師任堂(サイムダン)

14話 あらすじ

比翼堂には、牡丹の刺繍の入った黒頭巾をかぶる女人が現れた。
その女人は、見事な舞いを披露し比翼堂で人気となっていた。

そして、その牡丹の女は明に派遣された使臣のセヤンに接触してきた。
だが、牡丹の女の意図に気付いたセヤンは、女の問いを上手くかわした。

セヤンはこの事をギョムに話した。

「今日、妙な魅力を持つ女性が訪ねてきた
”黒牡丹”といったか…思うにミン・チヒョンの息がかかった女だ」
と話すセヤン。

高麗紙の事で自分が明から戻った事を、その女が知っていたからだ。
そして、手の甲に深い傷があった事をギョムに話した。

サイムダンは、納期を伸ばして欲しいと頼みに出ていた。
だが、そこの役人はチヒョンに買収されている役人

「払えないなら仕方ないだろう、家と土地の文書を没収
夫人も一緒に罰を受けてもらう」と言う役人

サイムダンはもう一度納期を延ばして欲しいとお願いしたが
役人はサイムダンを冷たくあしらった。

その頃、サイムダンの紙工房では、マンドクが紙を盗み
フィウム堂の元へ…

その紙を手にしたフィウム堂は、自分の所の紙より
質がいい事に驚いた。

サイムダンが途方に暮れ歩いていた時、一枚の張り紙に
民が集まっていた。
そこには…

「最高品質の高麗紙を作り納めた者には
市場に店はもちろん造紙署の納品をさせる
競合をするので見本を提出するように」と貼りだされていた。

サイムダンは急ぎ皆の待つ紙工房へ向かった。

その頃、ミン・チヒョンは大量の賄賂を持ち明の使臣に会いに来ていた。
だが、門の前に居た家来に賄賂を渡し使臣に会わせてもらおうとしたが
家来は、その賄賂を投げつけた。

その時、ギョムとセヤンが使臣に会いにやって来たのだ。
チヒョンは、やはり高麗紙の質が悪いと流したのはギョムだと悟った。

明の使臣は「3日以内に本物の高麗紙を用意しろ」と命令した。

だが、ギョムは「半月…皇命を守れなければ勅使も皇帝閣下の
怒りを逃げられないはず。皇帝の命令を守るには時間が必要です。
半月あれば本来の高麗紙を直接ご覧になれます。」
と言い、明の使臣を説得したのだ。

これにより、中宗はギョムに高麗紙の不正の捜査と全権を与えた。
ギョムは早速、高麗紙に関する記録の押収
汚職に関与した者を捕えよと命令を下した。

もちろん、チヒョンの紙屋もだった。
チヒョンは怒り狂っていた。
自分を倒す為にセヤンを使い明の使臣を動かした事も…
チヒョンは手下に造紙書の始末とサイムダンを連れて来いと指示した。

だが、ギョムが先手を打ちサイムダンの工房に誰も近づけないよう
護衛を配置していたのだった。

サイムダンが工房へ帰る途中、ギョムが待ち伏せをしていた。

「20年の空白を感じさせない…いやそれ以上に”墨葡萄図”を目にして
心が躍り 幸福な気分だった」

とギョムはサイムダンに言い、300年程前の高麗紙をサイムダンに渡した。

「明の皇室は、この紙質を最高と称している。
時間がない。流民達と共に高麗紙を再現する
参考にしてほしい」と言い渡した。

「どうか雲平寺の高麗紙を再現してほしい。
そして、その紙上に絵を描いてもらいたい。」

とサイムダンに話し、ギョムは去って行った。

ギョムが比翼堂に戻ると、イ・フが慌てた様子で近づいて来た。

「またヒョンリョンが来ていますよ」

ヒョンリョンは、あの時と同じ場所で書を呼んでいた。
「どうした?」と尋ねるギョムにヒョンリョンは
自分の意志とは関係なく自主退学になった事を話した。

「はじめは、母上の勝手に腹が立ちましたが。
正直僕も、中部学堂が期待していた場所と違って
失望していました。」と言い

サイムダンが、他の母親達に立たされ、父親や祖父の事を
侮辱していた事をギョムに話し。

「そんな母親を持つ子と一緒に勉強したくありません!」
そして、父が恨めしくも気の毒にも感じると話した。

ギョムはヒョンリョンのその言葉を聞き、サイムダンの夫ウォンスに
司訳院(通訳に関する官署)に任官したのだ。

帰宅したウォンスは子供達に司訳院の辞令が出た事を話し
もう、書もいらないからと売ったお金で子供達に餅を買って来たのだ。
その後、帰宅したサイムダンにも誇らしげに辞令の書かれた紙を見せるウォンス。

翌朝、ウォンスが目を覚ますとサイムダンの姿はなかった。
サイムダンの文が残されていた。

「旦那様…
官員に任命された事、大変うれしく思います。
私が留守をする間、子供たちの事をよろしくお願いします。
江陵雲平寺に重要な用事があるので行って参ります。」

サイムダンは、パルボンと一緒に雲平寺へ向かった。

その頃、マンドクは賭博場に居た。
だが、毎日のサイムダンの行動をフィウム堂に伝える事を怠った為に
フィウム堂の手下によりフィウム堂の元へ…
そこで、フィウム堂はサイムダンが高麗紙の秘法を知る為に
雲平寺に向かった事を知り手下を連れ雲平寺へと向かった。

現代に戻り。

ジユンはソンギャラリーの館長と会っていた。
ソンギャラリーに飾られている「金剛山図」は偽物だと話し
裏付けの証拠と真作を館長に見せた。
言及している未発表の古書の写真を見せると館長は言葉を失った。

「これ以上は、お話しできません。まだ館長は味方ではないので
言えるのは、真作”金剛山図”と、それを裏付ける古書を私が
手にしているという事です。」

3日前…
ミン教授の元にエアメールが届いていた。
RZED(古美術贋作調査団)からだった。
金剛山図を標的にしていたのだ。

その事で、ソンギャラリーの館長に相談に行くが、冷たくあしらわれたミン教授。
その足で、ミン教授はジユンのアパートを訪ねた。
ジユンは不在だったが、義母が家の中に入れミン教授はジユンの部屋へ…
丁度その時ジユンが帰宅した。

ジユンは、美人図を隠してあるタンスの前に立った。

教授は「国宝推進反対の嘆願書が届いた。
知りたくなくても 背後にソン・ジユンが居るのは明白な事実だ」

「何が怖いんですか?後ろめたい事がないなら堂々としてればいい。
何も怖くないはず。”金剛山図”さえ本物ならば」と挑発するジユン。

「お前のような人間は踏みつければそれまで 終わりだ」
その時、部屋の前で話を聞いていた義母が教授を家から追い出した。

「今がどん底だと思うだろう?じきに分かる、まだ底があると」
と捨て台詞を吐き出て行った。

ミン教授は、ジユンがとっさに隠したタンスに何かあると読み
手下の2人に、ジユンが家を出たらジユンの部屋へ行き
ジユンが隠している物を探し出すよう指示をだした。

ミン教授が帰った後、美人図を出したジユンは
裏側の紙がはがれている事に気付いた。
良く見ると、何か貼り合わさっているようだった。

ジユンは、ずぐに友人へジョンに連絡し秘密基地のクラブに集合した。
へジョンが特殊な光を当てると墨で書かれた絵が見えてきた。
そこで、へジョンは麦粉脂を買ってくるようジユンとサンヒョンに頼んだ。

麦粉脂と加湿器を使い丁寧に紙を剥がすへジョン。
美人図の裏側に隠されていたのは”金剛山図”だった。

だが、ジユンを見張っていたミン教授の手下の連絡により
ミン教授が秘密基地のクラブの前に到着した。

 

 

あらすじ 全話

『師任堂(サイムダン)』あらすじ 第1〜28話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)