青い海の伝説  あらすじ 11話


ジュンジェが、次々に記憶が蘇って

きていた頃チョンは、デパートに居た。


ジュンジェ達の詐欺の仕事に初めて

付いて行った日に買い占めた物を返品しに。

そして、帰り道でジュンジェの

戸籍上の兄チヒョンと遭遇したチョン。


家に帰りたくないと言うチョンを

サウナまで送ることに。

ジュンジェは、寝ずにチョンを夜通し捜した。


翌日、やっと居場所が分かった。

駆けつけると、チョンはチヒョンと一緒だった。

家に帰ろうと話すが、帰らないの一点張り。
だが、ジュンジェにはチョンの心の声が聞こえている。

お腹は空いていないと言うチョンだったが、

心の声がどんどん聞こえてきた。

だが、帰らないというチョンにここから

出るなと言いジュンジェは家に帰った。

家に帰ったジュンジェは、

スペインでの事も思い出した。


いけ好かない奴と思っていた人物が

自分だと知ったジュンジェは、チョンの居るサウナへ。


寝ているチョンの隣に一緒に横になった。

チョンが人魚である事を知ったジュンジェは、

過保護なほどチョンの周りの水を気にした。


その様子を見ていたサウナの客に、

帰ってくれと懇願された。

 

サウナに居るチョンの元に

友達のユナが訪ねてきた。


もうすぐ発表会があるが自分には

応援してくれる人がいないと…


それを聞いたチョンは、ユナの発表会へ。

チョンはユナのお母さんに頼まれたと

嘘を付きユナの発表会を見に来たのだ。


そして、ジュンジェ達もやってきた。

チョンは、ジュンジェに話さずに

来たのに何故知っているのか驚いた。

ユナの発表会の帰り、チョンとジュンジェ達はカフェに入った。
ナムドゥがチョンがいなくて寂しかったと。

チョンは、ユナに嘘を付いた事を気にしていた。
だが、付いてもいい嘘もあるとナムドゥが言った。

チョンは、ジュンジェの顔を見て
「約束できる?人を気づ付ける嘘はつかないって」

ジュンジェは、ナムドゥとテオの前で約束した。
「嘘はつかない」と。

ジュンジェは、ナムドゥとテオを先に帰した。
チョンが欲しがっていたUFOキャッチャーのタコのぬいぐるみを発見したのだ。

だが、ぬいぐるみを持ってチョンの元へ行こうとした時だった。
マ・デヨンの目撃情報を受け動いていた警察にジュンジェが捕まってしまった。

今まで詐欺を働き目を付けられていた刑事に見つかったのだ。

チョンに気づかれないよう、素直に従ったジュンジェ。

ジュンジェを待つチョンの背後に、怪しいタクシーが一台停まった。

 

 

 

青い海の伝説  あらすじ 12話

朝鮮時代

キム・タムリョンは民の心を混乱させたとして罪人となり幽閉となった。

現代に戻り…

ジュンジェは、マ・デヨンを追っていた刑事に見つかり逮捕されてしまった。
チョンを外で待たせたまま…

そして、チョンの後ろに怪しいタクシーが停まった。

車に乗り込んだ時、ジュンジェの携帯が鳴った。
電話に出さしてほしいとお願いするが詐欺師のジュンジェのお願いは聞き入れてもらえず。

そんな時、刑事達の会話を聞き顔色が変わったジュンジェ。

マ・デヨンの目撃情報で動いていた事を知った。
刑事に、マ・デヨンの狙いは自分だと伝えるが聞き入れてもらえなかった。

だが、ジュンジェの真剣な顔を見てチョンに連絡する事を許された。
急用が出来たから家に帰れと話し、近くのタクシーに乗るというチョンに
電話は切るなと言いタクシーに乗り込ませた。

だが、乗ったタクシーの運転手はマ・デヨンだったのだ。
チョンの「今日は帽子被ってるんですね」を聞いたジュンジェは、マ・デヨンだと確信した。

そして、チョンが向かっている先を聞き出した所で電話が切れ繋がらなくなってしまった。

チョンは廃病院に連れてこられていた。
目を覚ましたチョンが見たのは大きな樽に水をはっているマ・デヨンの姿だった。

何をしているのか尋ねると、夢の話をしだした。
その夢にチョンが出てきて、人魚だという。

ジュンジェ達が廃病院に着いた頃、チョンはマ・デヨンに人魚にまつわる話をしていた。
人魚は自分の身を守るために、自分に触れた人の命を奪ったり記憶を消すと…

マ・デヨンは夢で見ていた為、怖くなり逃げて行った。

その時、ジュンジェがチョンの心の声を聞き取りチョンの居場所を特定した。

刑事と一緒に帰宅したジュンジェに驚くナムドゥとテオ。
チョンを寝かした後に、マ・デヨン逮捕に向けて手を組むことが決まった。

チヒョンは、父が弁護士と相続の話をしている所を聞いてしまい
自分ではなくジュンジェにと言っている父を見て言葉を失った。

そして、自分の本当の父親について気になり母に尋ねるが母は教えてくれず
ただ、チヒョンの前に現れないのがチヒョンの幸せだからだと話した。

イルジュンの目は良くなるどころか悪くなっていく一方だった。
それは、継母のソヒが薬をすり替えていたからだった。

その頃、ユラン(ジュンジェの母)も同じ病院に来ていた。
ユランはイルジュンに気づくがイルジュンは目のせいでモランに気づかなかった。

ソヒと一緒の所を見たモランは昔の事を思い出した…

イルジュンが事業に成功し始めた頃、高校の同級生だったソヒが
保険に入らないかと尋ねて来た時の事を。
この、再会が悪夢の始まりだった。

ジュンジェの元に酔ったチヒョンから電話が来た。
父親を守れそうにないと…チヒョンはジュンジェに父イルジュンを任せたのだ。

ジュンジェが寝室に戻ると、チョンがベットの上に寝そべっていた。
チョンはジュンジェに確かめたい事があり待っていたのだ。

だが、まだ整理がついていなかったチョンは一晩考えるという。
ジュンジェはチョンの心の声が聞こえるようになってしまっていた。
一晩中、チョンの声が聞こえるなんて地獄のような夜になる。

黙らせようとジュンジェはチョンにキスをした。

 

 

青い海の伝説  あらすじ 1〜20話(最終回)

 

 

 動画

『青い海の伝説』 無料動画(日本語字幕付)

 第1~20話(最終回)イ・ミンホ主演

超面白い韓国ドラマが31日間
無料お試しで400作品以上見放題!
なんと!今すぐに、見ることができます。
韓流LP