った犯人探しが始まっていた。
側室達・医官・側室付きの女官達は全員調べられた。
なかなか口を割らない為、ヨム・ビョンスはヨン尚宮と一緒に嘘をでっち上げようとしていた。
皇后様は、皇太后様の部屋まで捜索したのだ。
その様子をこっそり見ていたスンニャン。皇太后様の部屋から何も出なかったが捨て台詞に
「女官と医官を尋問していますので、じきに何か出るでしょう」と。
それを聞いたスンニャンは、まだ探していない部屋があると言った。皇后様の部屋だ。
スンニャンは、皇后様が皇太后様に言った事をそっくりそのまま言い返すした。
「全ては皇后様の為。疑念はきれいに晴らさねば憂いが残りますから」と…
そして、皇太后様は皇后の部屋の捜索をスンニャンに命じた。

ヨン尚宮も皇后様の部屋の捜索に参加していた。ヨン尚宮の持った箱をスンニャンが
見せろと言い受け取った。その箱はメバク商団からと言ってスンニャンが用意させた箱だった。
皇后様は、その箱を返せと手をかけた時だった。
箱の中から、探していたナツメが大量に出てきた。皇后様は、自分は知らないと言い
スンニャンは皇后様に見つかったナツメを食べるよう勧めた。
だが、口にしない皇后様に代わりソ尚宮がナツメを食べた。
最初は何の変化もなかったが、急にソ尚宮が苦しみだした。食べたのは毒入りのナツメだった。

その頃、ヨンチョル丞相は長官達と食事をしていた。その時、ヨム・ビョンスが血相を変えて来た。
そして、毒を盛った犯人が見つかったと報告した。その犯人が皇后様であった事を…
フクスの送った箱の中にナツメが入っていた事から、ヨンチョルはフクスを捕えろと命じた。
タルタルはヨンチョルの命令によりフクスを捕えに向かった。
ワン・ユは、メバク商団の裏帳簿を奪いに向かった。そして、見つけた帳簿は暗号化されていた。

そして、集まった長官らは皇后様の廃位を陛下にお願いした。
その時だった、親衛隊を連れヨンチョルが現れたのだ。
ヨンチョルは自分の娘に罰として、冷宮に送ると言った。
そして、皇太后様は皇后のすべての印章を預かると…それが嫌なら廃位すると言われたヨンチョルは…

その頃、ワン・ユはタルタルにスンニャンの居場所を聞いていた。
そして、スンニャンは宮中に居て側室になったと…
それを聞いたワン・ユは皇帝に売り渡したのかと怒鳴った。
だが、タルタルの答えは…スンニャンが自ら望み願い出て側室になったと言う事だった。
真実を聞いたワン・ユは馬を走らせた…

 

奇皇后」 

あらすじ 30話

ワン・ユとタルタルはフクスと共にヨンビスも捕えヨンチョルの元へ向かっていた。
途中休憩を取り、タルタルはヨンビスとフクスを自分の前に連れて来させ、フクスを
ヨンチョルに合せたら自分達の命が危ないと口を封じる為にフクスをその場で殺した。
タルタルは次にヨンビスも殺そうとしたが、ワン・ユは自分の捕虜だからとタルタルを止めた。

宮殿では、皇后様の冷宮に行く準備が進められ、皇太后様は皇后の印章を預かり、
息子のマハは置いて行くようにと言いトクマンがマハを連れて行った。

スンニャンは、陛下の文字の勉強を続けていた。
その時、皇太后様が陛下の部屋にやって来た。
片付けようとする陛下に、スンニャンはもう隠さなくていいと言い、皇太后様に陛下が文字の
勉強をしている事を知らせたのだ。そして、声が出る事も…
だが、陛下が回復した事は内密にしてほしいと頼んだ。
ヨンチョル丞相が譲位を計略していたからだ。

スンニャンの元にパン内官が尋ねてきた。王様に会って欲しいと。
だが、スンニャンはパン内官に冷たく…規律を守るように接した。
もう自分は元の皇帝陛下の側室であるからだ。復讐の為に選んだ道だからだ。
ワン・ユはスンニャンに言われた通りに陛下に挨拶に来た。
そして、スンニャンからワン・ユの二人で話をさせて欲しいと頼んだ。

二人は、お互いの気持ちを封じ、お互いの道を進むと誓った。
王様が部屋を出た後、スンニャンは静かに涙を流した。

陛下は、スンニャンとワン・ユが二人で話している事でソワソワし勉強もはかどらなかった。
その時だった、ヨンチョルが陛下の部屋にやって来たのだ。
慌てて、勉強の道具を片付けた。そして、酒を飲み酔っているフリをしたのだ。
そんな陛下にヨンチョル丞相は「お連れしたいところがあります」とそれを聞いた陛下は悟った。

陛下の読みは当たっていた。マハに譲位すると言う文章に判を押す事だった。
陛下の周りにはヨンチョル丞相の一味ばかり、陛下は何も出来ずに判を押してしまった。
部屋に戻ると、心配した皇太后様とスンニャンが居た。

譲位の紙に判を押したことが分かり、スンニャンはぺガンなら行省の長官達の意向を確かめる術を
知っていると話した。そして、陛下はぺガンに会いに行った。
ぺガンは陛下が譲位はしないと言い長官ら全員が支持すれば防げると話した。

捕われたヨンビスはワン・ユに会わせろと言った。そして、裏帳簿の暗号を解いてやると。
ただし条件付きだった。自分を殺して欲しいと。そして骨を故郷に埋めて欲しいと言った。
それを聞いたワン・ユは暗号は解かなくていいと言った。ヨンビスを殺す気はないからだ。

宮殿では、側室達の父親を味方にしようと皇太后様が長官らを招き晩餐会を開くことにした。
だが、長官らはヨンチョルにも誘われていた。
そこで、ぺガンはヨンチョル丞相が譲位を画策していると話した。
娘を側室にした長官らにはありえない話で、晩餐会に出席してくれる事になった。
だが、約束した長官らは誰一人来なかったのだ…皆、ヨンチョル丞相の屋敷に来ていた。
何故なら、譲位が行われ皇子が即位した暁には自分達がヨンチョルにした借金を帳消しにしてくれると
約束したからだった。長官らは娘よりも金を取ったのだ。

ワン・ユの元に解読を終えた帳簿をチョクホが持ってきた。
だが、中身を見るとメバク商団の帳簿ではなかった。その帳簿は、各行省に潜むメバクの間者の名簿だった。
ワン・ユはこれがあれば譲位を阻止できると言った。そして、その名簿をタルタルに密かに渡したのだ。
タルタルはその帳簿を陛下に渡し、長官らを呼び出した。