仮面の王イ・ソン あらすじ(ネタバレ)

第9話

ファグンは、5年ぶりに祖父デモクの元へやって来た。

”頭領に手を出すな”と。
「もしも頭領を傷つけたら、私も傷つき頭領が死ねば…その時は私も自決します」と。

ファグンは、デモクに取引を持ち掛けた。
頭領の命の代価として、自分がデモクを超える後継者のデピョンスになると。

そして、世子は頭領として巨商総会に出席し、揚水庁が造幣権を狙っていた事を話した。
今後の危機に備えて一つになり力を貸して欲しい事も。

巨商達は皆「危機状況になれば頭領に従います。」と言った。

頭領の功により銅をピョンス会に渡らずにすんだ事は主上陛下(イ・ソン)の耳にも入った。
大妃様からの信頼も厚い事も。

世子は頭領として、ピョンス会に反対している者を捜し始めた。

ガウンは、大妃様に言われた「宮女になりなさい」と言われた事をまだ悩んでいた。
その時だった、寺に言っていた村の娘のヤンがフラフラと戻って来た。

直ぐにウボの所へ運ぶとヤンの手から毒が見つかった。
目を覚ましたヤンに事情を聞くと、行った先はお寺じゃなかったと言う。

ヤンは「深い山奥にある花畑だったんですが、同じ年ごろの女の子と
一日中花びらを摘み薬を作る仕事をしました。」と話した。

20名くらいが働いていて、皆病気にかかっていると言う。

早く毒消しを作らなければならないが、天然毒ではなかった。
誰かが作った毒だった為治療法を見つけるのが困難だった。

ウボは背後にピョンス会が居ると睨んだ。
ピョンス会に歯向かった者が赤い斑点に覆われて死体で発見された事があったからだ。

ヤンは友達を助けたいと、必死に場所を書こうとするが力尽きてしまった。
ヤンと一緒に居たメチャンがガウンに一枚の紙を渡した。

「子供が死ぬ前に書いた地図だから頭領に渡して」と言い部屋を出て行った。
中を確認したガウンは驚いた。

きちんとした地図が書かれていたのだ。
その地図には”ヨゲジ山”と書かれた山があった。

ウボは「暗号か彼らだけで使う隠語だろう」と。

その時、師友が「揚水庁の奴らがヤンを捜していたそうです。」と血相を変えて来た。

世子は、揚水庁がヤンを捜しているのを聞き手当をしたガウンの身が危険だと感じ
しばらくの間、身を隠すようガウンに話した。
コムリとコムリの母とイチョンに行って欲しいと…

ガウンは、チョンス(世子)の言う通りにすることにした。
だが、一日だけ時間が欲しいと…。

師友がガウン達をイチョンまで連れていく事に。
世子は、ガウンがイチョンに行く前にガウンの父の真実を話そうと決心した。

それを聞いた師友は「必ず理解してくれるでしょう。世子様とガウンさんは良く似ている」と
自分の事より他人を大切にする二人だからこそ…

翌日、ガウンに真実を話す為に世子はガウンの元へ。
二人は花を摘み、到着したのはガウンの父ハン・ギュホの墓だった。

ガウンは父の墓に向かい「王がピョンス会と手を繋ぎ民を苦しめているので
チョンスさんが、お父様のようにピョンス会と戦っています。」と。

チョンスを守って欲しいと墓前で父にお願いをした。

世子は、話すことがあると「5年前に話すべきだった…」と話した。
だがガウンは遮るように「チョンスさん。一つだけ約束してくれますか?」と。

「私が側にいなくても危険な状況に飛び込まないでください」と言った。
世子は、笑いながら「分かった。約束する」とガウンを安心させた。

主上陛下(イ・ソン)は、ガウンが薬屋を閉める事を知りデモクに見つかる危険をおかしても
二度と会えなくなるかもしれないガウンに会う為に用意を始めた。

薬屋に行くと母の姿を見つけた陛下。
そして、陛下の護衛に「おじさ~ん」と駆け寄って来たのは妹のコムリだった。

コムリは「お姉ちゃんはもう王様に会いにいかないって」と護衛に告げた。
そしてコムリを抱きしめていると、後ろから「それがお前の妹か」と…
後ろを振り向くとデモクの姿があった。

コムリはチョンス(世子)が来る事を思い出し走り出した。
コムリの向かう先には、世子が居た。

イ・ソンに気づいた世子に、世子に気づいたイ・ソン。
イ・ソンの先にはデモクの姿も…

イ・ソンは世子がデモクに見つからないようデモクを自分に注目させた。
その隙に、世子はコムリを連れて隠れた。

デモクが去った後、コムリが近づいて来て耳打ちをして去って行った。
世子は、コムリを使いイ・ソンに伝言を残していた。

”月初めの戌の刻(午後8時)に会いに行く”と。
それを聞いたウボは「何があっても行商の頭領として行動するんだ」と強く言った。

そして、ガウンの所に宮から神輿がやって来た。
それを見たコムリの母がチョンス(世子)の元へやって来た。

「どうかお嬢様を止めてください」と。
ガウンが宮殿の宮女になる事を伝えた。

世子はガウンを追い宮殿までやって来た。
ガウンが宮殿に入るギリギリの所でガウンの名を叫んだ。

だが、ガウンは追ってくるチョンスを無視し宮殿の中へ入っていった。

 

感想

ファグンの世子に対する想い。
もしファグンが世子に想いを寄せて居なかったら話は続かないでしょう。

そして、倭国で出会った妓生のメチャン…
世子の味方のようですが、そうじゃないのかも?と疑う場面も。

ようやく、ガウンに自分がチョンスである事を明かした世子ですが
ここに来てもピョンス会や揚水庁の邪魔もあり二人の空白の5年間は埋められません。

進展があったのは、世子が生きていた事を知ったイ・ソンと
デモクの操り人形になっている所を見た世子。

お互いがお互いの存在を確かめる事の出来た日。
今後、二人はどのように関わっていくのか見ものです。

そしてガウンは、大妃様との約束もありチョンス(世子)に何も言わずに
宮女になる為に入宮してしまいました。

まだ、偽の陛下を演じているイ・ソンはガウン自分の身分を明かしていません。
ガウンの入宮でどうなるでしょう。

 

「仮面の王イ・ソン」あらすじ(ネタバレ)第1〜20話

 

「仮面の王 イ・ソン」無料動画(日本語字幕有)