青い海の伝説  あらすじ 9話


元居た場所に帰ると言うチョンに、ジュンジェは
「好きになる計画が出来た。行くな。」と言い気を失ってしまった。

気を失ったジュンジェは、タムリョンに会っていた。
タムリョンは「全ては繰り返される。ここでの因縁が来世でも続く。
悪人もまた…危険な者から、その女性を守れ」と話した。

ジュンジェの意識が戻った。

家に帰ったジュンジェにナムドゥが「相手の顔を見たか?」と聞いてきたが
なんとなくの記憶しか残っていなかった。

その時、脱走犯のマ・デヨンがニュースに流れた。

それを見たジュンジェは、警察になりすましていた男も
ナム部長になりすましていた男も、マ・デヨンである事に気づいた。

このニュースを見てチョンが「今日は帽子を被ってない。」と言った。
警察の格好をしたマ・デヨンと黒い帽子を被ったマ・デヨンに遭遇していたのだ。

チョンは、マ・デヨンに尾行されていた。

その事実を知ったジュンジェは、自分を殺そうとした男が
何故チョンにまで手を出すのか分からなかった。

そんな時、タムリョンに言われた事を思い出した。

”ここでの因縁が来世でも続く。悪人もまた…危険な者から、その女性を守れ”

ソヒの元に、郵便局員に変装したマ・デヨンが訪ねてきた。
金が底をつき、ソヒの所に来たのだ。

丁度その時、息子のチヒョンが帰って来た。
遅い時間の郵便配達に疑問を感じたチヒョン。

チヒョンは、ジュンジェに偶然会った事を話した。
だが、その話を聞いても驚かず、ジュンジェについて何も訪ねてこない母ソヒ。

ソヒは、ジュンジェが戻れば今の幸せは無くなると…

チヒョンはナム部長の妻から預かった、ナム部長の携帯の通話記録の
一覧を片っ端から掛けていた。

その時、ジュンジェの携帯が鳴った。
知らない番号だったが、すぐにチヒョンである事が分かった。

この電話で、ナム部長が事故に遭っていた事を知った。

ナム部長のお見舞いに行った時、数十年ぶりに父イルジュンと再会した。

イルジュンは、相続の話を持ち掛け家に戻るようジュンジェに話すが
「何もいらない」と言いジュンジェは席を立った。

家に帰った時、ジュンジェはチョンに冷たくあたった。
「行きたきゃ行け。お前がいない時の方が気が楽だった」と…

だが、チョンはジュンジェの本心でないことを見抜いていた。

「諦めないでそばにいるから言いたい事を我慢しないで
苛立たないで言って」と言うチョンにジュンジェは心を開いた。

父親に伝えたい事を伝えられなかったと…

本当は家を出て辛かった事。自分を捜してくれるかもと思って待っていた事。
凄く会いたかった事。を正直に話せなかったとチョンの前で泣いた。

落ち着いたジュンジェは、チョンの前で泣いた事が急に恥ずかしくなった。
だが、チョンは聞いた話は忘れるから大丈夫だと話した。

だから、「どんどん話して」と…するとジュンジェが「これも忘れてくれ」とチョンにキスをした。

次の日、前々から計画していたアン・ジンジュへの詐欺の計画を進めた。
ジュンジェ達の計画通りにジンジュは動き始めた。

今回は富豪の設定で、チョンも一役かったのだ。
一仕事を終え、帰り道でジュンジェの携帯が鳴った。

キム・タムリョンの実家跡地から、保存状態の良い物が発掘されたと。
確認の為に、シアと保管場所へ…

シアが発見した後輩から聞いた話では、誰かに見つけてもらおうと
密封され保管されていたようだと言う。

ジュンジェは一人で見たいと言い、ひとり保管場所へ入って行った。
そこには、一人の肖像画があった。

自分と同じ顔の人物だった。

 

 

青い海の伝説  あらすじ 10話

朝鮮時代

タムリョンの屋敷で身を隠していたセファの元に
一人の男が血相を変えてやって来た。

その男に言われるがまま、セファは男に付いていき
タムリョンの屋敷を後にした。

そして、着いたのは洞窟だった。
その男はタムリョンに友だったのだ。

必ずタムリョンを連れてくると言いセファの前を去って行った。

だが、タムリョンの友はタムリョンを捜しに出てすぐに
ヤン氏の手下に追われ、逃げ場を無くし崖から落ちてしまった。

その頃、タムリョンはセファを捜し続けていた。

現代に戻り

なかなか来ないチョンを心配し、チョンを捜しに
車を走らせたジュンジェ。

そして、ある場所で、さっきチョンが配っていたビラが散乱していた。
そして、チョンに渡した携帯も…

ジュンジェはすぐに事故に巻き来られたと悟り
必死で何件も病院を回りチョンを捜した。

やっと見つけたチョンは、ベットに横たわり体は冷たくなっていた。

足を骨折していたチョン、人魚は足を怪我すると命に関わる。
すぐに心肺蘇生が始まった。

ジュンジェは、心肺がなかなか戻らないチョンの手を握った
その時、チョンの心臓は動き出し目を開けた。

その後の回復は驚異的なものだった。

そして、チョンが事故にあったのは戸籍上の兄チヒョンに
よるものだと分かったジュンジェ。

ナム部長がジュンジェに会いに来た。
そこで、父が自分を捜している事を知った。

チョンは退院する事になった。
帰る家が無いと言うチョンだったが、ジュンジェがチョンを迎えに来た。

帰り道、チョンは初雪が終わってしまい暗い顔をしていた。
そんなチョンを見たジュンジェはチョンをスキー場へと連れ出した。

ナム部長は、ジュンジェに会った事を
ジュンジェの父、会長のイルジュンに話した。

だが、この会話は盗聴されていた…ジュンジェの継母ソヒに。

その頃、ジュンジェとチョンはスキー場へ。
この日、ジュンジェは確かめたい事があると、ずっと気になっていた
記憶の断片を繋げようとしていた。

 

 

青い海の伝説  あらすじ 1〜20話(最終回)

 

 

 動画

『青い海の伝説』 無料動画(日本語字幕付)

 第1~20話(最終回)イ・ミンホ主演