ドクターズ~恋する気持ち」 

あらすじ 7話

へジョンは、キスに驚いてその場から逃げだしてしまった。
逃げた理由は…幼少期の母と父の関係にあったのだ。
そんな事を知らないジホンは、「愛は先に気付いた方が動くものだから
気づくまで動かなくていい」と言った。

だが、へジョンは母と父の仲を見て育って来た為に中々一歩を踏み出せないでいた。
そんなへジョンを見た親友のスニは、へジョンを後押しした。

へジョンは、祖母の診療記録を調べていたが、ジホンの友達の医者に見せても
特に問題は無いと言われ、記録に載っていない麻酔について調べ始めた。

そして、へジョンに知らない番号から電話が掛かって来た。
父だった…へジョンは父に会いに約束の店へ行った。
父は、祖母の眠っている場所を教えてくれ、クッパの店を開いた事も。
だがへジョンは、父親を欲していた子供の頃は済んだと言い、店を出た。
継母の手術当日、父と腹違いの妹が手術室の前に居た。
それを見たへジョンだったが、二人に声はかけずに去った。
継母の手術は無事に終わった。

ジホンは、病院をソウの父に乗っ取られないために手柄をあげようと、
アチェリーの金メダリストのスジョン選手の治療にあたっていた。
執刀医は、ジホンで補佐にへジョンとソウが入る事になった。

出勤途中、ジホンから電話が来た。
へジョンは不良時代の友達のスチョルが今日ソウルを去ると言う事で、病院で一緒に食事を
する約束をして、一緒に行く途中だった。
その時だった…へジョンの目の前でバイクに乗ったスチョルが事故にあったのだ。

 

 

ドクターズ~恋する気持ち」 

あらすじ 8話

へジョンは、車から飛び出し道路に倒れているスチョンの所へ走った。
必死に、手足が動くか確認した。かろうじて動いた指…へジョンは握りしめた。
その時だった、ジホンが駆け付けた。
そして、へジョンに「ここで負けたら駄目だ。お前が負けたら友達が危うくなる」と一喝した。
救急車が到着した。病院に運ばれ緊急手術が始まった。
執刀はジホン、へジョンは怖くて手術室の中に入る事をやめた。
だが、スチョンにお前がやってくれと頼まれ、決心した。

手術は無事成功した。
そして、へジョンはジホンに人間対人間のヒューマニティーですと言い近寄った。
ジホンはドキドキしていた。だが、へジョンはジホンの折れていた襟を直しただけだった。

いよいよ、スジョン選手の手術が始まった。
だが、途中で出血しスジョン選手の視界がぼやけ始めた。
ジホンは冷静に処置していく。スジョン選手の視界が戻った。
そして、手の震えも消え弓を放つ事も出来た。

へジョンは、ユンドの補佐で手術室には入らない事をユンドに伝えに行った。
すると、ユンドに女として見ていると言われ食事に誘われた。
返事をしないへジョンにユンドは有無を言わさず「返事はイエス」と言い行ってしまった。

その晩、神経外科のガンスの入局式とヨングクの執刀式が行われた。
皆、楽しくお酒を交わしお開きととなり、ジホンとへジョンはゲームセンターへ
子供に戻ったかのように二人は楽しみ、最後にどちらが早いか競争した。
へジョンが勝ったが、「今度は負けてあげます。」と言いジホンの手を握った