第57話 あらすじ

トンイは、かねて心から決めていたことを思い切って粛宗に告げた。

「王様の跡をついで王になるのは世子様だけ。ただ、ヨニングンも

また王になるしかないと思っています。」

反逆ともとれる危険な発言である。二人を王位に就かせ、二人を救う。

粛宗は、「ソナタしか抱けない夢だ」といい、

翌日から全ての国事を取りやめて部屋にこもった。

不穏な空気が流れ始めた頃、粛宗は重臣たちに2つの重要な決断を伝え、

宮廷は大きく揺れた。それは王位を継承するのは世子であること、

トンイを宮廷から出すことだった。王妃から粛宗の意向を聞かされたトンイは

粛宗に抗議するというチョン尚宮を止め、ヨニングンにも知らせずに沈黙を守った。

チョンスは、王命の真意を直接粛宗に尋ねるようにトンイに勧めた。

トンイは粛宗が自分に何も言わないのは待てという意味だろうだから、

自分は粛宗の命に従うだけだという。

 

 

第58話 あらすじ

トンイが世子の座を狙っているという噂に疑問を持ち始めていた王妃は

真偽を確かめるためトンイを訪ねた。

トンイは胸の内を王妃に明らかにし、2人の王子をともに救いたいという

願いを告げるが、王妃は半信半疑だ。

そこへヨムルの使いが来て、王妃は中宮殿へ戻っていった。

宮廷にのこったチョンスを孤立させたムヨルは、トンイとその側近が

反逆を企てているようだと王妃に耳打ちし、

世子を守るためトンイの出宮を早める命を出すようにそそのかす。

ムヨルはトンイを亡き者にしようと計画を進めていた。

一方、トンイはムヨルの動きを察知していた。粛宗が譲位を考えていることを

ムヨルに知られたに違いない。ムヨルがトンイとヨニングンの命を狙うはずだと考えた

チョンスは、粛宗に同行しているヨンギへ使いを出した。

 

 

第59話 あらすじ

勝ち誇った顔を見せたムヨルは、兵に取り込まれ表情を一変させた。

イヌォン王妃はトンイではなくムヨルを捕らえるように命じていたのだ。

実は、トンイは騙されたふりをして敵の出方をうかがっていた。

そして、ムヨルが罠を仕掛けようとしているのを見抜くと、

トンイは、すぐに王妃を訪ね、王妃に粛宗の譲位の意向を伝えた上で、

ムヨルの計略の全貌を説明し、「必ずムヨルの罪を証明してみます」

と訴えたのだ。

ムヨルがトンイを捕らえる宣旨を下すよう王妃に進言したのは、

その直後だった。

 

 

第60話 あらすじ

粛宗はトンイを出宮させることを渋ったが、トンイは

貧しい人たちのために宮廷を出たいと訴えた。

ヨニングンが将来、無力な民のために生きる王になれるよう

自分の生き方を見せておきたいのだというトンイの強い決意の前に、

粛宗も認めざる負えなかった。

トンイは、胸を引き裂かれる思いでヨニングンに別れを告げると、

自分は永遠に母であり、どんなにヨニングンを大切に思っているかを伝え、

今後は仁元王妃を母として慕うように約束させた。

宮廷の至る所に、トンイが残した貴い思いが花を咲かしている。

 

 

トンイ あらすじ(ネタバレ)簡易版1〜60話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!