奇皇后」 

あらすじ 31話

陛下の元へやって来た、長官らは陛下が声が出る事にビックリしていた。
そして、陛下は力を借りたいと長官らに話すが、長官らは丞相から陛下を守る為に
譲位を…と言った。そこで、陛下はヨンチョル丞相の資金源にについて話し出した。
メバク商団が偽の交鈔を使っている事。丞相の資金源はメバク商団であり、
長官らの行省にはメバクの間者が潜んでいる事を。
それを聞いた長官らは、全ての話が初耳でビックリしていた。
長官らは、間者を知りたいと陛下に言ったが、陛下は自分の為に何ができると長官らに聞いた。

ぺガンは、タルタルにクリスタルタイまでに時間がないので近くの行省だけでいいと間者を捕えるよう指示した。
そして、ヨンチョルは不測の事態の為にと兵の訓練を開始していた。

そして、長官らも自分の手玉に取り安心しきっているヨンチョルの元にメバクの頭から書状が届いた。
その書状にはフクスを殺したのはヨンチョルだと誤解している内容と間者が捕えられたと書かれていた。
書状を見たヨンチョルは、タルタルがフクスを殺し、間者を捕えたと悟った。

ワン・ユはヨンビスの護衛が持っていた、ヨンチョルからメバクの頭宛の書状を読んだ。
そこには、間者を捕えたタルタルを殺せと書いてあった。
ワン・ユは、それを阻止する為にヨンビスと作戦を立てていた。

ヨム・ビョンスの元にヨン尚宮が来た。皇后様が皇子に会いたいと言っているから、一緒に冷宮まで
付いてきて欲しいと…そして、その晩、ヨム尚宮は皇子を皇后様のいる、冷宮に連れて行った。

クリルタイの日。長官らはヨンチョル丞相の元へやってきた。
そして、タルタルは間者を連れて戻って来た。だが、兵も町民も誰一人いなかった。
門を通過したとき、門が閉まったのだ。そして、兵に囲まれた。「逆賊を殺せと丞相の命令だ」と。
その時だった、ワン・ユが仲間を連れてやって来た。

その頃、ヨンチョル丞相の元、クリルタイが始まろうとしていた。
長官らはまだ来ていない陛下をお待ちしてはと言ったが、丞相は陛下の判が押してある
詔書を見せ「譲位は済んでいる」と話した。その時だった、陛下がやって来た。
そして、陛下は「譲位の詔書は皇帝が発表するもの」と口に出した。
ヨンチョル達は驚いた。陛下は未だ声が出ないと思っていたからだ。
更に、陛下は文字の読み書きが出来ないと知っていたヨンチョルや長官らをもっと驚かせた。
ヨンチョルが書いた詔書を読み上げ始めたのだ。
そして、自分の意志ではないと言い陛下は撤回すると皆の前で堂々と言った。
タルタルは、ワン・ユ達のお蔭でクリルタイに間に合ったのだが、今度は門の前に
ヨム・ジョンス率いる親衛隊が居た。丞相の指示により中には入れないと言う。
タルタルがヨム・ビョンスに刀を向けた時だった。
皇太后様がやってきた。ヨム・ビョンスは皇太后様にも入れないと言った。
それを聞いた皇太后様は自分の権力を使い「そこをどきなさい」と言った。

その頃、大明殿内では長官らの満場一致がなければ、譲位の撤回は出来ないと…
反対の者は起立せよとの丞相が言い、ぺガンを始め次々に起立し始めた。
だが、残る3人は、丞相が自分達の行省に間者を送ったとは思えないと言い賛成しなかったのだ。
だが、そこに皇太后様がタルタルと捕えた間者達を連れて入って来た。
連れて来られた間者の中に自分達の行省の者の姿を見た残りの長官らも譲位に反対と立ち上がった。
そして満場一致で譲位は撤回された。そして、陛下はこれからは自分が親政を行うとヨンチョル丞相に話した。
だが、また事件が起きた。皇子が居なくなったと言うのだ。タルタルはそれを聞き不振に思った。
スンニャンは皇太后様の命令で皇子の居場所を突き止めた。皇后様のいる冷宮だった。
そして、スンニャンは冷宮へと向かい皇子を連れて行った。

ヨンチョルは、裏切られたぺガンとタルタル、目障りなスンニャンを消す為に、皇子に刺客を送り
3人が黒幕になるように計略したのだ。
スンニャンは、自らヨンチョル丞相の元へと向かった。そこにはワン・ユの姿も…
 

奇皇后」 

あらすじ 32話

ヨンチョル丞相の所へやって来たスンニャンは、丞相の策略を見事言い当て
皆、驚いていた。スンニャンは、自分達が消えれば丞相の仕業だとバレてしまうと言い。
丞相がどのように出るか楽しみにしています。と挑発するように言い部屋を出て行った。

そして、皇后様は、皇子の寝所に刺客が入った事を聞かされ、
ショックのあまりに意識を失い、中々意識が戻らないと言い宮殿に戻ってきたいた。
幸いにも意識は戻ったが餓死を選ぶといい食を絶っていると皇太后様の耳に入った。

だが、食を絶っているなど嘘だった。噂を広げる為に皇后が付いた嘘だった。
久しぶりの甘味をほおばっている時、皇太后様がやってきたのだ。
冷宮に戻りなさいと言う皇太后様に皇后様は、息子を連れて行くと言った。
皇太后様から息子を守る為にと…その時、トクマンが刺客が口を割り黒幕が分かったと…

そして、陜西行省のチョクコンがタンギセ達に連れて行かれてしまったのだ。
娘も一緒に拷問された。何の罪も犯していないのに…その時だった皇帝陛下が現れた
自分がやり、二人は関係ないと言い明日クリルタイをするとヨンチョル丞相に話した。

ぺガンを始め、他の行省の長官達は、捕われたチョクコンの解放を頼みにヨンチョルの元へ。
皆の前に箱が運ばれてきて中を見ると…チョクコンの首だった。
そして、ヨンチョルは良く考えろと長官達に話した。
クリルタイ再開の日。陛下は、まず長官らに今まで自分が何もしてこなかった名だけの皇帝であった
事を謝り、一度だけ自分を信じて欲しいと話した。
そして、始まった。タンギセが、「陛下の親政に賛成の者は前へ」と…ぺガンが前へ出た。
ぺガン以外の長官達はヨンチョルを恐れ前に出て来なかった…
ヨンチョル丞相が、これからも親政は私が…と言い出て行こうとした時

そして、皇后様が冷宮から戻って来た。そして、すぐに朝礼殿を開くと言ったのだ。
それを聞いた皇太后様は、スンニャンに朝礼はスンニャンが仕切れと言った。
そして、トクマンにスンニャンの命令は皇太后の命令である事を側室、女官に知らせろと。
そして、タナシルリはお飾りで自分が皇后であると見せつけろとスンニャンに命じた。

スンニャンは皇太后様の言う通りに、皇后様が来る前に朝礼殿を始めていた。
そして、皇后様がやってきた。怒った皇后様はスンニャンの服を脱がせろと命じたが
誰一人動かなかった。そして、スンニャンの言葉にだけ皆反応した。

ヨンチョルはワン・ユにも狩猟大会に出ろと言った。大きな獲物を仕留める見世物があると話した。
そして、タンギセはヨム・ビョンスに大会の最終日に陛下とスンニャンを殺すと話した。
その大役をヨム・ビョンスが務める事になった。成功すればどんな官職にも就けると…

狩猟大会当日。陛下の前に皇后様が、そして皇后もこの大会に行くと言う。
陛下は危ないからと言うが、この宮中での弓で自分に勝てる者はいないと…
スンニャンも居る前で堂々と話していた。
その夜、パン内官達は夜遅くに親衛隊が山の方へ向かうのを見て不審に思い尾行した。

その頃、陛下とスンニャン・ワン・ユに皇后様は4人で食事をしながらお酒を飲んでいた。
皇后様はワン・ユが自分に冷たい態度を取る事、そしてワン・ユの思い人がスンニャンである事を知り
皇后様が、この席を設けたのだった。皇后様は、スンニャンに酒を注ぎ続けた。
二人は酔いが回りワン・ユが先に出て行った時にお開きになった。
酔いが回りフラフラのスンニャンを介抱する陛下を陰で見ていたワン・ユ。
そして、ワン・ユを見ていた皇后様。皇后様は、スンニャンよりもワン・ユに怒りを感じていた。

スンニャンは陛下の天幕の中に居た。酔いが覚めたので自分の天幕に戻ると言うスンニャンに
陛下は、今夜はここにいろと言った。

 

 

 

最近、発見したツタヤ動画配信には

無料見放題作品が50作品以上あり、驚きました。

 

僕が見た韓国ドラマの中でも

かなりハマった韓国ドラマが時代劇から

純愛物までたくさんあり、興奮しました。

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

見たいドラマがたくさんありすぎて、

迷ってしまうほど充実しています。

あなたも、今すぐ、簡単に30日間無料

リスクなしで、お試しできるので、

超面白い韓国ドラマを見まくって、


DVDも借りまくって、

綺麗な画面でドキドキ・ワクワク、

胸キュンする時間を送ってください。

 

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

解約もネット上から簡単にできますよ。

 

韓国ドラマを見るならツタヤで!
『奇皇后』がなんと!
無料お試しでDVDが借り放題です。