第49話 あらすじ

トンイは、危機状態に陥ったイニョン王妃を懸命に看病する。

グソンのもとから帰ってきたヨニングンも、

王妃の様態を心配して涙ぐんだ。

一方、王妃を疎んじんでいたヒビンは快哉を叫び、

証人の医女を奪い返すようヒジェに指示する。

ヒジェは、占い師の「王妃が死ねばヒビンたちは救われるが、

王妃が目覚めたら、絶対に取り返しがつかない。」という予告を思い出し、

なんとしても王妃を亡き物にしなければと考える。

王妃の快癒祈願の花輪を作ろうとヨニングンが

宮廷の庭で菖蒲を探していると、世子が通りかかった。

優しい性格のセジャは自分の一緒に探したいと一緒に菖蒲を集めだす。

尚宮からセジャの病気のことをトンイはヨンギに相談する。

秘密を知られたくないヒビンは、王妃が保護している証人を狙うに違いないと

王妃はその隠れ家をチャングムという若い女官にだけ教えていた。

 

 

第50話 あらすじ

イニョン王妃が亡くなった。国中が悲しみにくれたが、

事件が解決したわけではなかった。

チョンスはヒジェと占い師の関係を掴み、監察府は医女の隠れ家に

落ちていた短刀がヒジェのものだという証言を得たが、

医女の行方もわからないままだ。

そして、それはヒビンも同じだった。

南人を中心とする重臣たちは、ヒビンを次の王妃にするように粛宗に訴える。

だが、亡き王妃は死に際、王妃の座をトンイに与えるように粛宗に遺言した。

しかしトンイ本人が王妃の座を望むとは思えない。

粛宗は頭を悩ませていた。そんな宮廷のいざこざとは関係なく、ヨニングンはセジャを

お兄さんと慕っている。チョンスはトンイにセジャの病気を粛宗に話すべきだと

いうが、仲の良いヨニングンとセジャを離ればなれするのはヨニングンのために

なるかわからないと悩む。

 

 

第51話 あらすじ

粛宗がトンイをビンに任命することを知ったヒビンは、

トンイの言葉を信じないことにした。

トンイに証拠の品を突き返すと、どんな結末を迎えようと

最後まで戦うと宣戦布告する。

政治とは関係なく心を通わせ合う世子とヨニングンが兄弟でいられる

ように和解を望んだトンイだったが、その機会は失われてしまった。

そのころ、ヨニングンはヒジェの策略にはめられていた。

ヨニングンの荷物から出てきたのは、世子だけが認める帝王学の書だったのだ。

東宮殿から盗んだのではないかとうたがられたがヨニングンは反論しようとするが

内医院に忍び込んだことを内緒にすると世子と約束したために・・・

 

 

第52話 あらすじ

ヨニングンが世子と宮廷を抜けだした事に気づいたトンイは、

女官たちと総出で二人の行方を探した。このことが公になれば

ヨニングンに災いが降りかかるかもしれない。

遅くなっても宮廷に戻らないのは、なにか問題が起きたに違いない。

トンイは橋の近くでヨニングンの服を見つける。

宮廷には知らせぬなと世子に言われたヨニングンは、ヨンダルとジュシクに

助けを求める。ジュシクがヨニングンと宮廷に戻り、ヨンダルがおじに

なりすまして、捕盗庁から世子を請け出す計画だったが

その前に、世子は逃走をはかっていた。

 

 

トンイ あらすじ(ネタバレ)簡易版1〜60話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!