馬医 36話  あらすじ


オ・ギョテの姿を見た顕宗は、彼の病は誰にも治せないといっていたミョンファンを

詰問し、医官たちにオ・ギョテを診察させる。誰もが口ごもる中、チニョンが現れた。

そして、オ・ギョテの病は外科手術によって完治していた。施療庁の腐敗を知った顕宗は

徹底的な捜査を命じる。ある晩、ソ・ドゥシクは傷がいやされつつあるソンハにしばらく

身を隠すように忠告する。薬契のとりしまりの晩に、ソンハの顔を見た兵士によって

人相書きがつくられ、追われる存在となっていた。ソンハやチニョンが薬契に深く

かかわっていることを知ったソ・ドゥシクは心配するがソンハは覚悟の上だという。

一方、クァンヒョンはキベとチャボンの待つ家に戻り、涙の再開をする・・・。

 

 

馬医 37話  あらすじ

死んだとされていたクァンヒョンの姿を見て、人々は驚く。清の偉い人はクァンヒョンの

罪を許してほしいと顕宗に頼んだ。後日、顕宗はクァンヒョンを宮廷に呼ぶとクァンヒョンは

罰を受ける覚悟はあると、コ・ジュマンの遺志を受け継ぐために帰ってきたと顕宗に告げると

顕宗は心を動かされる。コ・ジュマンが願った治腫庁を守って、外科手術を広めたい

クァンヒョンはは医官として、顕宗から任命を受ける。クァンヒョンが戻ったと知った

スッキ王女は、気持ちの整理をつけ、クァンヒョンに会いに行くようにチニョンに言う。

小雪が降る夜、ついに再会をしたチニョンとクァンヒョンはお互いの心を確かめて、

強く抱き合う・・・。

 

 

馬医 38話  あらすじ

再建された治腫庁では、外科手術を拒否する患者が続出していた。ただでさえ刃物で

体を切ることに抵抗がある上に、凶作による栄養不良などが重なって、術後に破傷風や

敗血症などの後遺症で亡くなる患者が増えていたからだ。しかし、手術でしか治せない

患者も多くいる。クァンヒョンたちの対応は迫られていた。そんな折、腕に違和感を

覚えたクァンヒョンはへミンソに休暇を申し出る。オ・ジャンバクに油分が多い料理を

たくさん頼み、それも持って山に籠った。入れ替わるように、遺体を埋葬する僧を

装った男が治腫庁にやってきて、誰もない霊安室で遺体を解剖し、治療日誌を盗み見ていた。

彼はかつてサムイの弟子で、のちに破門されたチェ・ヒョンウクだった。密かに医官の

実力を探っていたのだ。宮廷では、世子の頬にできた腫気が悪化していたのだ。

ミョンファンが薬による治療をおこなっていたが、全く改善されず顕宗は彼の治療に

不信感をあらわにした・・・。

 

 

馬医 39話  あらすじ

あらゆる薬を試しても、世子の出血は止まらない。クァンヒョンは鍼による止血を決意する。

それはサアムが編み出した独自の方法で、非常に高度な技だった。クァンヒョンは何とか鍼を

打ち終え止血に成功する。しかし、自らは腫気による高熱で倒れてしまう。世子の手術は

終了した。クァンヒョンはへミンソに運ばれ、腕の病巣をチニョンが切除した。ヒョンウクが

都に来ていると気づいたサアムは、その目的を確かめるために、彼に会いにいく。

ヒョンウクは10年の間サアムの弟子だったが、患者を顧みず技術の習得ばかりに熱中し、

ついには生体解剖にまで手を出し、破門になっていた。サアムを逆恨みするヒョンウクは

かつての師に復習しに来たのだ。そして、サアムが高度な技を伝授したクァンヒョンに対して

強い敵対心を抱いていた・・・。

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!