馬医 48話  あらすじ

クァンヒョンとインジュは顕宗に目通りした。そして、ソヒョン世子の死に

イ・ヒョンイクが関わっていたことを告発したペク・ソックが逆に罪を着せられ

無念の死を遂げた事を話し、ソヒョン世子の治療について記したイ・ヒョンイクの

治療日誌など、証拠品も見せた。クァンヒョンが望むのは真実の公表ではなく、

養父の無念を晴らすことだった。そして、ソックの手柄が認められ彼が免賤されれば

チニョンもまた免賤されるのだ。顕宗は、ソヒョン世子の死に第16王・仁祖が

関わっていることに気づいていた。しかし、王家の醜態までは決して公表できない。

悩んだ末、役人に過去の記録を調べさせ、第7王・世祖の時代に、王名により殺人犯の

告発者が免賤された事例を見つけ出した。そして、その前例にのっとりソックを免賤し、

その娘であるチニョンも同様に免賤するという判断を示した・・・。

 

 

馬医 49話  あらすじ

王宮殿に駆けつけたシン・ビョンハとクァンヒョンらが顕宗を診察すると、腸に腫気が

あることがわかった。内蔵にできた腫気は手術が不可能なため、薬や鍼灸で治療するしかなく

すでに治る見込みは殆ど無い状態だった。やがて、顕宗は危篤状態に陥る。もはや、打つ手がなく

シン・ビョンハをはじめ誰もが無気力感を感じていたが、クァンヒョンは決して諦めなかった。

そして、『治腫指南』をひもとき、開腹手術の記録を見つけると、少しの望みをかけ、

自分が開腹手術をすると申し出る。しかし、極めて危険な治療であるうえに、王の腹を切るなど

と提案しただけで死罪になりかねない。シン・ビョンハは反対した。話を聞いたソンハも

チニョンにクァンヒョンを止めさせようとした。しかし、チニョンは「希望があるかぎり

手を尽くす」といい、自分も手術に参加することを決意していた・・・。

 

 

馬医 50話(最終回)  あらすじ

権力を手にすることは望まないクァンヒョンは、顕宗が全開したら宮廷を離れ、

民のための医療に全力をつくすつもりだった。そんなクァンヒョンの気持ちに気づいた

サアムは、王の主治医でも民を診ることはできるし、民のために権力を使うべきだと

クァンヒョンに助言した。そんころ、ホン・ユンシクをはじめ重臣の多くがクァンヒョンの

異例の出世に反発し、人事の撤回を求めていた。しかし、顕宗と大妃は彼らの要求を

毅然とはねのけた。首医に匹敵する力を持ったクァンヒョンは、ホン・ユンシクらの脅しに

ひるむことなく、民のための治療が手厚くなるように、医療改革に乗り出した。

シン・ビョンハはそんなクァンヒョンに協力し、テジュやテマンも医学教育の改革に

精を出していた。新しい診療所の開設準備も進み、クァンヒョンは治療費を無料にするため

さまざまな仕組みづくりを考えていた。一方、ソンハは官職を辞職し、清への留学が

決まっていた。クァンヒョンとチニョンの結婚式がついにやってきた・・・。

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!