師任堂(サイムダン)」

1話 あらすじ

美術大学の非常勤務をしていたソ・ジユンは

500年前の「金剛山図」の論文を任された。


この論文が成功すれば、ジユンは

晴れて大学の教授になれるのだ。


ジヨンの指導教授のミンは、

「500年ぶりに発見された真作だ。

何が何でも完璧なものを書くように」と。

ジユンは、さっそく「金剛山図」を調べ始めた。

だが絵の中に日本の江戸時代の紅葉が


描かれていた。ジヨンは絵と時代が会わない事を発見した。


その時、家の電話が鳴った。銀行から夫宛てにだった。


帰って来た夫に銀行から電話があった事を伝え、

どうしたのかと尋ねるが夫は何も


答えなかった。だが、その理由もすぐに明らかとなる…

「金剛山図」と論文発表の日、ジヨンのようにこの絵に不信感を抱いた者が居た。
ミン教授に楯突いてクビになった、ハン・サンヒヨンだった。サンヒヨンも、紅葉が描かれている事を
指摘してきたのだ。そしてジヨンに「堂々とこの絵は真作だといえますか?」と尋ねた。
ジユンは、分からないと答えてしまった。この事がミン教授の逆鱗に触れてしまったのだ。
そして、この日、久しぶりの家族での外食に夫は来なかった。電話にも出なかったのだ。
その頃、夫ミンソクの経営する会社に金融監督庁が調査に入ってきていた。

何も知らないジヨンは食事を終え、義母と息子と家に帰宅した。
すると、家のあちこちに赤い紙が貼られていた。差し押さえだ。
そして、家の中には知らない人たちが居て、夫のミンソクにお金を貸していたと言い
借用書を見せられたのだ。その時、夫から電話が来た。
言われた場所へ行くが夫の姿は無かった。また電話が鳴り、息子のウンスと母を連れ身を隠してくれと言われた。
ジユンは友人のへジョンの家に居候させてもらうことにした。
そして、そこで再起を図る為に、前から計画されていた学会出席の為にボローニャへと…
だが、そこでジユンはミン教授に見捨てられてしまった。

途方に暮れるジユン、酒に酔いフラフラと歩いていると一人の男がジヨンに一冊の日記を手渡したのだ。
ジユンは、止まる場所を探し、やっとホテルへと…その時、夫からメールが届いた。
家が債権団の手に渡ったとのことだった…
追い打ちをかける夫からのメールに途方に暮れていた時、見知らぬ男からもらった日記が目に入った。

 

その日記には「金剛山図」と書かれていて、シエスタ・デ・ルナと書かれた建物の絵があった。
ジユンは、この建物を探した。たどり着いた所は、同じ名前の洋館だった。
中に案内され、辿りついいた部屋で、イ・ギョムの幻を見る事になる。
そして、導かれるように階段を上るジユン、だがイ・ギョムの姿はもうなかった。
そのまま前へ進み一つの部屋の中へ…その部屋には大きな鏡があった。
何かに誘いこまれるようにその鏡に近づくと急に鏡が割れ、割れた先に扉が現れた。
ジユンは近づき、その扉を開けた。
その中には、自分にそっくりな女の美人図が掛けられていた。
そして、同じ建物の絵の描いてある日記も見つけた。
その日記を持ち、帰路に着いた。空港に着いたとき、講師交代のメールが入った。

ジユンに失踪中の夫から連絡が来た。指定された駅へ行くと夫からメールが入った。
一瞬だったが夫ミンソクの姿を見たジユンは必死に追いかけるが見失ってしまった。
メールに指示されたロッカーに行くとお金とメッセージが残されていた。

ジユンは、懲罰委員会が開かれるまでに、自分に非は無い事を証明するため、友人のへジョンと
一緒に自分の行動を証明する物を用意したが、ミン教授は一枚上手だった…
ジユンは、職を失ってしまったのだ。
ジユンは、ミン教授に今回だけは許して欲しいと頭を下げに行った。
だが、ミン教授はそのお願いを聞き入れる事はなかった。

 

あらすじ 全話

『師任堂(サイムダン)』あらすじ 第1〜28話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!