雲が描いた月明かり」 

あらすじ 7話

無事に救出されたサムノム。
東宮殿の前で世子と別れ、資泫堂へと戻った。

資泫堂へと戻ったサムノムとビョンヨン。
ビョンヨンの体の怪我を見るなり自分の責任だと言うサムノム。
しかし自分の与えられた仕事だと言うビョンヨンは
表情一つ変えなかった。
布団に寝ころび資泫堂に戻ってこれた事に
かなり安らぎを感じるサムノムは宮殿を好む者が少ない中、
自分は逆に宮殿がもっと好きになりそうと話す。

次の日サムノムは東宮殿へと戻った。
慌ただしくサムノムの元に来たユンソンは、
唯一自分を走らせる内官で特別な存在だからと心配かけないでと
サムノムに伝えるユンソン。

一方王妃様の食事を出す前に毒味をした者が
王妃様の前で嘔吐してしまい王妃様のご機嫌を損ねたとして
内官たちの身体検査が再度行われる事に決定した。
そんな中、サムノムは世子の食事の毒味を言い渡され、渋々毒味を。
しかし毒など入っておらず、
世子に食事を勧めるが味にうるさい世子は食事をサムノムに与えた。
食べる姿を見ながら微笑む世子にサムノムは前の日、
自分の傍にいるよう言われた事をどういう意味で放った言葉なのかを
尋ねる。
世子はそのまんまの意味で、
可愛がっている内官を自分の傍に置くことがおかしいのかと答えた。

ユンソンの元に祖父である領護政ホンが訪れていた。
いきなり結婚の話を持ち出され、結婚後に我が家門より世子婿を送ると。
そんないきなりの話に驚くユンソンを
前に何もしなくていいと言うホンに何も返せないユンソンだった。

公主君様はダイエットに励んでいた。
ハヨンは公主君様の腹筋回数を数えていたが、
本人は世子の事が気になり回数を数える余裕もなかった。
公主君様から聞いた情報から花園へと向かうハヨン。
情報通り花園にいた世子を見つけ、散歩しませんかと誘うハヨン。
それを見たサムノムは後ずさりをするが、世子の答えは
ハヨンの誘いを断っていた。

その夜、マ内官は酔っ払いながら思いを寄せ合う女官の元に。
それを阻止したサムノムだが、首を絞められる羽目に。
ちょうどビョンヨンに救われ、世子も現れ助かったサムノムだった。

次の日木にもたれかかり溜息をつくサムノムとマ内官。
目が合い昨晩の事で
怒りを思い出したマ内官だが昨晩の行動はマ内官が
間違っていたと話、力になるというサムノム。

夜には王様と領護政が話し合っていた。
仮面を被った輩…
領護政より知らされたのは、あらゆる事件を起こしたとして
仮面を被った人物、そして彼らの急心点はホン・ギョンネという人物。
既に死んだホン・ギョンネ。
新しい急心点を作るべく血筋の子供を探していると言う。
その事を聞く王様は二度と反乱が起こってはならないと一人残らず
捕らえるよう伝えるのだった。

そんな朝、内官たちや宮殿の中で世子が男好きだという噂が広まり
内官同士の乱闘を見る世子。

 


書庫に昨晩作った人形を世子に見つかってしまうサムノム。
マ内官の件に関わるなと言われている中、見つかったがサムノムは
法に触れていないし天に届くと思って手を伸ばすのではないと。
皆が皆、王様の女人だと知らない訳ではないと言うサムノムは
どうしようもない事だと分かっていても
好きな気持ちが止めれる訳がないと自分の気持ちも重ねて話した。

サムノムは世子と別れてから木陰へと来ていた。
そこにいたユンソンに話をかける。
自分に一番腹が立つと言いながら世子の事で悩むサムノムにユンソンは
サムノムの居る場所ではないのではと言い、服装もサムノムに
ふさわしくないからと言う。
そして手に持っていた箱を開け以前大切な人に渡すという服を見せた。
そして今日その大切な人に聞きたかったと、その服をサムノムに渡す。
ユンソンはサムノムに「女人として生きたくはありませんか?」と
サムノムに男ではなく女として生きてほしい気持ちを伝えたのだった。

ハヨンにも結婚の話が。
しかしハヨンは世子に思いを寄せているため、
自分の決めた相手と婚礼を挙げたいと素直に話した。

服を渡されたサムノムは男としての生き様が楽だとユンソンに話すが
逆にそのまま男として生きて宮殿にいるのは危険だと言うユンソン。
そしてサムノムに女人になる手助けをするからそうしてほしいと
服を買った日からずっと伝えたかった事を伝え、サムノムが本当に
望むものが分かるその日まで待っていると言い木陰を後にしたのだった。

その夜、マ内官のために人形劇を開いたサムノム。
マ内官が思いを寄せる女官がそこへ訪れ、劇を見ながら涙しマ内官の
気持ちは届いた様子で、マ内官も劇を終え舞台下で涙するのだった。
そこへ王妃様側の内官がやって来て計画を立てたサムノムが
王妃様の元に連れて行かれる。
サムノムを迎えに中宮殿へと足を運んだ世子。
王妃様の言葉に逆らわず、落ち着きを見せながらサムノムを東宮殿へと
連れて帰る世子。

翌朝、身体検査を迫られおどおどするサムノムに救いの手が。
それはマ内官。
隅々まで検査をするよう告げられたマ内官は検査もせず合格の印を押す。
宴会の時にサムノムが舞子をした時から
サムノムの正体を知っていたというマ内官。
恋仲を協力したサムノムにお礼を言うマ内官だった。

マ内官と別れ、世子と歩くサムノム。
肩を張り真っすぐ自分を見るよう言う世子に
内官の正いい姿勢ですと体制を変えないサムノム。
そして自分を特別扱いしないで他の内官と同様に扱ってと言うサムノム。

夜を迎えた頃
世子はサムノムを花園へと呼び出した。
世子は自分の気持ちを何日も何日も考えた結果、自分がサムノムに
恋をしていると告白をする。
しかしいきなりの告白に戸惑い、していい愛としてはいけない愛だと
世子に伝えるが、世子はサムノムの顔をじっと見つめ
自分がしてはいけない愛をすると言いながら、サムノムに歩み寄り
腰を取る世子。
サムノムも世子を見つめながら身構え、そんなサムノムを見ながら
微笑みお互いに唇を重ねたのだった。

 

雲が描いた月明かり あらすじ(ネタバレ) 1〜18話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『雲が描いた月明かり』 

無料動画(日本語字幕付き) 第1~18話(最終回)

 

 

 

最近、発見したツタヤ動画配信には

無料見放題作品が50作品以上あり、驚きました。

 

僕が見た韓国ドラマの中でも

かなりハマった韓国ドラマが時代劇から

純愛物までたくさんあり、興奮しました。

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

見たいドラマがたくさんありすぎて、

迷ってしまうほど充実しています。

あなたも、今すぐ、簡単に30日間無料

リスクなしで、お試しできるので、

超面白い韓国ドラマを見まくって、


DVDも借りまくって、

綺麗な画面でドキドキ・ワクワク、

胸キュンする時間を送ってください。

 

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

解約もネット上から簡単にできますよ。

 

韓国ドラマを見るならツタヤで!
『雲が描いた月明かり』がなんと!
無料お試しでDVDが8枚無料で借りれます。