奇皇后」 

あらすじ 39話

スンニャンは、ワン・ユを呼び出し、これからは高麗の者の為、自分の為に最高の位までのぼりつめると話、
ワン・ユに手を組んでほしいと頼み高麗王の密書への自分の返事をワン・ユに見せた。
それを見たワン・ユは「何をすれば?」とスンニャンに尋ねた。
スンニャンは、ヨンチョルの秘密資金を使いヨンチョルと同様に大軍を動かし権力を得ると。

ワン・ユは仲間の元へ戻り、スンニャンの考えを話した。だが、ヨンビスはスンニャンを信用できないと言い
スンニャンの手を組むのなら自分はワン・ユとの手を切ると言い出て行ってしまった。

宮殿に行くと、マハ皇子が鞠で遊んでいた。そして、ワン・ユは近寄って来た皇子を抱き上げた。
「この子を見ていると胸が痛む」と…そこに皇太后様が来て、人見知りなのに珍しいと言った。
こっちへと手を出す皇后様のを無視するマハ皇子だった。

皇后付きのソ尚宮とヨン尚宮は雑用係に降格していた。
そして、スンニャンの息子のご飯の時間、用意された重湯に銀の匙を入れた。
食べさせる前に毒が入っていないか確かめるためだ。だが、何者かに毒が仕込まれていた。
重湯を作った女官を尋問したが、スンニャンはソ尚宮とヨン尚宮の仕業だと読み二人を尋問した。
だが、尋問の途中に皇太后様が来て二人を解放したのだ。
そして、解放した二人を自分の居所に呼び、新たに皇后になる者の尚宮を務めよと命じた。
そして、皇后の信頼を受け、決して皇太后の手の者だとバレないようにと…
皇太后様は、マハ皇子を皇帝にするつもりだった。高麗出身のスンニャンの子には
皇帝の座はやれぬと。そして、タナシルリを殺したのはスンニャンだと幼子に植え付けて行ったのだ。

そして、陛下は新たな皇后を迎えた。ぺガンの姪のバヤンだ。スンニャンは貴妃となり興徳殿の主となった。
スンニャンは部屋に入り、頼んでおいたヨンチョルの秘密資金を隠すための隠し部屋に入った時、ワン・ユからの
簡書が渡された。そこには、錫の鉱山に向かっていると書いてあった。
また、新たな戦いが始まったのだ。
その夜、陛下は新たな皇后との初夜を迎えた。そして、スンニャンにもその事が伝えられたのだ。
それを聞いたスンニャンは、アユが産まれた時の事を思い出していた。
陛下の「老いて死ぬまでずっと3人で暮らそう」と言う言葉を…幸せな時を…
スンニャンは、必ずアユを守りこの国の皇帝にすると誓ったのだ。

その頃、泥酔している陛下が新たな皇后様の居所に居た。
陛下は、皇后のバヤンにこう話した。「今もこれからも、すまないことをするが謝るのはこれが最後だ
私の心を求めるな」と…それを聞いたバヤンは、陛下の指示に従いますと言った。
皇后のバヤンも貴妃のスンニャンも寂しい夜を送った…

スンニャンは陛下との食事の約束を蹴り、タルタルに会いに行った。
皇后様が初夜を虚しく終えたと聞いていた為、タナシルリの時のように争いごとに巻き込まれたくなかったからだ。
そして、タルタルはアユ皇子が毒殺されかけた事を知った。犯人は未だに分かっていない事も。
だが、タルタルはもしやと思いすぐに皇后様の居所へ向かった。
そして、小さなころから一緒に暮らしていたタルタルだからこそ分かるバヤンの性格。
アユ皇子に毒を盛ったのはバヤンだったのだ。

スンニャンは、今朝タルタルを訪ねたときにタルタルが見ていた、ヨンチョルの財産目録をこっそり盗み
書き写していった。その時、ヨンチョルの屋敷に地図が出てきたのだ。
今、ヨンチョル丞相の屋敷に住んでいるのはぺガンだった。

スンニャンの元にワン・ユから知らせが入った。
そして約束の場所へ向かう途中に刺客に襲われた。それはタンギセだった。

 

奇皇后」 

あらすじ 40話

ワン・ユにヨンビスから知らせが入った。スンニャンが襲われていると。
その頃、スンニャンはタンギセ達に囲まれていた。
スンニャンは隙を見つけ逃げた。だが、タンギセがスンニャンの後を追って来た。

そして、スンニャンの護衛達は囲まれてしまった。その時だった知らせを受けた
ワン・ユが来たのだ。スンニャンがタンギセに追われていると知ったワン・ユは
スンニャンを探しに行った。タンギセはスンニャンに目をやられていた。
そして、ワン・ユ達が現れると逃げて行ってしまった。
後を追うが取り逃がしてしまう。ワン・ユはスンニャンに錫の鉱山に手がかりはなかったが
鉱山村で気になる歌を耳にした事をスンニャンに話した。
スンニャンは、その歌を書き出してもらい、自分の部屋の隠し部屋で手がかりを探していた。

その時、朝礼殿に来るようにと言われ向かう途中、タルタルがやって来た。
ヨンチョルの財産目録の件だった。タルタルはスンニャンが持ち出したとみてやってきたのだった。
関心を持つのはヤン様(スンニャン)だけと言うタルタルに、関心を持つ理由もお察しなのではと言う
スンニャンに、本人の口から聞きたいと言った。
スンニャンは、財政担当の自分が国庫に入るお金に関心を持つのは当然だと話した。

その頃、朝礼が始まっていた。だが、他の側室達は皇后様の話に返事をしなかった。
その時、スンニャンが来た。スンニャンが来ると他の側室達は皆挨拶をした。
それを見た皇后様は、今後の朝礼はスンニャンにと言い
皇后様は何を考えているのか、「今後も後宮の事はキ・ヤンが取り仕切る」と言ったのだ。
皇后様は、自分は弱く何もできないと皆に分からせるように、気弱なフリをしていたのだ。

スンニャンの元に皇太后様がやって来た。そして、皇后様が自らスンニャンに頼んだにも関わらず。
皇太后様は、スンニャンから皇室の財産帳簿と印章を持っていたのだ。
スンニャンが自分の仕事を取ったと皇太后様に話したのである。
スンニャンは陛下に影絵に誘われていた。その影絵で、鉱山村の歌の意味を解読したのだ。
その頃、ぺガンもヨンチョルの秘密資金さがしをしていた。だが、まだ手がかりを掴めていなかった。

ぺガンは陛下に会いに来た。そして、ヨンチョルの秘密資金の事を陛下に話し。
その資金で征服戦争を起こすと。高麗もまたその戦争の餌食となてしまうのだ。
スンニャンは、昼間に見た影絵を思い出しながら、鉱山村で歌われていた歌の歌詞を合せ
秘密資金の在処を見るけ出した。そして、スンニャンはヨンビスを呼び出したのだ。
ヨンビスの後にワン・ユ達も到着した。そして、ワン・ユに資金の在処を書いた紙を渡しぺガンが
ヨンチョルの資金で征服戦争を始めようとしている事、高麗も元に吸収しようとしている事を話した。

そして、ぺガンの元に秘密資金の場所を教えると何者かからの知らせが届いた。
それを知らせたのは、ヨンビスだった。
ヨンビスはぺガンと取引にでたのだ。秘密資金の在処を教える代わりに全ての商団を自分の物にしようと。

ぺガンは、急ぎ陛下の元へ。ヨンビスとの取引を成功させれば、秘密資金の在処が分かるからだ。
ちょうど、陛下と一緒に居たスンニャンは、ぺガンに「外してください」と言われ部屋の外で待機していた。
その時、ヨンビスがぺガンに接触した事が分かった。スンニャンは事をワン・ユに知らせた。
それを聞いたワン・ユは、メバクの奴らを捕えろと命令した。
そして、ヨンビスはぺガンから陛下の印の押された独占権を獲得し、ぺガンに秘密資金の在処を教えた。
だが、ヨンビスはスンニャンと手を組み、独占権と引き換えにぺガンに嘘の在処を教えていたのだ。

その嘘の在処をヨム・ビョンスとタンギセが聞いていた。
秘密資金の在処は、鉱山村の納屋にあると言う事を…
スンニャンは、本当の在処を知っていた。