第37話 あらすじ

トンイはかつて無実のオクチョンを陰謀から救ったときと

同じ方法で彼女の罪を立証すると告げる。

証拠などあるはずがないと思っているオクチョンだが、

なん のことかわからず不安にかられる。

監察府(カムチャルブ)ではチョン尚宮(サングン)が

ユ尚宮の取り調べを開始。

そしてシム・ウンテクは粛宗(スクチョ ン)のもとへ向かう。

やがて、トンイはいぶかしがるオクチョンの前にあるものを取り出して見せる。

 

 

第38話 あらすじ

粛宗(スクチョン)はオクチョンから王妃の地位を剥奪すると命じる。

しかし、王位継承者である息子、世子(セジャ)の母であることに

免じて側室、禧嬪(ヒ ビン)の称号とともに宮廷に留まることを許す。

一方、チャン・ヒジェはすぐに流刑先に送られることに。

ほかの南人(ナミン)派の重臣たちにも、さまざまな 処分が下される。

無実だった仁顯(イニョン)王妃も復帰。宮廷が平穏を

取り戻しつつあるころ、粛宗はある夢を見る。

 

 

第39話 あらすじ

正式な側室、淑媛(スグォン)になったトンイに男の子が誕生。

息子をかわいがる粛宗(スクチョン)と幸せな日々を過ごしていた。

宮中では王の世継ぎはトンイの息子に入れ替わるの

ではないかとささやかれはじめる。

そのウワサは禧嬪(ヒビン)の耳にも入り…。

粛宗は息子を永寿(ヨンス)と名づける。

トンイは永寿の百日の祝いの代わりに、飢きんで苦しむ民に粥(かゆ)を

配る配給所の設置を頼むが、そこである事件が起きる。

 

 

第40話 あらすじ

トンイは宮廷の外で療養する許可を得る。真の目的は、

過去に剣契(コムゲ)を陥れた真犯人の調査を自ら行うことだった。

ずっと謎だった“手の暗号”が清国 の数字を示す可能性があると知った

トンイは、シム・ウンテクとともに清国の商人が集まる場所へ。

チョンスは剣契再結成の疑惑を確かめるため、

かつて剣契の 砦(とりで)だった場所を調べる。

一方、チャン・ムヨルを取り込んだ禧嬪(ヒビン)は、

水面下で新たな動きをみせる。

 

 

トンイ あらすじ(ネタバレ)簡易版1〜60話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!