『W-君と僕の世界-』

あらすじ 10話

〖現実side〗

スボンに夜食の買い物を頼んだソンム。
資料を手に画面から声がするのを耳にし目をやる。
犯人の顔を自分の顔にし犯人もやっと手に入れ満足する声。
カン・チョルを殺したかった者同士、同じ魂を持つと笑みを浮かべ
鏡で自分の顔を何度も見つめソンム側に伝えてくる。
画面の傍へより画面の中から手が伸び捕まれるソンム。
約束通り顔を与えたというソンムだが、ハン・サンフンは
自分はお前の命令で動いたのにカン・チョルと手を組んで殺すだとと
怒りをぶつけ、これからは自分の命令を聞けと顔を奪われてしまった。

こうして現実の世界にいるソンムはマンガの世界のハン・サンフンに
自分のマンガ内の権限を奪われ、ハン・サンフンの言葉通りに
描かれていってしまう。

〖マンガside〗

ソンムを支配したハン・サンフンはワープを使うようにテレビ局へ。
そして次々と局員を撃ち、カメラの前でフードを取り
カン・チョルにメッセージ。

「カン・チョル見てるか?聞こえるか?
俺を探しているようだから来てやった、顔を見せてやりたくて。
10年以上現れず辛かっただろう?俺も辛かった。
現れたくても方法がなかったんだ。これが俺だ、どうだ?
俺は気に入っている。また会おう」

そう笑いながら各カメラを撃ち抜き姿を消すハン・サンフン。

スボンの話を聞いていたのとは全く状況も違う中、
またマンガの世界へと来ていたヨンジュは状況も父の身に起きた事も
分からず、混乱してしまう。

とりあえず目の前の空気を読んで患者の治療をしていたが危うく
怪しまれるところだったヨンジュは白衣を取り換え、病院の屋上に。
そこへやって来たのはカン・チョル。
外の景色を見ながら涙するカン・チョルの背中を撫でるように
遠くから自分の手を重ねるヨンジュ。
カン・チョルに気づかれ、飲もうとしたお酒をわけるヨンジュ。
自分には記憶が全て残っていてもカン・チョルには顔見知りの医者。
見つめていると、どうして毎回そんな顔で見るのか気になっていたと
カン・チョルに言われ、夫に似ていると答えたヨンジュ。

 

翌朝もその次の日も、そのまた次の日も‥
現実世界には戻れず、思いついたのがユン・ソヒの家。
暗証番号を押し、部屋へ入り謝りながら服にお金と手にした時
タイミング悪くカン・チョルに捕まるヨンジュ。
好きな人に警察を呼ばれるヨンジュは、いっそ留置所の方がと
警察に渡して下さいとカン・チョルに言う。
警察が来るまでの間、優しく接してくるカン・チョルに我慢ならず
怒鳴ってしまうヨンジュ。

カン・チョルに出くわさないよう努力しながら
一週間寝る場所もなく空き巣まがいな事をしても
カン・チョルに関わらないために接近しなかったと。
結婚指輪を見せ、夫は死んだわけでもなく離婚したわけでもないのに
いなくなった。たった1日4つの甘いロマンスをしていつも自分から
告白ばかりして夫から「愛してる」すら言われなかったと、目の前に
居る記憶のないカン・チョルに訴える。

その頃、今回の事件で一番に疑われたのは次期大統領王補の
ハン・チョロだが、ここでハン・サンフンがまた動き、手を組む。
警察に引き渡されるはずだったヨンジュは疑いで傍に置かれ
カン・チョルは車にヨンジュを置いたまま、ソン・ヒョンソクのいる
病室へと行く。
病室に入るなり10年前の音声を聞かされるカン・チョル。
音声には父親と言い争うカン・チョルとそれを止める母の声と銃声が
録音されていて、聞いたカン・チョルは意味が分からず固まる。
長年、カン・チョル一家の殺害の事件に関わってきたソン・ヒョンソク。
音声を聞くまで疑いなどなく事件と向き合ってきたが、これは何だと
カン・チョルに問う。事件当日カン・チョルは自宅に居なかったと
聞いていたソン・ヒョンソクはショックを隠しきれないでいた。
カン・チョルは捏造されたと言うが、疑ってしまうソン・ヒョンソク。

その時、どこからか銃弾がソン・ヒョンソクの胸に直撃し即死。
カン・チョルは傷口を抑えるが既に死んでおり、血がついた手から
拳銃が書き出され不思議に思うカン・チョル。
その場を逃げる際に警察に撃たれてしまったカン・チョルは
ヨンジュと運転を代わる。
薬局により、応急できる物を購入するヨンジュは、この時に要約
事の状況が分かった。
ヨンジュの父ソンムとカン・チョルの計画は失敗したと確信する。

モーテルに移動しカン・チョルの手当てをしながら、何があり
どうすればいいのか私が調べると言い自分はカン・チョルの
ハッピーエンドを願う者だからと「続」の文字が出るようにキスを。

キスをして元の世界に戻れたヨンジュに更なる出来事が…

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『W-君と僕の世界-』 

無料動画(日本語字幕なし)&あらすじ 

第1~16話(最終回)