馬医 40話  あらすじ

敗血症を防ぐために必要な薬材の中には、毒性が強すぎるため、幼い世子に使うには

危険なものが含まれていた。クァンヒョンは悩んだ末、問題の薬材を灰にして毒性を

弱めてから加える方法を思いつく。やがて、ヒョンウクが世子の部屋に乗り込んできた。

クァンヒョンは彼に、自分が使おうとしている薬の処方を述べた。そして、その中の薬材の

一つは灰にして使うと言うと、ヒョンウクは驚愕する。彼も全く同じ処方を準備していたのだ。

それを知ったクァンヒョンは、その場にやってきた顕宗に、ヒョンウクが持参した薬を

使いたいと申し出る。ヒョンウクのちからを借りてはクァンヒョンの功績にはならないが

彼にとっては、そんなことよりも薬を作る時間のほうが惜しかったのだ。クァンヒョンが

ヒョンウクの薬を投与すると、世子は回復に向かった・・・。

 

 

馬医 41話  あらすじ

スッキ王女の治療は内医院が担当していたが、特効薬の効果はなく、ミョンファンは

頭を抱え、クァンヒョンたちも悩んでいた。そんな中、へミンソを手伝っていたサアムが

最初の患者が回復に向かっていたことに気づく。その患者に与えられていた薬の処方を

クァンヒョンが調べると、最初は解熱薬だけが使われていたことがわかった。痘瘡の薬は

作用が強く、凶作による食糧難で体力の落ちた患者は、強い薬に耐えられずに命を

落としていたのだ。そのことに感づいたクァンヒョンは医官や医女たちに、まず初めは

解熱薬だけを使うように指示を出す。そして、王女のもとを訪ねて、新しい薬で熱が下がれば

病は治ると勇気づけた。へミンソでは、熱が下がって回復へ向かう患者が出始めていた。

だが、王女の病気は悪化する。喉の内側に腫気ができ、呼吸さえままならないほど危険な

状態に陥っていたのだ・・・。

 

 

馬医 42話  あらすじ


クァンヒョンはヒョンウクの手術を止めた。そして、顕宗にヒョンウクが故意にスッキ王女の

病状を悪化させていたことと、喉の手術の危険性を説明した。そして、手術ではなく鍼で

瀉血する治療を提案する。ただし、それは馬用の鍼を用いた治療法だった。顕宗はそれを聞いて

激怒し、その場からクァンヒョンを追い出す。だが、顕宗と一緒に聞いていたオ・ギュテが、

クァンヒョンの覚悟と誠意に感銘を受け、自分の足の手術を引き合いに出して顕宗を説得する。

王宮殿の前で嘆願し続けていたクァンヒョンに、ようやく治療の許可が下りた。クァンヒョンが

馬医だったころ、スッキ王女と同じ病気を何度も治療してきた。スッキ王女の治療に

とりかかったクァンヒョンは、その経験を思い出しながら、喉の病巣を次々と鍼でついていく。

瀉血は成功し、スッキ王女の命は助かった。その後、クァンヒョンはミョンファンを問い詰め、

自分は戦い続けることを告げる・・・。

 

 

馬医 43話  あらすじ

クァンヒョンはソンハに、ミョンファンを自白に追い込むように協力を求める。

そうすれば、死罪だけは免れるからだ。チニョンをこれ以上悲しませないための策だった。

都に戻ったクァンヒョンはチニョンに会い、「すべきことが終わったら、二人で都を離れ

遠くの町で診療所を開こう。」と話すと、チニョンはうなずいた。クァンヒョンは一通の

投書をしたためソンハに託す。イ・ヒョンイクを殺害したのはミョンファンであり、父・

ペク・ソックを犯人に仕立てあげたのがソンジョだと。こうして、ミョンファンとソンジョは

司憲府の調査対象となった。訪ねてきたクァンヒョンに対して、ミョンファンはしらを

切ろうとするが、クァンヒョンは「罪を悔い改めれば、死罪だけは免れる」と忠告する。

保身に走るソンジョは、ヒョンウクを使ってミョンファンを始末させようとする。

しかし、その企みは、ミョンファンに伝わり彼は先回りしてヒョンウクの家に火をつけた。