『W-君と僕の世界-』

あらすじ 4話

〖マンガside〗

出張で釜山へ訪れたカン・チョル。
犯罪捜査番組の演出者のソン・ヒョンソクに会いに行き
事件の事について話す2人。
ユン・ソヒの情報でヨンジュをかくまっている事にを聞かれるが
それには事情もありなかなか明かせない状況。

カン・チョルとユン・ソヒは会社の同僚でもあるが、その前に
友達の関係もあり、特にユン・ソヒには特別な感情があるよう。
しかし、内密にされるより教えてくれないとと言うソン・ヒョンソク。
そして今まで自分の身に起こったことを振り返り話し
全てに自分が繋がり、その件はずっと解決できないかもと‥

そんな中、ヨンジュと出会い不思議な事が起きるたび
ヨンジュは自分の人生のキーだと確信している事から、話を進める。
ヨンジュは自分に対し、殺意などないがヨンジュと同じ人間は
脈略のない事件を作り、自分を殺したくて仕方ない人だと。

その頃、ヨンジュはホテルの部屋に次々と大量に運ばれる
洋服や靴、化粧品などがズラっと並べられ引き気味の様子。
使用人い慣れずアタフタしながら、自分がカン・チョルの婚約者と
聞かされ変に意識までしてしまう。

ヨンジュはユン・ソヒに誘われワインを一緒にすることに。
先に誘導されたヨンジュは初めてマンガの世界に来た時に出会った
ウエイトレスと再会し、マズイと思いその場を離れる事に。
しかし、ユン・ソヒは現れず警察に連行されてしまったヨンジュ。
電話で知らされたカン・チョルも、困った様子。

警察にて調書を取られるヨンジュ。
何を質問されても明かせる事が出来ず、オ・ヨンジュと名前を
言う事しかできない。
取り調べが終わり、ユン・ソヒが現れ、助けを求るがどうにもならず
結局ヨンジュは拘留所へ送られてしまう事に。

出張から戻ったカン・チョル。
ユン・ソヒの行動に呆れてしまい秘書を解雇し今後はただの友達と言い
電話を切りヨンジュの元に向かう。

「4205」と言われ面会室へ。
クリア窓の前に座り、カン・チョルと会う。
辛い?と言う言葉にいいえと答えてみるが堪えれず辛いと泣く。
映画でよく見る事を今自分が経験してこんなにもキツい場所なんてと
平凡な人間なのにと悲しむ。
それはカン・チョルも分かる気持ちで共感し今よりもっと苦しい思いも
あり終わりが見えないと経験を話すカン・チョル。
そのために質問に答えここから出るように言われるが、答えて自分が
消えてしまては、再び大事になると言うヨンジュ。

だが、ここは自分の世界でヨンジュはただ元居た場所に帰るだけと
ヨンジュの住んでる場所をもう一度聞く。
そしてヨンジュは、「ソウル」と答え、そこに自分は住んでて
ここにカン・チョルが住んでいると言葉を濁す。
質問を変え、ヨンジュの世界に自分あ居ないのに何故存在を
知っているのかと…
答えにくい質問にヌードになる方がマシと言い聞けば後悔すると
答えるのに困るが、カン・チョルに聞いて後悔はないと言われ
一旦息を吐き、「マンガの世界」と答えたヨンジュ。
自分が読むマンガ、そのマンガの中の主人公がカン・チョルと
明かしたと同時に「続く」の文字が現れ、ヨンジュはカン・チョルの
目の前で現実の世界に消えてしまった。

 

〖現実side〗

囚人服のまま戻って来たヨンジュ。
スボンが迎え服を着替えさせ車で移動中ヨンジュは自分の行った言葉に
後悔さえ思い頭を抱えてしまう。

父の自宅へ行き、事が大きくならないようにとスボンが編集し直し
ストーリーを完結に繋げようと操作している時に画面が真っ白になり
ヨンジュはカン・チョルを心配する。

〖マンガside〗

ヨンジュに明かされて自分の正体から今までの出来事が全て繋がり
大きなショックを受ける。
ソン・ヒョンソクとの電話の最中に自分以外の時が止まってしまい
腰を落とすカン・チョル。
暫くして自分の目の前に四角い形をしたものが現れ手をかざす。
自分が襲われ同じような事がありヨンジュがそこから現れた事を
思い出しカン・チョルは拳銃一つ持ち、どこかに通じている場所へと
向かい、今度はカン・チョルが別世界へと行くのだった。

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『W-君と僕の世界-』 

無料動画(日本語字幕なし)&あらすじ 

第1~16話(最終回)