『W-君と僕の世界-』

あらすじ 14話

現実の世界に戻ったカン・チョルは
出血が多く意識が戻らず処置されるヨンジュを見て悔し気な表情を
見せる。

ハン・チョルホはハン・サンフンに用意した隠れ場所へ。
そこは静まり返っており、自分が書いてカン・チョルに渡した用紙と
もう一つの車には、ハン・サンフンが撃たれており自分との繋がりが
バレないように携帯を取り倉庫内へ。
ヤクザ3人のうち1人は息をしており、女が倒れていたと聞き
そのまま倉庫を後にする。

オ・ソンムはハン・サンフンが死んだ事で顔を取り戻した。
自分がパソコンを壊したのは、ともかくヨンジュが犯人に捕まった事を
思い出し慌ててヨンジュを探そうとするソンム。
犯人の隠れ場所に行くソンムとスボンは病院に運ばれたと聞きつけ
運ばれた病院へ行くが、そこにはカン・チョルの姿もヨンジュの姿も
どこにもなかった。

家に帰って来たソンムとスボン。
そこへカン・チョルがやって来て、ヨンジュの事を聞くソンム。
生きる見込みがないと言われた時に、現実で何かあったら
取り返しのつかないからとマンガの世界へ連れて行ったと話す。
マンガの世界でも3日病院に入り見込みがないと言われホテルへ
連れて帰ったあと1週間、一度だけ目を開けたあと亡くなったと
涙しながらソンムに話すカン・チョル。

夜中に倒れて入院したソンムは、自分の手で娘ヨンジュを殺したと
悔み自分も屋上から命を絶とうとするが、カン・チョルに
止められるソンム。
自分が何故戻ってきたか。彼女を生き返らせれるのはソンムしかいないと
説得をするカン・チョル。
自分と結婚をしたため半分はマンガのキャラクターになったヨンジュ。
銃で撃たれて血を流して死んだが、マンガのキャラクターなため
書き直し生き返らせる事も可能と。
そして自分が一度死んで生き返ったように、ソンムが絵を描いて
ヨンジュを生き返らせてもらう為にヨンジュが死ぬ前にマンガの世界に
連れて行き、諦めずヨンジュを必ず生き返らせると強く話すが
ソンムは横に首を振りパソコンを犯人の指示で壊してしまったため
描けないと弱気なソンムにどこかに必ずあると言うカン・チョル。

 

カン・チョルが病室へ運び自分は戻るのでソンム先生をスボンに
頼み病室を後にする。
カン・チョルにとってヨンジュはたった一人の家族でソンムが作った
仮想家族と違い本物の実体ある家族と、作られた思い出でなく
実際にヨンジュと作った思い出があり自分自ら選んだ運命だから
諦める事など出来ない、ヨンジュは自分があなたと同じ人間だという
証だと、だから必ず幸せを掴みハッピーエンドを勝ち取ると
まっすぐな目でソンムに伝えたのだった。
そして自分を作り出した神ではなくソンムも大切になってきている
カン・チョルは自分の家族の一人ですとソンムをおぶりながら伝えた。
病室でカン・チョルの言葉を思い出しながら生意気なと口にするが
どこか嬉しそうなソンム。

ソンムのパソコンの行方を探そうとマンガの世界に戻った
カン・チョルはハン・チョルホの仕事場へ。
暗い部屋の中、パソコンを見つけるが同じ物でない事に気づき罠と
気づいた時には既に遅かった。
ハン・チョルホに捕まったカン・チョルの目の前にソンムのパソコン。
そして運悪くパソコンの仕組みをハン・チョルホに知られてしまった。
カン・チョルに聞きたいのは、ハン・サンフンは何処から来て
関係性、そして何故パソコンを持っている事を知ったのかと
髪の毛を掴まれながら沢山聞かれるカン・チョル。

10年の恨みだと言われながら鉄パイプで殴られるカン・チョル。
血を出しながらも耐え続けるカン・チョルは、一言病院へ行くよう
ハン・チョルホに伝え半信半疑でパソコンを持ち部屋を後に。
そして見張り役2人に時間を聞くカン・チョルはマンガの中から
スボンに向かってメッセージを言葉に出し「続く」の文字が出る。

携帯にアップされたマンガ。
カン・チョルの様子を恐る恐る見て自分の名前とカン・チョルの
メッセージを見てSOSだと理解するスボン。
慌ててソンムの元に行き、その事を伝えるスボン。

カン・チョルに言われた事を半信半疑に信じ病院へと
到着したハン・チョルホは8階の内科病棟810号室へと参る。
病室に着いた時は、カン・チョルの言う名前の人物はおらず
帰ろうとした時に風景が変わる。
そこは夜だったのが昼になり、そしてカン・チョルの言う通り
オ・ソンムの姿があった。
パソコンの目をやるスボンは思い切っててゃん・チョルホに
飛びかかりパソコンを取り返そうとする。
それを見たソンムも点滴をぶら下げる奉で後ろから殴りかかり
パソコンを奪い返す事に成功した。

急いでパソコンに手を付けようとするソンムは
自分の手が消えかかる事に気づくが、お構いなく絵を描き始めた。
そしてスボンはカン・チョルが捕まった場所へと行くが姿がなく
ヨンジュからの電話にビックリしながらも喜ぶスボン。

ヨンジュはスボンから事情を聞き、ホテルでネットを借り「W」を
見てカン・チョルが自分を思い大怪我をしながらも父に託し
助けてくれた事を知り涙する。
ホテルの外に出て、カン・チョルが来るのを待つが現れず‥
ホテル内に入ろうとした瞬間に大雨と雷。
辺りを見渡すと、ユン・ソヒがホテルに入る姿と同時に「最終回」の
文字が浮かび上がった。

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『W-君と僕の世界-』 

無料動画(日本語字幕なし)&あらすじ 

第1~16話(最終回)  

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3