師任堂(サイムダン)

あらすじ 23話

食事も摂らずに龍顔の作成を続けていた
サイムダンの元に、心配したギョムが
食事を持ってやって来た。

サイムダンは、その食事を食べ
ギョムに微笑んだ。

主管画師 サイムダンに異を唱える三義政と
他の大臣達は持斧上訴を行い世子に圧力をかけた。
門の外でも異を唱える声が響いていた。

そんな中でも、サイムダンの龍顔の作業は続いていた。
殿下は…

「そなたのせいで全国各地で上訴が
後を絶たないそうだ。恐ろしくはないか?」と
そして、ギョムが惚れるだけの事はあると
微笑む殿下。

サイムダンは…

「ただ、全ては運命だと考えております。
運命であると受け入れれば 恐ろしい事も
不可能な事もございません」と

殿下に呼ばれたギョムが部屋に入って来た。
そして、殿下は再びサイムダンに尋ねた。

「本来、王とは民の声に耳を傾ける者
今の挑戦において最も正すべき事はなんだ?」と

サイムダンは…

「夢をみられる国であればと思います。
努力すればいい事があるという夢」と

その晩、殿下は悪夢を見る事となる。

ミン・チヒョンは倭国の将軍との取引の兵船図鑑を
まだ手に入れる事が出来ていなかった。
チヒョンは、ギョムが邪魔だと言った。

それを聞いていた将軍が

「悩むことはない。始末すればいいだろう
刺客を送ろうか?」と

殿下は、サイムダンの言葉を聞き不安になった。
そして、病床に伏せていた殿下は
世子に任せていた聴政を撤回した。
そして、ギョムにはサイムダンと一緒に
御真影を描くようギョムもまた主管画師にと命令が下った。

チヒョンは未だに手に入れられない兵船図の入手を
急ぐようフィウム堂に命令した。
その夜、フィウム堂は図画署に翁主様にもらった
ノゲリを落としたと嘘を付き、図画署に入り込んだ。

途中、図画署の官使が腹痛を訴え出て行った隙に
兵船図を盗み出した。

御真影の完成披露の日がやってきた。
殿下は救侐米を民に振る舞い、大勢の民が宮殿の前に集まった。
そこで、ギョムとサイムダンの描いた御真影が披露された。

するとどこからともなく

「ひどい御真影だ!御真影を描いた者を捕えよ!」と声が響いた。
だが、ギョムはこうなる事を悟っていたのだ。
ギョムは民を味方に付けていた。
沢山の民達が、称賛しお祭り騒ぎとなった。

楊柳村では、サイムダンの御真影成功を喜び
皆でどんちゃん騒ぎだった。
そんな中でフィウム堂の息子ジギュンもお祝いに駆けつけていた。

そして、フィウム堂の元にはジギュンが
最近学堂に来ていないと知らせが入った。

フィウム堂は楊柳村へ…
そこには笑っている息子の姿があった。
フィウム堂はジギュンを連れ出した。

そこで、ジギュンの気持ちを知る事になった。

「僕の夢は、家族仲睦まじく食事をする事です」と言い走り去って行った。
その様子を見ていたサイムダンが静かに
フィウム堂に近づいた。

「子供達に教えられるわ…全て水に流して
子供たちの事を考えましょう」と
サイムダンはフィウム堂の手を優しく握った。

殿下は、民の心を掴んでいるサイムダンとギョムを恐れ
次なる手段に出た。ミン・チヒョンを呼び出したのだ。

殿下はチヒョンに、サイムダンとウィソン君の心臓を
取って来いと命じたのだ。

チヒョンは倭国の者を使いサイムダンを拉致し
それを使いギョムをおびき寄せ二人いっぺんに
始末しようとしていた。

チヒョンはその為に、フィウム堂に比翼堂に文を
届けるよう命令した。
だが、フィウム堂はチヒョンの勝手な行動により
家族もろとも崩壊を防ぐために
チヒョンを説得しようとするが聞く耳を持たなかった。

そして、隠しておいた兵船図鑑も見つかってしまった。

フィウム堂はチヒョンから預かったギョム宛ての文を見た。
そして、手下に先回りさせるがサイムダンの姿は無かった。

そして、ギョムにも文が渡りサイムダンを助けに山小屋へ…
だが、サイムダンの姿は無く
ミン・チヒョンと倭国の者達に囲まれたギョム。

その頃、フィウム堂はサイムダンの居る山小屋にたどり着いた。

 

 

あらすじ 全話

『師任堂(サイムダン)』あらすじ 第1〜28話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)

 

 

 
超面白い韓国ドラマが超充実!
無料お試しで30日間無料で動画放題!!