ドクターズ~恋する気持ち」 

あらすじ 19話

へジョンは、自分のせいでジホンが医師ではなく、センター長として研究職に就いたことを知り
ジホンの元へやって来たが、ジホンは理由を言わず、ただ院長の弱点を探している。と
見つけ次第反撃するとだけ言った。

その頃、ソウはの所へ来ていた。父に認められていたへジョンだったが急に父はへジョンに冷たい態度を
取り始めたからだった。は、ソウの父親の医療ミスのせいだと話した。
ソウは、信じられなかった…まさか自分の父が医療ミスを起こしていたなど…

へジョンの父が、ユンドの紹介で病院に来ていた。
最近体調が悪いと…へジョンの父は脂肪肝だった。幸い通院で完治すると。
へジョンは、憎んでいる父であったが、やはり気になったようだ。

そして、ソウは事実を確かめる為に父の部屋を訪ねた。
父は不在だった為、戻るまで部屋で待つことにした。
そこで、一本のペンを手にした。盗聴器付きのペンだ。
そのペンには、へジョンが院長を訪ねた時の会話が録音されていた。
ジホンが脅され、センター長になった原因の会話だ。
その時、父が戻って来た慌てて自分の白衣のポケットにしまい、ソウは父とはあまり会話をせず
早々に院長室を出た。
ソウは自分の部屋へ戻り、最初から聞き直した。

そして、へジョンの元へ向かった。ソウは、父が録音したへジョンとの会話について話した。
そこで、へジョンは盗聴されていた事、ジホンがセンター長になった訳がなんとなく分かった。
真実を知る為に、神経外科の科長を訪ねた。
そして、ジホンがセンター長になった理由が分かったのだ。

次の日、へジョンは朝からジホンの家を訪ねた。
録音されていた事、院長に反撃するためのUSBを見つけた事もへジョンは知っていた。
自分は大丈夫だから、ジン院長を懲らしめて下さいとお願いした。
そして、ジン・ソンジュ理事長は横領と背任の容疑で逮捕された。

ソウはへジョンに大事な話があると呼び出した。そして、父の部屋から持ってきたペンを渡し、
へジョンに謝った。父の代わりに謝ると…
へジョンは、ソウからもらった会話が録音されているペンをジホンに見せた。
すると、ジホンは「俺たち結婚しよう」と言った。だが、へジョンはロマンチックの欠片もないと…

そして、ジン院長は頭痛が続き、検診を受ける事に。検診の結果、深刻な腫瘍が見つかった。
ジホンでも厳しい手術だった。
ソウも、父に腫瘍がある事は知らされていた。そして自分の目でレントゲンを確認もしていた。

 

ドクターズ~恋する気持ち」 

あらすじ 20話(最終回)

ソウの父が病院に運ばれてきた。母が寝ていた父が意識がないと勘違いしたのだ。
だが、ジン院長は、そのまま入院することになった。

ソウの父は医師としてジホンの事は認めていた為、ジホンに自分のオペを頼んだ。
だが、ジホンは助手はへジョンでないとこのオペは出来ないと言った。

その頃、へジョンは父に会っていた。
祖母が医療ミスで亡くなった時、何故示談にしたのか聞いた。
父は当時はそうするしかなかったと…自分に出来る事は何もなかったと言った。
そして、へジョンは家族を作りたくなったと話した。が、もし結婚しても連絡はしないと。
それを聞いた父はへジョンに今までの事を謝り、幸せになれと言い微笑んだ。

へジョンは、ジン院長の病室へ行き、院長のオペに入る事は出来ないと話し、ジホンの元へ
向かった。ジホンにもオペには入れない事を伝えた。
院長の事が許せないからと…それを知ったソウはこのオペにはジホンとへジョンが
最適だと分かっていた為、へジョンと話をする為にへジョンの家へ…
そして、ソウはへジョンに父のオペに入って欲しいと頼んだが、へジョンは断った。
ソウが帰った後、へジョンは考えていた。そして翌日、院長の病室へ向かった。
間者が望むなら、オペに入ると。追い返されるかもしれないが医者の義務だと。
院長は決心した。ジホンとへジョンは共にオペ室に入った。
そして、院長のオペは無事に終わった。

神経外科チームで、ジホンが戻り、院長の手術も無事成功したことで、歓迎会と称した
飲み会が開かれた。その頃、病院では以前運ばれてきた妊婦のイ・ヒヨンさんの羊水が破裂していた。
すぐに、へジョンに連絡が入った。連絡を受けたへジョンは急いで病院へ戻った。
へジョンは、ヒヨンさんの夫にもすぐに連絡を入れた。
お腹の赤ちゃんは元気に産まれてきた。そして、ヒヨンさんは、夫に看取られながら息を引き取った。

脳神経外科の科長のキム・テホが新たな院長に就任した。
ソウの父も術後中々覚めなかった意識も取戻し、手術のお蔭で指も動かすことが出来るようになった。
そして、へジョンはジホンとの約束の日、ソウの父に呼ばれ病院へ。
ソウの父は、へジョンに「ありがとうございました」と言った。
遅れて、へジョンはジホンの待つ場所へ。そこには道に白い花が敷き詰められていた。
そして、「結婚しよう」と…ジホンは自分の指にはめた、自分とへジョンの指輪を見せた。
それを見たへジョンは、自ら指輪をはめ「愛してる」と・・・・・・・・・・