第13話 あらすじ

監察府(カムチャルブ)の定期試験が始まる。そこで初めて、
不合格の場合は女官の資格を失うと知ったトンイは青ざめる。

課題はまだ読んだこともない書だ。次々とほかの女官たちが
合格していくなか、トンイの番が回ってくる。

もちろん答えられるはずもなく、トンイに「不合格」が言い渡される。

粛宗(スクチョン)は朝廷の安定を図るために、政治的に大きな決断を下す。
ヨンダルは部屋を貸しているチョンスの正体を怪しんでいた。

 

 

第14話 あらすじ

トンイはチョンスが近くにいると知って、
一刻も早く会いたいという思いに駆られる。

一方、望みをかなえるためにチャン・ヒジェに協力することに
したチョンスは、なにも聞かずに武器の輸送を手伝う。

帰宅後、剣契(コムゲ)の鉢巻きが無いのに気づき…。

清国の使節団に密輸商人キム・ユンダルが潜んでいると
ソ・ヨンギから報告を受けた粛宗(スクチョン)は、捜査を認める。

監察府(カムチャルブ)の女官も潜入捜査をすることに。

 

 

第15話 あらすじ

清国の兵士に追われるトンイは、ちょうど清国大使に会いに
来ていた粛宗(スクチョン)を見つけ助けを求める。

トンイは武官が粛宗を「王様」と呼ぶのを聞きとまどうが、
粛宗が本当に王だと悟り驚く。そのとき、キム・ユンダルと清国の
兵士たちが現われ、無断侵入したトンイを引き渡すよう要求する。

粛宗は清国が騒ぎだす前にキム・ユンダルの密輸を暴こうと、
トンイが見つけた暗号の場所をただちに捜索するよう命じる。

 

 

第16話 あらすじ

自ら清国大使のもとに出向いたトンイは、すべて陰謀だと訴える。
無実を訴えて自害したとされるキム・ユンダルは罪人で、
まだ生きているから彼を捜し捕らえるべきだと主張。

大使はいぶかしがりながらも、詳しく話すようトンイに命じる。

粛宗(スクチョン)は兵力を使ってでもトンイを連れ戻そうと
するが、清国との衝突を恐れる重臣たちの猛反対にあう。

それを知ったチャン尚宮は、粛宗がそこまでしようと
していることに驚く。