『師任堂(サイムダン)色の日記』

あらすじ 第24話

ミン・チヒョン率いる倭国の軍に囲まれたギョム。
戦いが始まった。

その頃、別の山小屋に連れて行かれたサイムダンを
フィウム堂が助けに来ていた。

ギョム一人に大勢が取り囲み、苦戦していた時
世子が送った援軍が到着した。
そして、ギョムとチヒョンの一騎打ちとなった。

先手を打ったのはギョムだった。
ギョムの剣がチヒョンの腹に刺さった。

膝を付き倒れ込むチヒョン。

「世子が援軍を寄越し、王は殺せと命じるとは
殿下はお前の首が欲しかったのだ。
サイムダンと共に殺せと」

信じられないギョムはサイムダンの居場所を
聞き出そうとした時。
殿下の護衛がチヒョンに矢でとどめをさし去っていった。

そして、フィウム堂の護衛がギョムに話かけてきた。

「シン氏夫人は無事なはずです。
フィウムダン様が助けに向かいました」とギョムに告げた。

その頃、サイムダンはフィウム堂に助けられ
教えてもらった裏道を使い逃げていた。

逃げる前、フィウム堂に頼みごとをされていた。

「夫は間違いなくこの世を去るでしょう。
倭敵と内通していた謀反の罪で
そうなれば息子達は…官奴婢にされるでしょう
かわいそうな息子達をどうかお願いします」と

サイムダンは逃げた足で、コン氏を連れて
フィウム堂の息子達を連れ出しに向かった。

その後、楊柳紙所に戻ったサイムダンは
紙作りの仲間達に渡したいものがあると言い
密かに買っていた流民一人一人の名義の
故郷の土地文書を渡した。

そして…
「お別れの時がきました」と言い楊柳紙所を去った。

ギョムは中宗の所へ向かった。
中宗は部屋の中に居た者達を下がらせ、ギョムと二人きりに。

殿下はギョムに
「殺しに来たのか?それとも死ぬ為に来たのか?」と

ギョムは何故、サイムダンと自分にこのような仕打ちをしたのか
聞くと、逆鱗に触れたと言う中宗。

そして、中宗は未だに廃主燕山王が臣下に座を追われ
死んでいった姿を覚えていて、恐れていたのだ。

 

それを聞いたギョムは、

「廃主…廃主…いつまで!
廃主の陰に隠れているおつもりですか」と中宗に声を荒げた。

中宗はギョムに剣をふりかざした。
ギョムはその剣を手で止め、その剣を中宗の首に。

そして、今度はギョムが剣をふり上げた時だった。
世子が「そこまでです!」と止めに入った。

ギョムは握りしめていた剣を捨て、部屋を出て行った。

そして、大逆罪人の追捕令が出された。
罪人イ・ギョム。

比翼堂も閉鎖され、楊柳紙所は封鎖され関連権限は
全て官に渡ってしまった。

荒らされた楊柳紙所にやってきたサイムダンに
大将が流民達は皆非難した事を知り安堵していると
ギョムが大逆罪人として手配されている事を知った。

サイムダンが家に帰宅すると。
サイムダンと子供達が暮らしている家で
クウォン氏と夫のウォンスがじゃれ合っていたのだ。

サイムダンはギョムと描いた絵を持ち部屋を出た。
涙を流すサイムダンに子供達は「泣かないでください」と声をかけた。

そして、メチャンがサイムダンの行きたがっていた
金剛山に行くよう勧めた。

ギョムはイム・コッチョンの所に居た。
そして、イ・フの知らせで楊柳紙所は封鎖され
サイムダンは金剛山に向かった事を知った。

サイムダンが金剛山に着いた頃、ギョムもサイムダンを
追いかけ金剛山に向かっていた。

サイムダンの姿を見つけたギョム。

「大丈夫だ。何もかも。すまない
私のせいで」と謝るギョム。

そして、「三日でいい。一緒に居てくれ」とサイムダンに言った。
金剛山で一緒に絵を描こうと誓った約束を叶えたいと…

そして、この三日間夢のような時間を過ごしたサイムダン。
三日後の夜、サイムダンは姿を消した。

安堅の金剛山図を燃やし、一緒に描いた絵の上に文を残して。

ギョムと共に逃げようとも考えたサイムダン。
だが、子供達と二度と会えなくなることは考えられなかった。
サイムダンは母として生きる道を選んだのだった。

最後に…

「愛していました。心から」と文に残して。

 

動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)