雲が描いた月明かり」 

あらすじ 16話

ラオンの帰りを待っていた母。
振り向き目の前に立つのはラオンではなく、生きていてと願った
自分の夫だった。
急いで逃げろと言う夫はラオンはと言いながらも妻を隠し
追われた儀禁府に捕まり連行される事となってしまう。

ホン・ギョンネ‥
誰もが死んだと思っていた男は王様の命令で宮殿へ護送される。
その姿を見る尚膳とビョンヨン。
長くに渡り待っていた人が捕まり心を痛める尚膳は自分の命を
かけてもギョンネを救い出すと言った。

尚膳が用意した部屋に、ラオンと母を保護する事に。
ラオンは、尚膳に父と面会させてほしいと無謀なお願いを‥
ラオンが宮殿に入る事は父のギョンネ同様、危険な行動だと。
しかしラオンは、だからこそ自分以外の誰もが知る父に会いたいと。
しかしラオンを危険な目に合わせれないと断る尚膳に再びラオンは
生まれて初めて父に会いたいから助けてほしいとお願いをした。

王様の怒りは頂点とさしていた。
よりによって婚礼当日にと言いながら、ギョンネを死罪にしても
この怒りが収まらないという言葉に、領護政が同調する。
王様の言葉に、同じく賛成をする領護政は、死罪を願い王様自ら
決断すべきと言う。
それをその場で聞いていた世子は父である王様を労る言葉をかける。
しかし狂った顔をしながら、領護政の言葉に乗った王様は
自らホン・ギョンネを裁く事を決意したのだった。

その夜、変装しながら迎えを待つラオン。
迎えに来た相手がビョンヨンで驚くラオンは、そのまま牢獄へ
案内される。
父の後姿を見つめながら、話をかける前にビョンヨンが人の気配を
察し、父の牢屋にサギ草が刺繍された手ぬぐいを投げ入れ
牢獄を足早で後にした。

ラオンたちと入れ違いに世子がギョンネに会う。
ギョンネの顔を見ながら世子は話かける。
捕まった事を家族は知っているのかの質問に、自分に家族はいないと
答えるギョンネ。
次々質問する世子に、もう尋問が始まっているのかと聞き余裕の表情。
そんなギョンネに、自分はあなたが原因で大切な人を失ったと。
ギョンネもまた、世子に民の気持ちなどを伝えたのだった。

牢獄を後にしたビョンヨンとラオンは資泫堂へと来ていた。
今外に出るのは危険すぎるため昼に出ようと言うビョンヨン。
そこへやって来た世子は、ラオンをある部屋へと案内する。
そこは自分の母が時々使っていたという部屋。
誰かが資泫堂へと足を運んで来たら危険なため、世子もまたラオンを
かくまい、交代時に牢獄へ行けるよう教えると言う世子。
そして「恋しい人には会うことだ」と言いラオンを見つめた‥

宮殿内の至る場所にラオンの張り紙が‥女官も厳しく調べられる様子を
目撃したユンソンは張り紙を見て驚く。
またラオンと同期で宮入りした二人、更にハヨンまでもが張り紙を見て
驚きを隠せない様子だった。

尚膳はビョンヨンとホン・ギョンネを救う計画をたてる。
二日後に脱獄させるための作戦は、ビョンヨンが牢獄の牢屋の扉を開け
地下の通路よりギョンネを連れて来た後、自分が宮殿からギョンネを
出すと尚膳。
ビョンヨンを含め十人で行われると同時に、ラオンをくれぐれも
守るよう言われたビョンヨン。

部屋に戻って来た世子を迎えるハヨン。
長時間待ったと言うハヨンに、冷たく接する世子。
お辞儀をし去ろうとした時に、ふと世子の手首に腕飾りがない事に
気づいたハヨン。
そして町で商人が言っていた言葉を話すハヨン。
腕飾りをお互いに持っていれば離れ離れでも再び再開できると‥
世子は、そんな作り話のような事でもそれを信じたい者がいると言う。
ハヨンは世子とラオンの関係に気づいて胸を痛めたのだった。

ラオンは再び父のいる牢獄へ。
護衛官を装うラオンだが、父にはお見通しだったのだろうか‥
ラオンと父ん呼ばれ涙を流す。
こんな可哀想な人生を歩ませるために付けた名ではないと言いながら
ラオンに謝る父、ギョンネ。
ラオンは、世界が変わらなくとも父として自分の傍に居てくれたら
どんなに大きな支えだったかと‥
親子の初めての会話を果たしたラオンだった。

世子はラオンを資泫堂へと連れて行く。
二人の姿を偶然目撃してしまったソン内官は急いで中宮殿に。
慌ててユンソンとぶつかるが、ソン内官の様子に異変を感じユンソンは
中宮殿へと後をつける。

ソン内官は王妃様にラオンを見つけたと報告し、ラオンと一緒に
世子もいることまで分かる。
ソン内官に内禁衛を呼ぶよう言い自分も見物しようと部屋を出るが
扉の前に立ち、祖父から送られたお茶だと言い行く足を止める
ユンソン。
それどころではないと言い、ユンソンを後にしようとする王妃様に
ユンソンは赤子の事を話に出し、王妃様と部屋に戻る。

王妃様は、ユンソンに国母である私に対して非難だと言うが
冷静に話すユンソンには適わなかった王妃様は鋭い言葉と目つきで
言葉を失う王妃様だった。

資泫堂に戻った世子とラオン。
二人の間には以前と変わり切ない距離を感じさせるのだった。

ホン・ギョンネで苦しむ王は、夢にまで出て来るのに苦しむ。
領護政を呼ぶよう指示しギョンネの尋問を行うと話が急変する。

ギョンネの尋問が決まり尚膳の計画は更に難しくなる。
牢屋から出すよりも尋問から解放することが10倍困難と話す。
そして尚膳は長い間待ち続けた人を救うためにお前の全てを捧げよと
ビョンヨンに言う。
ギョンネを逃走させる際にラオンも一緒に連れて行くと言うが
動揺が隠せないビョンヨンだった。

尋問前‥
牢獄に足を運んだ世子。
自分は民のために政治をしたいが自分たちを治める君主をどう民が
選べれるとギョンネに問う世子。
民が望むのは民による政治‥王になるよう生まれた世子は太陽のように
自信を持っているため民によって選ばれた王は違うとギョンネ。
世子と自分、両班と農夫、女と男、反逆者の娘と王の後継者‥
世子が王になった時、全てが対等であると受け入れるかと言い残し
尋問へと連れだされるギョンネに世子は自分が思う世界を話した。

こうして尋問が行われた。
王や世子を前に縄で体を縛られるギョンネ。
反逆を認めるかの問いに反逆の意味が分からないため認めないと
ギョンネは答える。
質問に反発するギョンネを見て王様は拷問を開始させた。
叫びながら拷問を耐えるギョンネに違う質問を。
10年前に国を危機にさらし多くの民の命を奪った罪を問われた。
ギョンネは、その罪は認めると言葉を出すが、無謀な税金で民を
飢え死にさせていると王様や権力者を非難する。
そんなギョンネの言葉に、首を切り落とせと言う王様を世子は
止めようとするが、領護政が口を挟みラオンとの関係を
王様の前でばらされる。

そして尋問場に引きずり出されたラオン。
娘の姿を見ながら、自分の罪で娘を処罰するなと言う父を目の前に
泣き崩れるラオン。
沈黙する世子を前に王様はギョンネだけではなく、ラオンの首まで
はねるよう指示をし一気に刀が向けられる。

ラオンの首に刀が落とされようとした時、
禁軍に紛れていた白雲会の者たちが武官たちを斬り殺していく。
こうして禁軍と白雲会の戦いが始まる。
王様と世子を守るよう尚膳は指示。
興奮する王様は反逆者たちを直ちに殺せと叫ぶ。

禁軍、白雲会が睨み合う中、世子の首に刀を突き付け
世子の命が惜しくば刀を下せと声を荒げるのは、世子がよく知る
ビョンヨンの姿だったのだ。

 

雲が描いた月明かり あらすじ(ネタバレ) 1〜18話(最終回)

 

 

無料動画

『雲が描いた月明かり』 無料動画(日本語字幕付き) 第1~18話(最終回)

 

 

 

最近、発見したツタヤ動画配信には

無料見放題作品が50作品以上あり、驚きました。

 

僕が見た韓国ドラマの中でも

かなりハマった韓国ドラマが時代劇から

純愛物までたくさんあり、興奮しました。

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

見たいドラマがたくさんありすぎて、

迷ってしまうほど充実しています。

あなたも、今すぐ、簡単に30日間無料

リスクなしで、お試しできるので、

超面白い韓国ドラマを見まくって、


DVDも借りまくって、

綺麗な画面でドキドキ・ワクワク、

胸キュンする時間を送ってください。

 

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

解約もネット上から簡単にできますよ。

 

韓国ドラマを見るならツタヤで!
『雲が描いた月明かり』がなんと!
無料お試しでDVDが8枚無料で借りれます。