第41話 あらすじ

療養先に襲撃してきた剣契に、トンイは自分は元かしらの娘だと明かす。

彼らが躊躇しているうちに、漢城府の兵が乗り込んできた。

急いで、剣契を逃してトンイが出ていくと、

兵を率いていたのはムヨルの部下だった。

そこに、チョンスが駆けつけ、漢城府の塀を追い返した。

トンイは、ソリの協力で、密かにケドラと感動の再開を果たした。

だが、両班殺害の話になるとケドラは口を閉ざし、復習をやめるように言う

チョンスの説得も聞かずに立ち去ってしまう。

 

 

第42話 あらすじ

テソクこそ、南人の長の座を狙い大司憲を殺害した犯人だった。

ならば、大司憲と同じ手信号を使っていた女官はヒビンではないか。

トンイはそれを確かめるため、女官が落とした蝶の鍵飾りの絵を持って、

ヒビンを訪ねた。

ヒビンはムヨルから、トンイが剣契と関係があるらしいと

聞いて戻ってきたところだった。

トンイが絵をヒビンに見せると、「なぜ、お前がこれを?」と動揺する。

やはり、ヒビンは事件に関与していたのだ。

そのころ、テソクの屋敷の壁に「剣契にかぶせた罪を暴く」という紙がはられ

テソクは慌てて証拠隠滅の動き出した。

 

 

第43話 『苦渋の決断』 あらすじ

漢城府でムヨルから話を聞き粛宗は、剣契の逃走を手助けする

トンイを見て、呆然として立ち尽くす。

粛宗が決定的瞬間をその目で見るようにヒビンが仕向けていたのだ。

漢城府へ連行されたトンイは、「逃げはしない、王様に全てを

話したら取り調べに応じる。」と主張する。

官廷に戻されたトンイは、剣契に協力してケドラを逃がそうとしたこと

そして長い間隠してきた本名と素性を粛宗に告げた。

驚きと怒りを隠せない粛宗は、声を張り上げて、トンイを部屋から追い出す。

打ちひしがれて居所に戻ったトンイを、チョン尚宮たちが待っていた。

トンイはみんなを巻き沿いにさせないために、その場から去れというが、

トンイを心から慕う彼女たちが、従うはずはなかった。

一方、牢を訪れた粛宗はケドラと会い、ケドラのこう尋ねる。

「なぜ、殺人を犯したのか?」と、ケドラはこう答える。

「この国では、人間扱いされない賤民が、無残に殺されても

誰も何もしようとしない。だから、俺が手を下したのだ。」

との答えに、粛宗は衝撃をうける。

 

 

第44話 あらすじ

粛宗が漢城府に到着した時、トンイはすでにムヨルに全てを自白していた。

なぜ早まった行動をしたのかと責める粛宗に、

トンイは命よりも大切なものがあると答える。

どうしてもトンイをあきらめきれない粛宗は、王の座を捨てて

一緒に逃げようとまで口にし、トンイを宮廷にとどませる。

トンイの極刑を求める重臣たちは、登庁を拒否して粛宗を糾弾し、

宮廷の基盤までもが揺らぎはじめるが、粛宗は耳を貸さなかった。

そんな、ある日、トンイは王子の体にできた発疹に気づき、

王子がはしかにかかっていたことに気づくが、短い生涯を終えることになる。

トンイと粛宗は深い悲しみの陥り、トンイは粛宗に「私のせいで王様が

苦しむことがないように、終わりにして下さい。」と粛宗に告げる。

そして、粛宗は、遂にトンイに処分を下すことを決意する。

「スゴォンの名と地位だけを残し、側室としての権利を剥奪した上

宮廷外の私邸に追放し、二度とトンイとは会わない。」と

そして、トンイが宮廷をさる日がやってきた。

ポン尚宮とエジョンがついていくことになり、トンイに関わる人達は

涙ながらにトンイを見送った。

私邸での生活が数ヶ月過ぎたころ、トンイはお腹に身ごもっていることに

気づいて、やがて、元気な男の子を出産する。

すると、粛宗から手紙が届いて、

明るい光を意味する『クム』いう名をいただいた。

それから6年がすぎて、クムはすくすくと明るく力ある子どもになっていた。

 

 

トンイ あらすじ(ネタバレ)簡易版1〜60話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!