『師任堂(サイムダン)』

あらすじ 第26話

ジユンは、RADEにメールはしたが
どこから解決したらいいのか分からないと言うと
RADEのメンバーが贋作と真作を一度に公開することが
ベストだと話した。

だが、ジユン達が見つけた真作はミン教授に燃やされてしまった。
RADEのメンバーは

「本当にミン教授が燃やしてしまたと思いますか?」と

権力志向の高い人間、美術専門家のミン教授が
真作を燃やすとは思えないと。
RADEのメンバーは偽物を作って燃やしたのではないかと。

そして、真作が存在しているなら正確な所在を探す必要があると。
所在さえ分かれば、RADEがミン教授を追い詰めると言った。

翌日、ジユン達の秘密基地にミン教授の
弟子のナム助教授がやって来た。
そして、ナム助教授はミン教授の隠し部屋から
ジユン達が見つけた”金剛山図”を持ってきたのだ。

ジユンはすぐに、昨日会ったRADEのメンバーに連絡した。
RADEのメンバーは、”金剛山図”を守るのも大事だが
ミン教授達に罠を仕掛ける事も重要だと話した。

ジユン達は協力し合い、ミン教授を追いこんでいった。
ジユンは、「”金剛山図”はどこにあるでしょう」とメールを送り
追い打ちをかけて、RADEは

「”金剛山図”の真作について情報提供がありました。
教授の説明が必要です。要請に応じない場合
ブログに全ての資料を掲載します。」とメールを送った。

挑戦時代に戻り…

サイムダンは、金剛山から子供達の待つ家へと帰って来た。
そんな母を温かく迎える子供達。

そして、ギョムは荒らされた後の比翼堂に戻って来た。
サイムダン宛てに遺書を書き土に埋めたギョム。
その時、ギョムの元に伯母上がやって来た。

そしてギョムに…

「私が罰を受けます。
冷たい牢に入れと言うのなら入ります。
全財産を没収され幽閉されても構いません。
賜薬も喜んで飲みましょう。
あなたさえ無事なら私は何でもします」と

涙を流しながら伯母上が言った。

 

そして、サイムダンが戻った事を知った中宗は
サイムダンを軟禁せよと親衛隊長に命令した。
この事は世子の耳にも入った。

その晩、世子がサイムダンの家を訪ねてきた。
そして、ギョムが殿下に刀を向け大逆罪人になった事
殿下はギョムを捕まえる為にサイムダンを軟禁し
サイムダンを囮にギョムを捕まえよとしている事を話した。

世子は、自分が手立てを考えるからギョムが訪ねてきたら
身を隠すよう伝えて欲しいとサイムダンにお願いにきたのだ。

比翼堂に居たギョムの所に、イ・フが慌ててやって来た。
そして、ギョムは昔にフと過ごした楽しい時の話をして、
最後にお願いがあると言い話し出した。

「俺は義禁府に行く。サイムダンとその家族を頼む。」と

翌日、ギョムは自ら義禁府に出頭した。
そして、サイムダンの家の軟禁が解かれた。

サイムダンはギョムが戻った事知った。
自ら出頭し罰を受けると戻って来たと。
役人は大逆罪だから賜薬を飲まされるだろうと。

ギョムの処罰が決まった。

五月十五日 耽羅(今の済州島)に流刑となった。
そこで、賜薬を受ける事に…

現代に戻り…

”寿進坊日記”に挟まっていた詩を読み返していたジユン。
急に美人図を見て絵が薄くなっていると言う。

朝鮮時代と現在が入交、ジユンもサイムダンも
「ダメ。ダメよ」と叫びだした。

そして、ミン教授の手下が乗り込んでき。
ジユンはとっさに”金剛山図”を持ち屋上に逃げた。
手下達は、力ずくでジユンから絵を奪った。

その拍子で、ジユンは屋上から落ちてしまった。

そして、朝鮮時代のサイムダンも気を失ってしまう。

ジユンが目を覚ますとそこは暗い何も見えない所だった。
自分は死んだのか夢なのかも分からなかった。

そして、ジユンはサイムダンと出会う。
サイムダンの書いた日記が二人を出会わせたのだと。

ジユンのポケットから落ちたルーベンスの韓服を着た男の
絵を見たサイムダンが「ウィソン君!何故ここに!」と
ルーベンスの韓服を着た男がウィソン君だったと知ったジユン。

ジユンはイタリアでサイムダンの書いた日記と
肖像画が発見された事を話した。

 

あらすじ 全話

『師任堂(サイムダン)』あらすじ 第1〜28話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)