師任堂(サイムダン)

8話 あらすじ

ヒョンリョンが、中部学堂を諦めると言った日の夜
夫のウォンスが

「何としても 今度の科試には受かります。
夜が明け次第、勉強の為に山に入ります。」
と言い、早々に床に入った。

翌朝、勉強の為山に籠る父を皆で見送った。
悲しい顔一つ見せない子供達。
ウォンスを見送った後、ヒョンリョンを連れて中部学堂へ足を運んだ。

説明を受けたサイムダンだったが、教授官に
余裕が無い事を伝え教授官に挨拶をし出ようとした時
丁度、中部学堂に来たギョムと目があったサイムダンだったが
何も言わずにそのまま通り過ぎた。
サイムダンは、すぐ近くに居たフィウム堂には気づいていなかった。

ギョムは、教授官のソンビに「今の子はここの生徒ですか」と尋ねた

教授官は「まだ違う。家計が苦しくて入学できなでいる
俺が援助してでも学ばせたいと思っている
大人の反対で機会すら与えられないなんてあってはならないだろう」

それを聞いたギョムが「大人の反対?」と尋ねると
子母会…学堂の運営を左右する権門勢道の母親達だと分かった。

フィウム堂は、サイムダンについて調べさせ家を突き止めた。
サイムダンの家に行くとボロボロの家と
みすぼらしい身なりをした子供たちの姿が見えた。
それを見たフィウム堂は子母会を開く事にした。

その頃ギョムは、中宗の指示によりチヒョンについて調べていた。
その協力者として山賊の頭イム・コッチョンに会いに山賊のあじとへ…
コッチョンに、ミン・チヒョンの調査を依頼した。

一方のチヒョンもギョムについて探っていた。
ギョムが、シン・ミョンファの娘と縁談の話が出ていた事を知った。
そして、別の男と結婚し最近、漢陽に移って来た事も。
比翼堂に出入りする女を見張るよう指示を出した。

家に帰ったヒョンリョンは、中部学堂への思いを胸に勉強をしようと
書庫で本を探していた時だった。
一冊の本に挟まっていた詩を発見した。
ヒョンリョンはその詩をサイムダンの元へ。
それを見たサイムダンはヒョンリョンに

「目にしたものを決して誰にも言ってはなりません。決して
当分部屋にも入らないように」と注意した。

その夜、20年前の悲劇を起こしたこの詩を燃やそうとするサイムダンだったが
父が唯一残した書を燃やすことが出来なかった。

翌日、フィウム堂の指示により子母会の母親達が中部学堂に乗り込んできた。
理由は、ヒョンリョンの事だった。
入学条件に満たない子を何故入れるのかの抗議に来たのだ。
母親達が、次々に文句を言っているとそこにギョムが現れた。
ギョムの姿を見た母親達は、急に静かになりしおらしくなった。

ギョムは、家柄だ大事だと言う母親達に競演してはどうかと提案した。
そして、ギョムが中部学堂で教える事を知った母親達は喜び競演を賛成した。
ギョムは、比翼堂に招待することを母親達と約束した。

競演する事になった事はフィウム堂の耳にも入った。

ギョムは、家計が厳しく学堂に通えない子達の援助をする事にした。
だが、自分が後援者である事は隠して…

その頃、サイムダンはヒョンリョンを連れて学堂に通う為に必要な
紙を買いに市場に出ていた。
だが、あまりの高さに何も買わずに家に帰った。

家に着くと、中部学堂の教授官がサイムダンとヒョンリョンの帰りを待っていた。
「いい知らせと悪い知らせがある」と教授官が言った。

いい知らせは、後援者のお蔭でお金の心配がいらなくなった事。
悪い知らせは、入学希望者が他にもいる為に競演になった事だった。

現代に戻り

ジユンは夫ミンソクの後輩と会っていた。
後輩は、ミンソクからの伝言を伝えに来たのだ。

「家族と最大限に離れてるのが、家族の為だと
奥さんが下手に動くと危ないから…何もせず静かに過ごして
欲しいとの事です。」と言い去って行った。

ジユンが家を空けていた時、息子のウンスが顔に痣を作り帰宅していた。
ウンスの顔みた義母チョンヒは母親達に抗議に行った。
だが、そこでジユンが職を失っていた事を知った。

出かけようとしていたジユンに
「どういう事」と問い詰めるチヒョン。
事情があると言うジユンに掴みかかるチヒョン。
その拍子に鞄の中にあった離婚届が出てきてしまい
それを見たチヒョンはジユンを責めた。
ジユンは数日前に夫のミンソクに渡されたばかりだったのだ…

朝鮮時代に戻り

チヒョンはギョムが中部学堂にまで手を出しているのに
阻止できないでいるフィウム堂を叱りつけた。

フィウム堂はなんとしても、もう一人の志望者テリョンを合格させるために
手下達に試験問題を買収させた。

試験当日。
緊張していたテリョンは一夜漬けで勉強した試験問題を
口に出してしまったのだ。
それを聞いたギョムは試験問題が流出した事に気付き
新しい試験問題を用意した。

新たな問題とは…
目の前の箱の取っ手を先に掴んだ方が合格と言うものだった。

だが、二人ともなかなか取っ手を引こうとしなかった。
そして、二人は泣き出してしまった。

ギョムは「泣いている所を見ると中部学堂に入りたかったのだろう
先に引けばいいものを何故引かなかった?」と二人に聞いた。

先に口を開いたのはヒョンリョンだった。

「この子は…合格しないと死ぬかもしれないと言うんです」と
そしてテリョンは「この子は食べ物より中部学堂の方がいいそうです」と

これを聞いたギョムは、「二人の答えが同じだから引き分けだ」と言い
二人とも合格か不合格かとフィウム堂に尋ねた。

「正当な試験を受けてこそ決められるのでは?」
と言うフィウム堂にギョムは
「準備した試験問題が流出した為に再試験を行っている事をご存知ですか?」
と言い、二人とも合格にしたギョム。

フィウム堂は、子母会の母親達にサイムダンの事で「妙な話を聞きました」と
入れ知恵するフィウム堂。
それを聞いた子母会の母親達はサイムダンの家に押し入って来た。

そこで、サイムダンは後援者がギョムである事を知った。
サイムダンは中部学堂へ向かいギョムの所へ…

 

 

あらすじ 全話

『師任堂(サイムダン)』あらすじ 第1〜28話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』

無料動画(日本語字幕なし) 第1~28 話(最終回)