奇皇后」 

あらすじ 9話

陛下に顔を見られてしまったスンニャンだったが、陛下はスンニャンは男だと思って
いる為、女の格好をしているスンニャンが本人である事に気付かなかった。

チュルクでは二人の戦いが始まり、お互い一歩も譲らない戦いになった。
だが、ヨム・ビョンスがワン・ユの後ろに回り頭をひと突きした。
意識がもうろうとするワン・ユ。周りからは「殺せ」と言う言葉が聞こえ、
ワン・ユはスンニャンの事を思い出していた。
我に返ったワン・ユはとどめを刺そうと襲ってきたヨム・ビョンスの足を取り
馬乗りになり殴り続けた。そして、ヨム・ビョンスの使っていた武器を手に取り空高く
かざしたその時、タプジャヘがワン・ユに剣をかざした。

そして、卑怯な事はせずに降参しろと言うタプジャヘにワン・ユは持っていた武器を
振り下ろした。すると木刀のはずの剣の中に鉄が仕込まれていた。
ヨム・ビョンスは命欲しさに降参を宣言した。
そして、勝ったワン・ユには武器が渡された。
だが、与えられた剣や弓矢はお粗末なものだった。
そして、ヨム・ビョンスはタプジャヘに取り入り、ワン・ユが率いる部隊の副隊長になった。

宮殿では、陛下にお手付きの者が出来たと噂が広まっていた。
その話はタナシルリの耳にも入り、高麗出身の者が全員集められた。
そして、タナシルリに見つかってしまった。タナシルリはその者を処刑せよと命じた。
その時、皇太后様が入って来た。タナシルリは皇太后様に刃向った。
だが、幸運にも処刑を言い渡された者の懐妊が分かったのだった。

この噂を聞いたヨンチョルは皇帝陛下を呼んだ。
そして、タナシルリが涙を流せば宮中は血の海になると…

また、陛下とスンニャンは顔を合わせる事になってしまった。
そして、陛下にお茶を持ってきて欲しいと言われ用意し、またとない好機に
スンニャンは陛下を殺す為にお茶を用意した。だが、タナシルリが二人の元へやって来た。
そして、怒り全ての事を父に話すと言うタナシルリを追いかけて陛下は
スンニャンを置いて行ってしまった。

その頃、ワン・ユ等は5日間も謎の奇襲に悩まされていた。
奇襲に来るも、すぐに引き返していくのだ。
だが、6日目は昼に奇襲をかけてきた。そして死者が100人を超えた。
ワン・ユは、ぺガンに先に絹の道を取られる前に、チュルクを制圧し自分達の物にしようと考えていた。
そして、チュルクとの戦いに備え準備にかかった。

夜が更け、皆が眠りについいた頃、スンニャンは陛下の眠る部屋へと忍び込んだ。
頭に刺していた武器を取り、振りかざしたその時、隣に寝ていた側室がスンニャンを止めた。
そして、「私についてきて」と言う側室に着いて行った。
スンニャンが陛下を殺せば高麗出身の者達は、同じ高麗出身と言うだけで皆殺しにされてしまうと
そして、復讐は殺す事ではなく、しぶとく生きて、憎い者の上に立つことだと言った。

その晩、スンニャンは王様の夢を見た。王様は私情は忘れろ。高麗の者達がどうなってもよいのかと…
そして目覚めると熱が出ていた。

熱がある中、皇帝陛下の側でお茶を持ち立っていると、スンニャンは熱のせいで倒れてしまった。

 

奇皇后」 

あらすじ 10話

皇帝陛下は、弓の練習中に倒れた女の事がスンニャンに似ている事から
気にかかり、お付きのコルタに調べるよう命じた。

その頃、ワン・ユ等は謎の奇襲に翻弄されながら、いつも退却していくチュルクの族達の
帰り道に罠を仕掛けた。次の奇襲で追い込む作戦だった。
そして、その作戦を実行する時が来た。
また、謎の奇襲にあい退却していくチュルク達を追いかけた。
そして、次々に仕掛けていた罠にはまっていった。
悲鳴が聞こえぺガン達は、ワン・ユ等が伏兵に遭遇したものだと思っていた。
この戦いで大勢の死者を出し、パン内官とチョンバギが死んでしまい、
そして敵将パトルに傷を負わすも討つ事に失敗してしまった。

宮殿では、皇帝陛下が異常にスンニャンを構い始めていた。
自分の世話係にしたのだ。だが、スンニャンは憎い陛下の世話係なんてもってのほかだった。
陛下はヨンチョルに呼び出され、側室の事を言われてしまった。
その晩、陛下はタナシルリの所へ…

タナシルリの所へ行った事を知った皇太后様が陛下の所へやって来た。
そして陛下に、懐妊しないよう手は打ってありますと言った。

お茶を運びに来たスンニャンに陛下が「似た男を知っている。そいつは私を憎んでいるだろう
だが、唯一の友だ」と話した。そして、「自分の為に動いたのはあれが初めてだった」と。
そして、スンニャンの代わりとなり自分を助けてくれと言う陛下にスンニャンは
「私に出来る事はありません。」と言った。それを聞いた陛下は我に返り、スンニャンを元の
所属の後宮に戻すことにした。

そして再びチュルクが攻めて来た。
敵将のパトルの狙いは眠らせず体力を奪うだけではなかった。
他の狙いがあったのだ…だがワン・ユはまだその狙いが分からずにいた。
だが、急に馬が暴れだしワン・ユはそれを見て気づいたのだ。
馬も眠らせず、馬が使えなければワン・ユらは不利になるからだ。

宮中では、ヨンチョル・タナシルリ・タンギセが側室のパク・オジンと皇太后を共に
葬る作戦を練っていた。パク・オジンの世話係に間者を送る事だった。

そして、ワン・ユ等の所に死んだはずのパン内官とチョンバギがやってきた。
二人は死んだわけではなかったのだ。これも作戦の一つだった。
二人には重要な任務が伝えられた。捕えたパトルの馬を離し、その馬について行き
敵陣に潜り込むことだった。

皇后は間者となる者の試験を続けていた。誰一人合格者がいなく最後にスンニャンが
選ばれた。スンニャンは渡された手紙の中身を見た。
そして、これは試験だと言う事に気付いた。
見事スンニャンはこの試験に合格したのだ。
スンニャンの望みは女官になる事ではなく、宮中の外に出る事だった。
皇后は、協力すればスンニャンの願いを叶えてくれると言った。
その内容は、パク・オジンに薬を飲ませる事だった。

 

 

 

最近、発見したツタヤ動画配信には

無料見放題作品が50作品以上あり、驚きました。

 

僕が見た韓国ドラマの中でも

かなりハマった韓国ドラマが時代劇から

純愛物までたくさんあり、興奮しました。

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

見たいドラマがたくさんありすぎて、

迷ってしまうほど充実しています。

あなたも、今すぐ、簡単に30日間無料

リスクなしで、お試しできるので、

超面白い韓国ドラマを見まくって、


DVDも借りまくって、

綺麗な画面でドキドキ・ワクワク、

胸キュンする時間を送ってください。

 

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

解約もネット上から簡単にできますよ。

 

韓国ドラマを見るならツタヤで!
『奇皇后』がなんと!
無料お試しでDVDが借り放題です。