雲が描いた月明かり」 

あらすじ 11話

ラオンの前に現れた尚膳、ハン・サンイク。
そこへ待ち合わせしていた相手、世子がやって来て話を聞かれており
尚膳はラオンに記憶はないが自分と昔に縁があったと答えた。
そして一旦、宮内へと戻る三人。
世子と尚膳と話をし、尚膳はラオンの母親に大きな借りがあると世子に打ち明ける。
そして世子は尚膳もラオンの正体を知っている者の一人として宮殿で安全に
過ごせるよう見守るよう尚膳に伝えたのだった。

話が終わり部屋から出てきた尚膳に聞きたい事が沢山ありラオンは話をかけるが
改めて話されることとなった。

本当は二人でチョン・ヤギョン(タサン先生)に会う予定だったが後日になった。
ラオンは世子の言うタサン先生の事を聞き自分のお爺さんと重ね微笑む。

次の日、ビョンヨンは尚膳と宮殿で話を。ビョンヨンは
裏切者を始末するために自分の正体(白雲会の首主)を隠していたのかと尋ねるが
ビョンヨンを心配したことなどないと尚膳は口を開き、ビョンヨンの家門を
破滅させ家族を撲殺したのが誰かはビョンヨンが一番知っているはずだと‥
そしてこの何十年間、誰よりも近い位置で三人の王に仕えたという尚膳は
小さな期待を胸に従い続けて来たが全て鬱情と絶望で終わったと話す。
そしてこれ以上季氏朝鮮に希望はないとビョンヨンに語った。
ビョンヨンは新しい希望のために白雲会がすべき事を尋ね、また民乱かと聞く。
それは手段であり乱では希望を与えられないと。

世子は見せしめに捕まってしまった少女の元に。
牢屋の中で膝を抱え泣く少女を見て、胸を痛める世子だった。
そんな中、少女の刑罰が決められていく中、世子一人だけが強く反対をした。

王様は、食事をする前に女官に毒味をさせていた。
するといきなり女官が苦しみ始め、王様の食事に毒が入っていたとして
宮殿中が大騒ぎとなった。
野菜を運んで来た親子が一番に目を付けられる中、世子は判断に苦しむ。

領護政は王様に、婚礼の意志がない世子を一刻も早く
婚礼をさせたほうがいいと進め自分が
世子の婚礼候補者一覧を作成するよう話をしていると言うのだった。

世子は幼き頃、母にどんな王になってほしいかを尋ねていた。母は
世子に優れた目を持つ王、耳が遠くなければいいですと言っていた。
目は高い地位にいると低い地位の者が見えなくなる、耳は
前で大きな声で叫ぶ人の話だけ聞いてはいけないからと‥
そして一人ひとりが世子の唯一の民であるよう守ってくださいと言われていた。
そんな幼き頃の母との会話を思い出しながらラオンに話をかける世子。
目に見えるものが本物か、誰の言葉を信じるべきか、正しいはずが間違いなら‥
世子は今の現状に自信をなくしていたが、そんな時のラオンの言葉は
世子の心を癒し楽しい気持ちにさせたのだった。

領護政と礼曹判書。
世子の婚礼の事で話す領護政は礼曹判書に自分の手を取るか牽制を受けるかの
二つに一つと言い選択を自分側に向けるのだった。

王妃様はラオンの事を調べさせ、ラオンの唯一の女人の服が王妃様の前に持ち出され
ラオンの事がますます気になる王妃様は何やら企んでいるよう。

その頃ラオンは王様に毒を入れた件で毒に詳しいド内官に、毒の事を詳しく聞く。
世子も同席し目の前で実験をしてみせるド内官。
チョガク水という水に銀の箸や匙をつけて見せ布巾で拭く。
そして毒のせいで変色した匙はチョガク水で拭いても色は落ちないため
毒ではないとド内官は言う。そして詳しく調べることとなった。

その夜、王妃様は自分の前にラオンを連れて来させた。
面白いものを見つけたとして自分の服が目の前に出され答えることも出来ずにいた。
そして王妃様は直接確認するとラオンの服を脱がせるよう言う。

世子はハヨンと会っていた。
婚礼の話が出ているのもあるが、世子はハヨンにはっきり心に留めている女人が
自分にはいると言い切ったのだった。
そして世子の耳にラオンの事が入り急いで王妃様の元に向かう。

今度はどんな用があってと言い王妃様を見つめる世子。
王妃様は世子の反応を楽しむようにラオンの顔を持ち、女よりも美しい顔の男は
本当に男なのか、そして世子の変な噂をこの母が取り除いて見せますと悪い笑みを
浮かべながら話す王妃様に、顔色一つ変えない世子は、ラオンに王妃様の命令を
聞けと強く言う。
そして王妃様の手により内官服を脱がされようとした時、尚膳が現れる。
尚膳は現れながらも王妃様に綺麗な言葉で脅してみせ、間一髪ラオンは服を
脱がされずに済んだのだった。

道を尋ねる一人の老人。
ラオンとその老人は見つめあい、お互いに名前を呼びあう。
そう、老人とはラオンのお爺さんであり世子の言うタサン先生だったのだ。
王様の食事で毒がもられたとする三菜。三菜を頬張り毒が入っていない事を
証明したタサン先生のおかげで、幼い少女と父親を救うことができたのだった。

王様は婚礼を進めると言い切った。
自分が望まない婚礼をしたくないと言う世子の気持ちも理解しつつ自分の経験を
世子に話す。
わずか十歳で王位についた日から王様は一日も混乱しなかったり恐れのない日が
なく荒い流れに逆らって歩いているような気分‥確かに十歩あるいたはずなのに
自分はただ足踏みをしていただけだったと言う。
そして流れが穏やかな場所に行けるよう木の枝を掴むべきではとハヨンと
婚礼を挙げるよう王様は言い放った。

書庫に居るラオンの元に行った世子。
ラオンは資泫堂まで送ってと世子に頼み、帰り道ラオンは自分が一番幸せな
瞬間は名前を呼ばれる時でこれ以上の欲張りは望まないから婚礼を拒絶せぬよう
ラオンは本心ではない言葉を世子に言ったのだった。
そしてタサン先生にも、ラオンとの恋仲は世子ではないと言われていた世子は
翌朝、連絡もせずタサン先生の元に足を運んだのだった。

タサン先生と会った後の夕方。
街へラオンを呼び出し風燈売りの少女に言われた言葉をラオンに教える。
どんな国が良い国かは王が知っていると‥
そんな話をしながら世子は、自分がどんな国にしたいかをラオンに話し
自分がその新しい国を作るまで待ってくれるかとラオンの手を取り言い
ラオンもまた笑顔で返したのだった。

そして世子は少し目線を逸らし、タサン先生の言葉を思い出す。
万が一ラオンが母を探すことが世子にとって危険な事だとしたらどうしますか‥
何も知らないふりをして隠せば二人は幸せだろうにと言われていた。

思い出しながらラオンにもしも厳しい瞬間の時に
何かを手放さなければならないとしたら、それが私であってはいけない事を
伝え約束を交わした。

そして自分の願いが叶ったようだと急に言う世子はラオンに分かりやすく
ラオンの願いが自分の願い(ホン内官の母が見つかりますように)と言い
ラオンも意味を把握し目を大きく開ける。
母を見つけたと言う世子の目線の先に目をやるラオン。
そこには自分がずっと探していた母がたっていた。
傍へ寄り何度もお母さんと呼ぶラオンに、母はラオンを抱きしめながら
遅くなった、ごめんねと繰り返すのだった。

 

雲が描いた月明かり あらすじ(ネタバレ) 1〜18話(最終回)

 

 

無料動画

韓国ドラマ『雲が描いた月明かり』 

無料動画(日本語字幕付き) 第1~18話(最終回)

 

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3