奇皇后」 

あらすじ 5話

スンニャンと皇太子は、高麗の王様の元へ行くために開京に向かっていた。
だが、ヨム副長がスンニャンの人相書きを頼み、ワン・ゴに人相書きを見せた。
そして、スンニャンと皇太子が一緒にいる事を話すと、ワン・ゴは皇太子とスンニャンを
捕まえる為に、官軍と私兵を配置した。

そして、高麗の王様も異変を察知していた。
変装し、スンニャン達の居る場所へ向かう途中にワン・ゴ率いる一行が通って行った。
そして、キ長官が縛られ連れられて行くのを見た王様は、皇太子の身に何か起きたことを察知し
ワン・ゴに気付かれないように一行の後を追った。

そこで、ワン・ゴ達が居ない隙に捕われているキ長官からスンニャンの居場所を聞きだし
王様たちは、ワン・ゴ達より先にスンニャンと皇太子を見つけ出す為に山に捜索に出た。
だが、ヨンチョルの息子達、タンギセも血眼になってスンニャンと皇太子を探していた。

そして、タンギセ達はスンニャン達が一夜を明かした場所にたどり着いた。
こそには、スンニャンの血と二人の足跡を見つけ、猟犬を使い山の中を探し始めた。

スンニャン達の所には、タンギセが放った猟犬が迫ってきた。
スンニャンは、弓を放ち追ってが迫っていることが分かり皇太子と共に走った。
たどり着いたのは、崖だった…そして、タンギセ達もスンニャン達の所にたどり着いた。

皇太子とスンニャンは崖から崖へと飛び移った。
何とか岩にしがみついているスンニャンと皇太子に次々矢が飛んできた。
それを下から王様たちが見ていた。
だが、皇太子の力が尽きそのまま川へ落ちて行った。
それに続きスンニャンも川へと飛び込んだ。
スンニャンは何とか意識を取り戻し皇太子を川から上げ、人けの無い所まで連れて行き
意識の無い皇太子を何とか持ちこたえさせようと自分も服を脱ぎ温めた。
その甲斐あって、皇太子は意識を取り戻した。
だが、皇太子は男のスンニャンに変な胸の高鳴りを覚えた。

その頃、王宮ではワン・ゴに連れられキ長官とタンギセ等がやって来た。
ワン・ゴのせいで、キ長官は目も口も耳も聞けなくなっていた。
そして、皇太子を殺したのはキ長官だと言った。
その時の状況はヨム副長が話すと言い話し出したが、キ長官がワン・ゴに連れられて
妓楼に居る時、王様の側近のチェ・ムソンはキ長官と話していたのだ。
キ長官は、ヨンチョルの息子のタプジャヘ将軍の右手を噛み、奴らの仕業だと
分かるように証拠を残していたのだ。
確認すると、タプジャヘの右手には噛みつかれた跡が残っていた。

その時だった、ヨンチョルが高麗に到着したと連絡が入った。
ヨンチョルの目的は、皇太子が本当に死んだか確認だった。
元の今の陛下は、皇太子の弟であったが、病を患って床に伏せていたが、その陛下が
亡くなってしまったからだ。
次に陛下になるのは皇太子だった為、死を確認し新しい陛下を立てる為だった。

そして、スンニャン達はやっと開京にたどり着いたが、スンニャンを探すワン・ゴの私兵だらけで
なかなか前に進めずにいた。隠れる為に入った空き家で、スンニャンは倒れてしまった。
腕の傷がひどくなっていた。皇太子はその傷を見て薬を買いに行くがお金を持っていなかった
為、薬を盗んだのだが、薬屋の店主に見つかりワン・ゴの私兵に追われてしまった。

その時、チョンバギにぶつかり持っていたスンニャンの弓を落としてしまった。
その弓を見たチョンバギは、男の後を追った。そして、スンニャンの居場所が分かり医者を呼んだ。
その医者はスンニャンを手当てし、スンニャンが女であると言いチョンバギに女である事が
バレてしまった。スンニャンは目を覚まし悪臭に気付き、皇太子を宮殿まで運ぶ手段に
気付いた。それは、棺に入れて運ぶという方法だった。
そして、スンニャンはヨム副長を利用する為にヨム副長に会いに行った。

 

奇皇后」 

あらすじ 6話

スンニャンは、自分が皇太子の遺体を隠しているとヨム副長に話し、一緒に皇太子の居る
所まで行き、ヨム副長に皇太子の遺体を確認させた。
そして、スンニャンの思惑通りにヨム副長は動いてくれた。
スンニャンは、捕まり皇太子の遺体と共に王宮へと連れて行かれた。

その頃王宮では、王様が高麗の重臣や民の為にやってもいない
皇太子殺害を認めてしまっていたのだ…
その時だった。ヨム副長が皇太子の遺体とスンニャンを連れて王宮へ戻った。
そして、王様とヨンチョルの居る所まで運ばれて行った。
ヨンチョルはすぐに皇太子の遺体を確認したが、スンニャンはすぐに皇太子は死んではいないと…
すると、その言葉を合図に棺に入った皇太子が起き上がった。

スンニャンは、皇太子を殺そうとした者を…と言うが皇太子は何も言わずに
気を失ったフリをして倒れてしまったのだ。
医師の診察が終わったが目を覚まさない皇太子を目が覚めるまでぺガンとタルタルが
付いているようヨンチョルから指示を受け2人だけ皇太子の部屋に残る事に…
3人だけになり、皇太子は気を失っているフリをやめ今後どうすればいいのか
ぺガンに聞いた。ぺガンはヨンチョルを喜ばせろと言った。
そして、皇太子の暗殺はスンニャンの父であるキ長官に罪をかぶせたのだ…

皇太子はスンニャンとの約束を破ってしまった。皇太子は自分が陛下になり
父の恨みを晴らすため…罪の無い者のせいにしたのだ。
スンニャンは、父と同じ牢に入れられた。
そして、その牢の中で父は力尽き死んでしまった。
スンニャンは、父に復讐を誓った…裏切った皇太子を殺すと…

皇太子は、ぺガンに言われたとおりにヨンチョルに泣きつき、その演技を信じたヨンチョルは
皇太子を新たな元の陛下にしたのだ。

そして、また高麗から貢女達が元に連れていかれる事に…
高麗の王様のワン・ユは王の座を廃位されてしまった…
スンニャンとワン・ユ等はタンギセ等と元に連れて行かれる事になった。
その途中の休憩中にワン・ユとタンギセが口論となり、ワン・ユは弓で撃たれ傷を負った。
怪我をしたワン・ユをスンニャンは板に乗せ引きづり歩いた。
タンギセはスンニャンからの女の匂いに気付いた…

そして、スンニャンを助ける為にキ長官の側近だったパク・プルファが一行を追っていた。

その頃、元の王宮では新たな陛下が誕生した。
そしてヨンチョルの娘との婚礼の話しが出た。だが、そのヨンチョルの娘は少々問題があった。

婚礼の話が出た最中だったが、プガンとタルタルはヨンチョルはチュルク(中央アジアの遊牧民)
の残党を討伐し滅ぼすまで戻るなと命令を受けてしまった。

タンギセ達は途中で休憩を取っていた。水場に居たスンニャンをタンギセは足止めした。
そして、スンニャンが女である事を確かめたのだ。