奇皇后」 

あらすじ 37話

スンニャンは、宦官・女官・側室達に武器の用意と兵を侵入させない為の俵と火矢を使う事を考え水の用意させた。
皇太后様は、護衛の宦官だけでは阻止できないと言った。
だが、スンニャンはぺガンが城門を破り攻め入るまでなんとか持ちこたえる為の対策だった。

その頃陛下は、ヨンチョル丞相ろ酒を交わしていた。
そして、ぺガンは城門に到着した。だが、ウォンジンが指揮を執っていて、火矢を放たれそうになり
中々来ないワン・ユを待つ前に仲間が焼け死ぬと判断し退却を命じた時だった。
ワン・ユ達が加勢した。中からワン・ユ達はウォンジンが率いる守備隊との戦いが始まった。
パン内官は隙を見て城門を開け、ぺガン率いる軍が城門の突破に成功した。

そして、ヨンチョルにはタンギセからの知らせが来た。それを見たヨンチョルは、タプジャヘに
陛下・皇太后様・側室達にスンニャンを殺せと命令した。
スンニャン達の準備が整ったときだった、ヨンチョルの兵が押し寄せてきた。
宦官数名が殺され、陛下達はタプジャヘの率いる兵の囲まれてしまった。
その時、ぺガンが陛下達の所に到着した。だが、動けば殺すとタプジャヘに言われ動けずにいた時、
陛下が、皇帝陛下の権限を使い兵士達に呼びかけた。武器をすてれば、家族や親類の命も助けてやると
だが、武器を捨てずにいるのなら一族を滅ぼすと言ったのだ。
すると、兵士達は次々に武器を捨て始めた。そして、タプジャヘはぺガンにより殺された。
全ての門がワン・ユとぺガンのお蔭で打ち勝ち、ヨンチョルは逃げ場を失い自分の屋敷へと戻った。
そこには…ムソン達が待っていたのだ。ヨンチョルは、ワン・ユが自分を助けに来たと思っているのだ。
近づいて来たヨンチョルの護衛を次々に殺し、パン内官はヨンチョルをワン・ユの元へ連れて行った。

何も知らない皇后様は父や兄が仕留めてくれると思っていた為に優雅に居所でお茶を飲んでいた。
だが、あまりにも何の知らせもない事に皇后様は不安に思い、スンニャンの生死だけを確認して来いと言い
ヨン尚宮が部屋を出ようとした時だった。スンニャンが女官達と現れた。
そして、皇后様を皇太后様の待つ部屋へと連れて行ったのだ。
皇太后様は皇后様に、陛下より廃位を命じられたと話すと、自分は何の罪も犯していないのにと反論してきた
皇太后様は、また皇后様を冷宮へと送ったのだ。
その頃、ヨンチョル丞相はぺガン達に罪人として捕われ、檻に入れられ町の中を歩いていた。
すると、民が集まってきて「ヨンチョルを八つ裂きにしろ」「ぺガン将軍万歳」と声が上がった。

宮殿に戻って来たタンギセは、中に入る事が出来なかった。
どの門も、ぺガンの手に落ちていたからだ。だが、タンギセは中には父も弟も妹も居ると言い
強行突破しようと城門に攻めいってきた。
そして、ヨンチョルは宮殿に着き、タプジャヘが殺された事を知った。
牢に入れられたヨンチョルの元に陛下とスンニャンが来た。そこで、ヨンチョルは娘タナシルリの子は実子では
無いことをスンニャンから聞かされることとなる。

ワン・ユや兵士達は祝いの酒を飲んでいた時、ヨンビスがタンギセが敗走していると知らせに来た。
パン内官は、タンギセの逃げ場はヨンチョル丞相の秘密資金のある錫の鉱山だろうと読んだ。
ワン・ユは少し様子を見る事にし、ヨンビスが護衛のスリを鉱山で働くマクセンの元へ送る事にした。
パン内官の読み通り、タンギセは鉱山に現れた。タンギセは、父のヨンチョルが捕われた事をヨム・ビョンスに話した。
タンギセは秘密資金を取りに来たが、タンギセもその資金の在処を知らなかった。
廃坑を奴婢に調べさせることにした。タンギセは見つけた者は奴婢から位を上げてやると鉱山で働く奴婢に言った。

そして、ヨンチョル丞相の処刑の日が訪れた。ヨンチョルは最後の最期まで、黙ってはいなかった。
スンニャンに国を滅ぼされると言ったのだ。だが、陛下は聞く耳を持たなかった。
ヨンチョルの最期はぺガンの手により終わった。ヨンチョルは、陛下に皇太后様、各行省の長官らの前で息絶えた。

スンニャンは、ヨンチョルの言う通り、自分の子を皇帝陛下にし自分の周りを高麗の者で固め、
国を統治すると心の中で誓ったのだ。

 

奇皇后」 

あらすじ 38話

ヨンチョル丞相が死刑となったその頃、タンギセは父の秘密資金を探す為に錫の鉱山の廃坑で資金探しをしていた。
4日経っても未だに秘密資金は見つかっていなかった。
その時だった、父親達の安否を確認しに行っていた者が戻った。
そして、父が処刑された事を知った。

タナシルリの元に陛下がやって来た。タナシルリは陛下に悪態をついた。陛下は静かにそれを聞き最後に
「追って毒薬を与える」と言い、「死ぬ前に一度だけでも、そなたが殺した者達に許しを請え」人としての道理だとだけ
話し、タナシルリの居る冷宮を出て行った。

スンニャンの元には、各行省からの贈り物が届いた。その中には高麗の王からも…そして、密書も入っていたのだ。
ワン・ユの元にも高麗王の父から密書が届いていた。
内容は、高麗の為に、キ・ヤンを皇后のなれるよう手助けしろとの事だった。
その時、タルタルがヨンチョルの秘密資金を探す為にヨンチョルの屋敷の捜索を開始したと連絡が入った。

そして、丞相の座を狙い、各行省の長官らはスンニャンに論功行賞で味方になってくれと話した。
ぺガンが丞相の座に就けば、陛下は各行省の長官達を失うと…だが、スンニャンは今は争う時ではないと言った。

そして、論功行賞の日。
各行省の長官達が集められ陛下より今回のヨンチョル一族の件で功を認められ褒美が与えられた。
ぺガンは丞相となり、オガン・プサギ・ソルトガンの3人は丞相の地位と同格の職に就いた。
ワン・ユは高麗の王に復位する事となった。そして、この論功行賞で陛下は新たな皇后をスンニャンにすると話した。
だが、皇太后様が阻止してきたのだ。タナシルリの処刑が終わってからと…
ぺガンは、この結果に満足していなかった。3人の長官が自分と同格の職に就いたからだ。

その事についてスンニャンはタルタルと話していた。長官達が陛下の敵になっては困ると思ったスンニャンの策だったが、
タルタルはぺガンはそのようには思わないでしょうと…
その頃、ぺガンは皇太后様と会っていた。そこで、今回の論功行賞はキ・ヤン(スンニャン)の策である事を話し。
高麗出身のスンニャンが皇后に出来ないからとぺガンの姪を皇后にと…皇太后様が言ったのだ。
ぺガンは、姪を皇后にする為に教育を始めた。

そして、タナシルリの元に毒薬が運ばれた。だが、タナシルリは用意された毒薬を投げ捨て陛下を連れてこいと。
陛下は沢山の毒薬を持ってタナシルリの前に現れた。だが、またしてもタナシルリは毒薬を投げ、しまいには陛下に
毒薬を投げつけ、罪を改めずにまた悪態をついた。
その時、スンニャンが現れ、毒殺では刑が軽すぎると言い通りに引きずり出し絞首刑にと言ったのだ。
そして、陛下はタナシルリを絞首刑にしたのだ。
タナシルリの処刑の日、沢山の民が集まった皆口を合せ「殺せ殺せ」と。処刑の様子はタンギセも見ていたのだ。

そして、長官達が陛下の元に集まり、スンニャンを皇后にと言う話になっていた。その時、慌てた様子でコルタがやって来た。
皇太后様が大明殿の前に居ると…すると皇太后様は高麗の者を皇后には出来ないと、自分が殺されても
それだけは出来ないと言ったのだ。
陛下は、なんとか皇太后様の心を変えようとぺガンとタルタルを呼んだ。
だが、タルタルが持ってきたのはスンニャンを皇后に反対する臣下の名が書かれていた物だった。そこにはぺガン丞相の名も…
ぺガンは、ヨンチョル一族を滅ぼした以上、スンニャンの復讐は終わったはずと…それ以上は欲だと言った。
部屋に戻ったスンニャンは、高麗王からの密書を開けた。
読み終えた頃、皇后候補が到着したと連絡が入った。
陛下にも、候補が到着したと連絡が入り、皇太后様と向かう途中、皇后候補が迎えからやって来た。
候補はぺガンの姪のバヤンフトだった。陛下に挨拶するバヤンフトに陛下は「そなたが皇后になることはない」

そして、ぺガンが高麗に貢女を300人用意しろと言った事が分かった。
スンニャンは、すぐにワン・ユと会った。そして、自分宛てに高麗の王様より密書が届いた事を伝え、
「私の手を取ってくれますか」とワン・ユに尋ねた。元にいる高麗の者の為、自分の為に戦うと…