『W-君と僕の世界-』

あらすじ 8話

〖マンガside〗

存在しないはずの犯人が存在し
ヨンジュと新しく人生を送っていくと決めた事は一瞬に変わった。
カン・チョルも休む間もなく、どうにかヨンジュを守ろうと
外に出る事を禁止する。
そんなヨンジュはというとマンガn世界では不死身だから撃たれても
死なないと笑顔で答えるが、それも変わりマンガの中でも血を
出すようになり、元の世界へと戻ってしまう。

その夜一睡も出来なかったカン・チョルはユン・ソヒからの電話を
受ける。
ユン・ソヒの気持ちはズタズタになり泣きながらカン・チョルに
酔った勢いで電話をかけるが同時に自分の異変に気付く。
ワイングラスを持った手が透けて見え、全身鏡に映る自分の姿に
怯えるユン・ソヒ。

慌ててユン・ソヒの元に行く最中に次々と物語の設定について
繋げていく結果、マンガの中の登場人物は自分の役割がなくなると
完全に消滅してしまうため、犯人も同様ずっと見つけてもらうのを
待ち続けたのにカン・チョルが死を選んだ事によって犯人という
役割が壊れ、犯人の怒りによって終わりを迎えた「W」も続きに
変わってしまったと状況を見て判断するカン・チョル。

〖現実side〗

ヨンジュは自分がマンガのキャラクターになったために向こうでも
血を出し死んでしまうと繋げ、犯人からの電話にビックリする。
すぐさまスボンを起こし、逃げようと家を出る。
銃を構えた黒づくめの男が前に立ち車を止める。そして銃弾を
放ちヨンジュの額ぎりぎりのとこで姿を消す。

〖マンガside〗

カン・チョルの隣に姿を現したヨンジュは、犯人が自分の目の前に
現れ銃を放ってきたと話す。
間一髪で助かったとは言え、現実の世界にいる自分の家族や
一緒にいたスボンを心配するヨンジュをなだめるカン・チョル。

 

 

〖現実side〗

ヨンジュを逃してしまった犯人はソンムの家に戻り、ソンムが
旅行に出ている事を知り移動する。
そこは飛行機の中‥もうすぐ到着する中トイレへと席を立つソンム。
そしてソンムにも犯人の影が。
俺は誰だ、俺は誰なんだ‥その声に反応し浮かびあがる文字を読む。
カン・チョルはどこだ、何故俺が何者か言えないのかと次々に
浮かぶ文字と同時に捕まるソンム。

〖マンガside〗

カン・チョルとヨンジュはユン・ソヒの自宅へ。
部屋の暗証番号をとき中へ入りヨンジュは廊下で待たされる事に。
鼻をすすりながら泣いて消えかかっているユン・ソヒを見て
傍に寄るカン・チョル。
自分は死ぬんだと言うユン・ソヒに酔っているせいだと立たせようと
するカン・チョルの手を見て結婚指輪に目をし更に気持ちが
崩れるユン・ソヒ。
しかし消えられては困るカン・チョルは誤解だと言いなだめる。
カン・チョルがなだめた事によって消えかかっていたユン・ソヒの
体は元に戻り、ヨンジュが怪我の手当てを。
ユン・ソヒがヒロインだった事を忘れ浮かれていたヨンジュは
自分のせいでこうなったんだと言う。
父のソンムの設定により作られたキャラクター。
自分たちも生きているのに生きる理由が決められ残酷だと話す
カン・チョルの言葉に返せなかったヨンジュ。

ユン・ソヒの自宅から出て、ヨンジュの靴紐を結ぶカン・チョル。
ロマンス4つクリアだねというカン・チョルはヨンジュを屋上に
連れて行く。
そしてヨンジュに約束してと頼む。ヨンジュが元の世界に戻ったら
ここで出会ってからこの瞬間までの出来事は全てカン・チョルの夢
だったという設定で描いてほしいと。
ヨンジュと初めて出会って自分の人生のキーだと思いヨンジュを
求め思うようになって、ヨンジュをマンガの世界に巻き込んでしまい
それが原因で仲間は消滅寸前、ヨンジュの父にはしてはいけない事をし
犯人は現実の世界で彷徨いヨンジュを殺そうと動き脅かし‥
これらの状況から考えた結果が長い夢を見ていた事に設定をする以外
方法はないと言うカン・チョル。

そして与えられた宿命に従って生きるべきだったと‥
捕まる事のない犯人を永遠に探し続けるのが自分の宿命なら従って
生きるとヨンジュに伝えヨンジュも約束すると答える。
ロマンスを4つしか出来ず、まだ100個はあるのにと後ろに下がり
もう一度抱きしめたいのも未練が残りそうでできないと
屋上のきわまで行くカン・チョル。
自分に会いたい時はマンガを読んでと言い屋上から飛び降りた
カン・チョル。

涙を流し目を覚まし、そこには2か月前の光景が。

〖現実side〗

車の中に戻ったヨンジュは約束通りに、今まで自分が関わった事
全てをカン・チョルの長い夢に仕上げ、自分だけに付いた結婚指輪を
見つめ涙するのだった・・・。

 

無料動画もあります。

韓国ドラマ『W-君と僕の世界-』 

無料動画(日本語字幕なし)&あらすじ 

第1~16話(最終回)