『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第13

華評会にて暗殺を行おうとした瞬間、

王は倒れ騒ぎとなってしまった。

死期が間近になった王は、死ぬ間際に

傍で茶を煎れるハジンに使いを頼む。

王は自分が死んだ事をムが来るまで

告げるなという事と、王の生死を

問う者には注意しろと告げた。

ムを探しに出るハジンは、ウクに出会った。

ウクの口からは謀反を企てている事を知り、

更に王位を狙っていると聞く。

ハジンはソを頼り、ムを呼び出すようお願いする。

そしてベガとウヒが抜け道を使い、

ムを迎えに行く。

ヨとウクは翌日、軍を引き連れ

皇宮に乗り込む。

するとムが軍を引き連れかえってきて

謀反は失敗に終わる。

更にウクがヨを裏切り、あらかじめムに

計画を伝えていたため、

ヨだけが捕まってしまった。

王の遺言によりムが王となった。

王の葬儀後、ハジンはウクと出会うが、

自分がウクの皇位の座のために

利用されていたと知り別れを決心する。

逃げ出したヨを崖に追い詰め争っている中、

ソはヨを斬りつけてしまう。

バランスを崩したヨはそのまま

崖から落ちてしまう。

戻ってきたソは一人、庭園の中で座っていた。

そこにハジンが通りかかり、傍へ座る。

するとソがヨを斬ってしまった事に

涙していたが、何も言わず

ただ優しく抱きしめるのであった・・・・。

 

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』  

あらすじ 第14話

ムが王となってからしばらく経ち、

ハジンは茶美園の尚君となっていた。

そしてチェリョンも茶美園と

して働き始めていた。

しかし、チェリョンはウォン皇子らに

従い王に水銀を少しずつ盛り、

体を弱らせていた。

その為、王は少しずつ病に侵され

幻覚をみて日々恐怖に怯えていた。

挙句の果てに自分の娘を人質に

出そうとしていたが、昔の自分と

重ね合わせたソが代わりに

娘と婚姻することになった。

ソの婚姻を知ったハジンは悲しんだ。

しかし、その後ソから本当の理由を聞き、安心した。

今までソの気持ちから逃げていたが、

次第にソの気持ちとやさしさに惹かれて、

それに応えるようになった。


ある日、死んだと思われていたヨが

皇宮に戻ってきた。

そして、謀反を企て皇宮へと

乗り込み弱った王を暗殺しに向かった。

その時、茶美園で沐浴をしていた王だが

水銀の毒にやられ瀕死の状態であった。

そこにヨとその臣下たちが現れ、

殺されてしまう。

そこにソが乗り込んでくるが、

ヨはハジンをおとりにして自分を

皇帝であると認めさせた。

王の毒殺をした犯人とされたハジンを

ソは助けたのであった。

二度と同じ失敗をしないためヨは年密な

計画をたて、暗殺を成功させ皇帝となった・・・。

 

無料動画もあります。

 麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』 

無料動画(日本語字幕なし) 第1~20話(最終回)

 

 
このようなあらすじの記事を書いて、
月3万円副収入を稼ぐ方法をこっそりと
ナマでこちらから教えて差し上げます。
http://bit.ly/2yUC8q3