『師任堂(サイムダン)色の日記』

あらすじ 第12話

ギョムは、話をするまで動かないと鳥竹軒に座り込んでいた。
その事が、ギョムを面倒見てきた大伯母が知り、使いの者を竹鳥軒にやった。
そして、使いの者が20年前にシン・ミョンファンから書状を大伯母が受け取った事を話し
大伯母は全てを知っていると言いギョムを大叔母の所へ連れて行った。

ギョムは大伯母に真実を話してくださいと言うが、サイムダンは子宝に恵まれ幸せに
暮らしているのだから口を割らない大伯母。
そして、昔の事を探れば探るほど二人は危険な状況となると…
それを聞いたギョムは、噂の詩の話を大伯母にした。
大伯母は、詩を知る者で生き残っているのはサイムダンだけだと話した。
あの時、ギョムとサイムダンが婚礼を上げていたら二人とも命は無かったと。
そして「決して陛下を敵に回してはなりません。それだけがサイムダンを守る唯一の術です」
とギョムに助言した。そして、いっつそ昔のギョムに戻り自由を謳歌しなさいと大伯母は言った。

サイムダンは高麗紙を作る為に見本となる紙を入手したが、パルボンがこれでは駄目だと言った。
そこで、父の形見であるあの詩の書かれた紙を思い出し、サイムダンは一人家へと向かい
紙の一部を持って皆の元へ戻った。
その紙を触ったパルボンが「これだ」と言い、これを再現できれば高価で売れると聞き流民達は
笑みを浮かべ、お金持ちになれると喜んだ。

中宗はギョムを訪ね比翼堂へやってきた、だがイ・フが昨夜から返っていないと告げると
傍を離れるなと命令したのにと言い不機嫌になり中宗は出て行った。
その頃、ギョムは馬を走らせサイムダンの工房へやってきていた。
作業中のサイムダンを見つけると、ギョムはサイムダンを抱き寄せた。
そして、今まで一人にしてすまないと…サイムダンの為に朝鮮で最も力のある男になると言うギョムに
人がきますと言い追い返した。
チヒョンがサイムダンの工房の様子を陰から見ていた。
ギョムは、怪しげな人が去って行くのを見て、密かについて行った。そこには、チヒョンが居たのだ。

翌朝、ギョムの所に親衛隊長がやって来た。ギョムは、自分とサイムダンの人生を地獄に落としたのは
陛下だと知っていると話すと、親衛隊長は、陛下はずっとその地獄の中だと言った。
そして、陛下を敵に回してはいけないと…それがシン氏を守る道だと助言した。

その頃、紙を持ち逃げしたマンドクがサイムダンの元へ帰ってきていた。
マンドクは、フィウム堂に金をもらいサイムダンの元へ戻ったのだ。
そうとも知らずに、サイムダンや流民達はマンドクを受け入れたのだ。

ギョムは、チヒョンが売っている高麗紙が、雲平寺で作られていた高麗紙との質の違いに気付いていた。
そして、友人である明に派遣されたソ・セヤンに文を送った。
文を受け取ったセヤンはウム大臣と引き合わせて欲しいと頼んだのだ。

なかなか姿を現さないギョムに又しても大臣達がその事で陛下の元に集まっていた。
その夜、突如チヒョンの屋敷に姿を現したギョムはチヒョンと剣を交えた。
去り際、フィウム堂に「あさましい」と言い残し。
何日かぶりに比翼堂に帰ったギョムの元にイ・フが駆け寄って来た。
そして、サイムダンが捕まった流民達を助け、一ヶ月以内に流民達の借金を返す約束をし
昼夜問わず紙作りに没頭している事を話した。
それを聞いたギョムは、サイムダンの工房へ…

サイムダンが作業を終え家路に向かっている時だった。真っ暗な道が灯りで照らされていた。
その先にはギョムが立っていた。ギョムはサイムダンに「20年前の出来事、何故結婚したのか
流民達が君にとってどんな存在か、なぜ流民達と高麗紙を作っているのかまで分かった」と話した。
そして、「二人の人生が、決して交わる事がないとしても、俺は君と並んで歩んでいく」と
サイムダンに言い去って行った。

 

動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)